[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楢崎智亜、日本人初Vで奪った五輪切符 23歳で競技の「顔」となった兄の覚悟

楢崎智亜は東京五輪でも「金メダルが目標」だと話した【写真:荒川祐史】
楢崎智亜は東京五輪でも「金メダルが目標」だと話した【写真:荒川祐史】

「トモアスキップ」は世界の流行り、兄弟での五輪出場へ「明智を鍛え上げる」

 2016年8月にクライミングが東京五輪新種目に採用された当時。20歳の若武者はボルダリングで日本人初のW杯シーズン総合優勝を飾ると、世界選手権(パリ)でも金メダルを獲得した。一躍「東京五輪の星」として脚光を浴びた日本のエース。若くして競技の顔となり、クライミング界の期待を一手に担う存在となった。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 小学5年から本格的に始めたクライミング。23歳となった今では、身長170センチと小柄ながら抜群の身体能力でダイナミックに壁を登り、海外では「ニンジャ」と呼ばれるスタークライマーになった。スピードでは、スタート直後のホールド(突起物)を使わずに直線的に登る独自のスタイルで世界を席巻。「トモアスキップ」と称され、海外選手たちが「俺もやったよ!」と声を上げるほどの“流行り”を生み出してきた。

 今季もボルダリングで年間王者に輝くと、13日には金メダルを獲得。ともに3年ぶりの栄冠でエースの存在感を発揮した。3学年下の弟・明智は総合5位。兄弟での東京五輪出場の夢をかなえるには、2枠の五輪切符のうち今大会で1枠を死守するのが絶対条件だった。

 栃木・宇都宮市出身で、実家には幼い頃に壊れたっ切りテレビがない。五輪という世界的祭典の盛り上がりもイメージが沸かないかもしれないが「金メダルが目標なので、それに向けてどの種目でも1位、1位、1位を狙えるようにしたい」と1年後の世界一を真っすぐを見据えている。

 東京五輪は残り1枠。「明智が入ってくる可能性は十分ある。今は僕が先に決まったので、ここから僕が明智をしっかり鍛え上げて2人で出たい。『待ってるぞ』と言いたい」。兄弟、なんでも言い合える仲間、そして最大のライバル。楢崎兄弟の固い絆を結び、これからも2人で五輪への壁を登っていく。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集