[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界王者の兄を超える夏…比較の宿命を歓迎する20歳弟の決意「僕は楢崎明智なんだ」

自らのスタイルや強み、葛藤について語った楢崎明智【写真:小倉元司】
自らのスタイルや強み、葛藤について語った楢崎明智【写真:小倉元司】

体格を生かした大胆な登りが武器だが「技術を見せつけたくて」葛藤も

 今は自分の武器で世界の頂きに登ろうとしている。身長170センチの兄に対し、明智は187センチ。繊細な技術を持ち合わせながら、海外勢と比較しても長い手足を生かした登りが長所だ。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 クライミングはホールドと呼ばれる突起物に手や足を掛け、ルートセッター(設計者)の練り上げたコース(課題)を登っていく。どの選手も一番登りやすいコースを通るため、どのホールドにどう手足を掛けるかなど、似通ったものになるが、体格で勝る明智はルートセッターの想定を超える動きが可能だ。

 自らのスタイルを「課題を壊す。人より身長がある分、人ができないような動きもできる」と説明した。ホールドを飛ばしてぐいぐいとダイナミックに動く背中は、見る側を楽しませる。昨年の世界ユース選手権ジュニアの部でボルダリングとリードの2冠。この武器を作り上げるまでにも紆余曲折があった。

 海外の課題に比べ、国内の大会は日本人の体格に合わせてホールド間の幅が狭く作られる。入念に練られたホールドの角度などにより、課題を壊して登ることができないように設定され、明智の強みが生かされにくかった。やろうと思えばホールドを飛ばすこともできたが「デカいから登れたんだろって思われるのが悔しくて、それでずっと葛藤していた部分もある」と振り返る。プライドが顔を出し、あえて他の選手と同じ方法で登っていた。

「実際は技術があるんだぞというのを見せつけたくて、大会でも凄くこじんまり登っていた。W杯でも、逆にみんなが飛ばしているのに僕だけ飛ばさないとか。結局、みんなは飛ばして登れるのに僕は飛ばさないで(完登)できないこともあった」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集