[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

豪競泳コーチ、金メダルの瞬間の“大暴れ”が世界各国で話題「ワイルドな歓喜がバズる」

東京五輪は26日に競泳の女子400メートル自由形が行われ、アリアーン・ティトムス(オーストラリア)が同種目の世界記録保持者ケイティ・レデッキー(米国)らを破り、3分56秒69で優勝した。SNS上では会場で大喜びするティトムスのコーチが話題に。各国メディアも次々と報じている。

競泳の女子400メートル自由形で金メダルを獲得した豪州のアリアーン・ティトムス【写真:AP】
競泳の女子400メートル自由形で金メダルを獲得した豪州のアリアーン・ティトムス【写真:AP】

教え子が優勝、話題となったコーチの歓喜姿とは

 東京五輪は26日に競泳の女子400メートル自由形が行われ、アリアーン・ティトムス(オーストラリア)が同種目の世界記録保持者ケイティ・レデッキー(米国)らを破り、3分56秒69で優勝した。SNS上では会場で大喜びするティトムスのコーチが話題に。各国メディアも次々と報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 優勝の瞬間、客席で教え子ティトムスの泳ぎを見守ったディーン・ボクソール氏は興奮した様子でガラスの仕切りを掴むと、体全体を揺さぶるように大きく動かして感情を爆発させ、何度もガッツポーズを決めた。控えめな笑顔でレデッキーと健闘と称え合ったティトムスとは対照的だ。

 英紙「ガーディアン」は「アリアーン・ティトムスの優勝後、オーストラリアの競泳コーチ、ディーン・ボクソールのワイルドな歓喜がバズる」と見出しで記事を掲載。「少し疑問は残るが、並外れた歓喜」と脚光を浴びせた。

 米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「オーストラリアの競泳コーチ、ディーン・ボクソールが、ティトムスの優勝後感情を抑えられず」と注目した。

 さらに、競泳にあまり馴染みのないインド紙「ヒンドゥスタン・タイムズ」まで「“ターミネーター”ティトムス優勝後の豪州コーチの壮大なリアクションがソーシャルメディアに波を起こす」と報じている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集