[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「相当戦いましたね」 バレーボール女子代表監督・中田久美が決めた覚悟

バレーボールは「思い通りにいくことの方が少ない」と中田は語る【写真:荒川祐史】
バレーボールは「思い通りにいくことの方が少ない」と中田は語る【写真:荒川祐史】

バレーボールは人生そのもの「思い通りにいくことの方が少ないですね」

 中学入学後に始めて以来、40年が経過してもなお、バレーボールが大好きだと言える。中田の心を虜にしたバレーボールの魅力とは、一体どこにあるのだろうか。

「想像力が非常に掻き立てられる。空間認知の世界なので、人がいないところに予測してボールを出すわけですよ。いろいろな細かい計算をしたり、目で見る情報を使って頭の中で想像力を高めながら。その作戦がハマった時の感覚がすごく面白い。それが違った時でも『あ、こういうことも起こるんだ』っていうのも面白いんです」

 予定調和にならないからこそ、何年バレーボールを続けても新しい発見が生まれる。「想定外のこともたくさん起きるので、頭の中で想像はどんどん膨らんでいくし、想像が当たる確率を高めるために、1つのことを本当に深く掘り下げていく必要も生まれてきますし、そこはいくらやっても答えが出てこない」と、バレーボールと向き合い対話する毎日だ。

 バレーボールの神様が投げかける終わりなき課題解決の道を、中田はこう例えた。

「思い通りにいくことの方が少ないですね。でも、そんなもんじゃないですか、人生って。だから、いろいろなことを学ぼうとか、頑張ろうとか思うんだと思うんですよね。だから、何を求めるかっていうことで、だいぶ変わってくると思います。なりたい自分にしかなれないと思うので、自分が描く理想像だったり、人生であったりに、少しでも近付けられるように勉強するしかないと思います。バレーボールも同じです」

 バレーボールは人生そのもの。どこに目標を設定するか、それ次第でたどる過程も得られる結果も変わってくる。監督・中田久美は東京五輪の目標を聞かれると「メダル、獲ります」と言い切った。そのメダルは一番いい色?

「もちろんです」

 中田の頭の中には、すでに金メダルへの道筋が、想像力と計算の結果、無数に導き出されているようだった。

(敬称略)

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集