[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“スポンサー危機”からの4度目五輪へ― 2020年東京で羽根田卓也が抱く恩返しの思い

カヌー競技の第一人者として活躍する羽根田卓也
カヌー競技の第一人者として活躍する羽根田卓也

「五輪に2度出て、でもその競技が続けられなくなる国なんだと」

 食生活もそうだ。高校1年時にはこんな思い出があるという。

「海外でのシニアの世界選手権の時です。出店があったのでハンバーガーを食べていた。当時のイタリアかドイツかの世界チャンピオンが突然、隣にやってきて『それは俺たちが食べるものじゃないよ』と言われた。次の日からすぐにやめました。ジャンクフード、ハンバーガー、ポテトチップス、チョコとか甘いもの、炭酸やオレンジジュースなども全部断った。高校3年間全く取らないようにしました」

 ストイックさを象徴するようなエピソードだが、続きがある。

「スロバキアに行ったら、みんな平気で甘いものを取っていた。コーラも飲むし、お菓子も食べるし……。でもそれでも強いってことは強さの秘訣はそこじゃないんだなと」

 しっかりとオチまでつけてくれたが、心構えの話だ。自らをきっちりと律し、鋼のような肉体を作り上げ、世界のトップと渡り合えるだけの下地を作っていった。

 初の五輪だった2008年の北京では予選14位。4年後のロンドン五輪では7位入賞。着実なステップアップを遂げたが思わぬ事態を迎える。競技を続けられるかどうかの瀬戸際に直面した。活動を支援してくれるスポンサーが見つからなかったからだ。10社以上に手書きの手紙で熱意を示したが、ほとんどの企業は門前払いだったという。

「大変だったといえば大変だった。一応、五輪に2度出て、ロンドンでは入賞もした。でもその競技が続けられなくなる国なんだと。スロバキアとはスポーツ選手の地位というか、その違いを凄く感じた。資料を作って電話しているときの企業の対応だったり、あぁ、日本では胸を張ってスポーツ選手ですと言えないのかなと。

 自分で資料を作って、支援をお願いしようと思った会社に対して自分で資料を作って、とにかく雇ってもらって、まず会社員として働かせてもらって、その中のどこかで支援、合宿、遠征のサポートをしていただけないかと、お願いから入ってもダメ。話すら聞いてもらえなかったです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集