[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪候補スケートボーダー2人が設計 「THE PARK SAMUKAWA」がヤバイ理由

瀬尻稜、池慧野巨、白井空良、内野洋平(左上から時計回りに)【写真:荒川祐史】
瀬尻稜、池慧野巨、白井空良、内野洋平(左上から時計回りに)【写真:荒川祐史】

東京五輪へあくまで自然体の2人「出られるなら出てみたい」

 実際に「THE PARK SAMUKAWA」に出来上がったパークで滑った瀬尻、白井、池の3人が揃って言うのが、「技を練習するにはもってこいの場所」ということだ。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

瀬尻「出来上がるまでどんなパークになるか知らなかったんですけど、すごく練習しやすいパーク。コンクリートの面がすごくいいから滑っていて気持ちいいし、レールの角度とかも新しい技を挑戦するのにちょうどいい感じです」

池「セクションの大きさがちょうどよくて、怪我しにくい大きさ。新しい技とか怖がらずに練習できますね」

白井「すごく練習しやすいので、オリンピックで勝てちゃいそうですね(笑)。こんなパークがあれば毎日練習できるし、やる気が出てきました」

 コロナ禍のため東京五輪は2021年まで開催が延期された。延期決定を受け、白井は4月に負傷していた左膝を手術。10月から本格復帰し、コンディションを上げているところだ。白井も池も、東京五輪出場の有力候補と目されているが、あくまでも「出られるなら出てみたい」という自然体を保つ。

白井「出られるんだったら出てみたいですね。かっこいいし、記念になるし(笑)」

池「僕も出られるなら出たいって感じで。皆さん、応援して下さる声に応えられるようにTHe PARKで練習しようと思います」

白井「本当に皆さん、たくさん応援して協力してくれるので頑張ろうと思います」

池「オリンピックは多分、スケボーが日本で認知されるチャンスですよね」

白井「でも、スケボーって大会だけじゃなくて、自分の色が出るビデオパートを作る楽しさもあるんですよ。世界中からすごいビデオパートがいっぱい出てきて、ホント嫌になるくらい(笑)。こんな技、俺、練習してできるようになるのかなって。でも、それでモチベーションがすごく上がるし」

池「もしオリンピックに出たら、それをきっかけに自分のスタイルとかスケートをちゃんと見てもらえるように滑りたいと思います」

 パーク設計という貴重な体験を経た白井と池。自分たちがプロデュースした最高のパークで技を磨き、それぞれが唯一無二のスケーターへと成長を続ける。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集