[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

長洲未来の記事一覧

  • 長洲未来が流した、“歓喜”と“落胆”2つの涙の理由は? 「揺れ動く1週間でした」

    2018.02.27

    平昌五輪では日本人を両親を持つ女子フィギュアスケーターも美しい輝きを放った。長洲未来(米国)はフィギュア団体戦フリーで2位と活躍。五輪では米国女子では初となるトリプルアクセルに成功し、銅メダル獲得に貢献したが、シングルではジャンプに失敗するなど、10位に終わった。長洲は大会中に歓喜と絶望の涙を流したことを告白。米誌「ピープル」が報じている。

  • 長洲未来、五輪史に残る「NAGASU」の名 “歴史的3A”に母国も賛辞「魔法を放った」

    2018.02.13

    女子シングルで長洲未来は135.53点の自己ベストを叩き出し、2位に躍進。五輪史上3人目の成功となったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた24歳に対し、母国の米メディアは「ミライが魔法を放った」と賛辞を送っている。

  • 浅田真央さん、“後継者”長洲未来を祝福 ファン感激「3Aのバトンが繋がった」

    2018.02.13

    フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央さんが12日、インスタグラムを更新。平昌五輪の開幕を受け、“手書き五輪”のイラストを画像で公開し、さらにこの日の団体フリーで真央さん以来となる五輪でのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた長洲未来(米国)に対し、「未来ちゃん 3A成功おめでとう」と祝福のメッセージを送っている。

  • 長洲未来、トリプルアクセルは「日本の伝統」 “2つの母国”に込めた24歳の誇り

    2018.02.12

    平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、米国が銅メダルを獲得した。女子シングルで長洲未来は135.53点の自己ベストを叩き出し、2位に躍進。五輪史上3人目の成功となったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に対して「日本の伝統」と胸を張ったという。米地元紙「ワシントン・ポスト」が伝えている。

  • 代表落選のワグナー「今から貴女たちの応援団に」 発表後の“気丈な行動”が米話題

    2018.01.07

    米国フィギュアスケート協会は6日、女子の平昌五輪代表3選手を発表し、全米選手権で優勝したブレイディ・テネル、2位の長洲未来、3位のカレン・チェンを選出した。14年ソチ五輪代表のアシュリー・ワグナーは4位となり、落選。それでも、演技後には長洲を祝福の抱擁を交わし、代表発表後は「代表に選ばれた愛しい女性たちにおめでとう、今から貴女たちの応援団に入るね!」と気丈に振る舞い、感動を呼んでいる。

  • 両親は日本人 長洲未来が復活 2大会ぶり五輪有力に感激「とてもエモーショナル」

    2018.01.06

    フィギュアスケートの全米選手権は5日(日本時間6日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の長洲未来は合計213.84点で2位に入り、2大会ぶりの五輪出場が有力に。日本人の両親を持つ24歳は故障などを乗り越え、復活の涙。米メディアも感動のシーンを動画付きで紹介し、「トリプルアクセルは称賛に値する」「やり切った自信が備わっている」と賛辞を送った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー