[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織圭の記事一覧

  • 最後まで沸かせた錦織、“エア・ケイ”&華麗なネットプレーに「また帰ってきて」の声

    2018.11.16

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)の1次リーグ第3戦が15日、行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同8位のドミニク・ティエム(オーストリア)に1-6、4-6のストレートで敗戦。1次リーグでの敗退が決まった。初戦でロジャー・フェデラー(スイス)を撃破しながら、第2戦、第3戦で連敗。涙を飲んだが、ティエム戦では随所でらしい好ショットも披露していた。ATP公式中継サイト「テニスTV」が2本のスーパーショットを公開している。

  • イライラ錦織、ラケット叩きつけの瞬間に英BBCも注目「温和な29歳がラケット破壊」

    2018.11.16

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)の1次リーグ第3戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は15日、同8位のドミニク・ティエム(オーストリア)に1-6、4-6のストレートで敗れ、1次リーグ敗退が決まった。初戦で同3位のロジャー・フェデラー(スイス)を下し、準決勝進出に圧倒的に有利だったはずの錦織の苛立ちを、英公共放送BBCでは、「普段温和な29歳がラケットを破壊」と報道。ATP公式中継サイト「テニスTV」公式ツイッターもラケットをたたきつけるシーンを動画で公開している。

  • 錦織、運命の第3戦へ「生き残りをかける」 英展望「最悪の敗戦から立て直せるか」

    2018.11.15

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は15日、1次リーグ第3戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同8位のドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦する。ロジャー・フェデラー(スイス)をストレートで破ったが、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)にはわずか1ゲームしか取れずに完敗。4強進出へ負けられない一戦となるが、海外メディアはどう占っているのか。

  • 錦織、フェデラー撃破の“片手バックハンド”に再脚光 実況感嘆「信じられるか?」

    2018.11.15

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は15日、1次リーグ第3戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同8位のドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦する。

  • 錦織、英名所で“リフレッシュの1枚”に反響続々「素敵な景色」「次も楽しんで」

    2018.11.15

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は13日、1次リーグ第2戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同6位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)に敗戦。わずか1ゲームしか奪えず、完敗を喫した錦織は15日、インスタグラムを更新し、ロンドンの名所で撮られた1枚を公開。次戦へ向けてリフレッシュに努めた様子が伝わってくる。

  • 錦織撃破、203cm巨人の“ロケット・フォアハンド”に海外驚愕「自身最高?」

    2018.11.14

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は13日、1次リーグ第2戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同6位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)に0-6、1-6で敗戦。

  • 錦織は「絶好調」 アンダーソンは「一貫して力強い」 激戦必至の好調対決を海外展望

    2018.11.13

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)の予選リーグ初戦で、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同3位のロジャー・フェデラー(スイス)をストレートで撃破。一次リーグ突破に前進した。第2戦は13日(日本時間午後11時開始)に同6位ケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。英メディアは好調選手同士の必見のマッチアップだと注目している。

  • 「ニシコリは改善が求められる」 フェデラー撃破も、英メディアが次戦不利予想の理由

    2018.11.13

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同3位のロジャー・フェデラー(スイス)にストレート勝ちし、突破に前進した。第2戦は13日(日本時間午後11時開始)に同6位ケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。過去5勝3敗と勝ち越しているが、3敗中2敗が今シーズン。両者共に勝てば準決勝進出へ大きく近づく一戦を、英メディアが展望している。

  • なぜ錦織は4年半ぶりにフェデラーに勝てたのか 専門家が指摘する2つの勝因とは?

    2018.11.13

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は11日(日本時間12日)、予選リーグ初戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同3位のロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで破り、好発進を決めた。これまで対戦成績は2勝7敗で、今年も2戦2敗と苦しめられてきたフェデラー相手に、錦織はなぜ勝つことができたのか? プロテニス選手の綿貫敬介(明治安田生命)は「対応力」と「集中力」を2つの勝因として分析している。

  • 「超半端ない!片手バックハンドエース」 錦織、勝負分けた一打を修造氏も大絶賛

    2018.11.13

    男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同3位のロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで撃破した。第1セットで披露した片手バックハンドでの見事な一打を、ATPが「信じられる?」と絶賛し、公式ツイッターに動画付きで公開。海外ファンから喝采を浴びていたが、松岡修造氏も「超半端ない!片手バックハンドエース」と大絶賛している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー