[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

競泳表彰台で生まれた粋な演出 2人で真ん中に立った豪選手に大会公式「美しい瞬間」

東京五輪は31日、競泳女子200メートル背泳ぎ決勝が行われ、ケーリー・マキオン(オーストラリア)が2分04秒68で金メダルを獲得した。3位には同国のエミリー・シーボムが2分06秒17で入ったが、表彰台では珍しい光景が見られた。実際の写真を大会公式ツイッターが公開している。

競泳女子200メートル背泳ぎで金メダルを獲得したケーリー・マキオン【写真:AP】
競泳女子200メートル背泳ぎで金メダルを獲得したケーリー・マキオン【写真:AP】

東京五輪・競泳女子200メートル背泳ぎで生まれた粋な演出

 東京五輪は31日、競泳女子200メートル背泳ぎ決勝が行われ、ケーリー・マキオン(オーストラリア)が2分04秒68で金メダルを獲得した。3位には同国のエミリー・シーボムが2分06秒17で入ったが、表彰台では珍しい光景が見られた。実際の写真を大会公式ツイッターが公開している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 競泳のメダリスト2人が、表彰台の同じ高さで並んだ。女子200メートル背泳ぎ決勝で優勝したマキオン。オーストラリア国歌が流れる時だった。銅メダルで隣にいたシーボムが、マキオンがいた一番高い真ん中に上がり、ともに国歌を聞いたのだった。

 東京五輪公式ツイッターは、2人が抱き合うシーンを写真で公開。文面では「オーストラリアの美しい瞬間。彼らの国歌が演奏されている時、ケーリー・マキオンがチームメートのエミリー・シーボムを呼び、表彰台の1番高いところを分かち合う」とマキオンの粋な演出を紹介した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集