[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心の記事一覧

  • 那須川天心、MMA王者マクレガーからの挑戦状に返答「58キロのキックルールなら」

    2019.01.08

    格闘技イベント「RIZIN.14」でボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)に139秒TKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。MMA(総合格闘技)の元UFCライト級世界王者コナー・マクレガー(アイルランド)から挑戦状を突きつけられていたが、インスタグラムでこれに返答。「58キロのキックボクシングルールなら」と綴っている。

  • パッキャオがメイウェザーの天心戦に現実的評価「彼の相手は経験のない若者だった」

    2019.01.07

    格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)でキックボクシングの那須川天心(TARGET)を139秒TKOで下したボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。15年5月に「世紀の一戦」としてメイウェザーと戦い、敗れていた6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)は今回の一戦について口を開き、現実的な評価を下したという。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • メイウェザー、米で議論が再燃 “安全なマッチメーク”の是非「ボクシングを殺す?」

    2019.01.07

    格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)にTKO勝ちしたボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。

  • メイウェザー、“マネーの流儀”に再脚光 米3階級王者「彼はあまりに敗北を恐れる」

    2019.01.06

    格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)に139秒でTKO勝ちを収めたボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。

  • 那須川天心のスキルが「マクレガーにあれば…」 米番組MCはテクニックを高く評価

    2019.01.06

    格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)でボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)に衝撃的な139秒TKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。体重差はあれど、子供扱いされた完敗に海外メディアやMMA(総合格闘技)のOBは「フェイク」など酷評する中、米ラジオ局の格闘技番組MCは「英字メディアはテンシン最低と言っているが、そうではない」と擁護。「マクレガーに彼のスキルがあれば…」とテクニックを高く評価している。

  • 那須川天心、メイウェザー“本気にさせた左”の1枚に7万超反響「たまらない瞬間」

    2019.01.05

    キックボクシングの那須川天心(TARGET)が4日、ツイッターを更新。格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)でボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)に衝撃的な139秒TKO負けを喫したが、ダメージからの回復を報告。同時にメイウェザーを本気にさせた左フックの瞬間を画像で公開。7万件を超える「いいね!」がつけられるなど、ファンの反響を呼んでいる。

  • メイウェザー戦の“フェイク疑惑”をスペイン紙が検証「致命的なブローかダイブか」

    2019.01.05

    格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、ボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)に1回2分19秒でTKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。圧倒的な強さを見せつけたメイウェザーが10億円といわれるファイトマネーを手にしたエキシビジョンマッチは、海外で様々な波紋を広げているが、スペイン紙では3度目のダウンシーンに注目。「致命的なブローか、嘆かわしいダイブか」と検証を行っている。

  • 那須川天心、メイウェザー戦の“左”に魔裟斗が賛辞「本気にさせた天心も頑張った!」

    2019.01.04

    格闘技イベント「RIZIN.14」のエキシビションマッチで、キックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)はボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)にTKO負け。日本の格闘技ファンの大注目を集めた大晦日決戦はよもやの139秒決着となったが、元格闘家の魔裟斗は自身のインスタグラムで試合を回顧している。

  • 那須川天心は「気の毒だ」 英記者は“八百長論”も一蹴「RIZINが資産捨てるか?」

    2019.01.04

    格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)にTKO勝を収めたボクシングの元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)。わずか139秒で勝利を収めた一方的な展開に、海外のMMA(総合格闘技)の実力者、専門家から「茶番」と批判も集まる中、「テンシンが気の毒」と英紙記者は同情。「八百長ではない」と批判の打ち消しに出ている。

  • 那須川天心、749文字の“敗戦の弁”を海外メディア称賛「品格溢れるメッセージ」

    2019.01.03

    キックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)が格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で行われたボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)とのエキシビジョンマッチで1回2分19秒でTKO負けを喫した。試合から一夜明けた1日、インスタグラムで長文の英語と日本語で胸の内を吐露したが、海外メディアは「残酷な敗戦後の品格溢れるメッセージ」と評価している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集