[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦の記事一覧

  • 羽生結弦、転倒で惜しい2位発進 SPは94.85点 チェンが100点超えで首位

    2017.10.20

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦のロシア大会は20日、男子SPで羽生結弦(ANA)が94.85点をマークし、2位発進となった。ネイサン・チェン(米国)が100.54点で首位に立った。

  • 羽生結弦は大トリの21時26分に登場 大注目のGPロシア大会 男子SP滑走順は?

    2017.10.20

    フィギュアスケートの2017-18年シーズンのグランプリ(GP)シリーズは20日、ロシア大会(ロステレコム杯)で開幕。初日は男女シングルのSPが行われる。日本勢にとって大注目は男子の羽生結弦(ANA)。最終滑走の12番目で日本時間21時26分(現地時間15時26分)に登場する予定だ。

  • 王者・羽生結弦の姿も… GPロシア大会の“豪華開会レセプション”公開に反響

    2017.10.20

    フィギュアスケートの2017-18年シーズンのグランプリ(GP)シリーズは20日、ロシア大会(ロステレコム杯)で開幕する。大会開幕に先立ち、オープニングレセプションが開催。世界王者の羽生結弦(ANA)ら参加した豪華な様子を国際スケート連盟(ISU)が公式インスタグラムを動画で公開。ファンに反響を呼んでいる。

  • 羽生結弦、いよいよGP初戦 チェンと激突に米注目「2人は明確な主役になる」

    2017.10.17

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦、ロシア大会(モスクワ)が20日に開幕する。男子では羽生結弦(ANA)が登場。平昌五輪のメダル候補の一人、ネイサン・チェン(米国)と激突する。五輪王者と全米王者の両雄に対し、米NBCスポーツは「モスクワで2人は明確な主役になる」と注目している。

  • 羽生結弦の連覇なるか 小塚崇彦が語る、五輪の「無意識の意識」という名の敵

    2017.10.06

    本格的にシーズンが開幕したフィギュアスケート界。今季の最大の注目は、2月に控える平昌五輪だ。バンクーバー五輪代表の小塚崇彦氏がビギナーでも楽しめるように、現役スケーターの話題からフィギュア界の裏側まで、さまざま語る非定期連載。今回のテーマは「男子メダル争いの行方と、五輪を戦う本当の難しさ」――。

  • 羽生結弦の「SEIMEI」は「氷上の戦士たらしめた」 盟友の母国も不発は予想外

    2017.09.26

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリオール)で2位になった羽生結弦(ANA)。ショートプログラム(SP)で世界歴代最高得点を更新し、首位に立ちながら、フリーはミスが続き、得点を伸ばせず。ハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許した。フェルナンデスの母国、スペインメディアは2年ぶりに「SEIMEI」を再演したフリーについて「氷上の戦士たらしめた曲に立ち返った」と評した一方、失速については「膝の違和感が影響していた可能性は高い」と分析している。

  • 盟友・羽生結弦を逆転V フェルナンデスが喜び「とても幸せな結末になった」

    2017.09.25

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリオール)を制したハビエル・フェルナンデス(スペイン)がツイッターを更新。ショートプログラム(SP)2位から盟友・羽生結弦(ANA)を逆転し、優勝を飾った前世界王者は「とても幸せな結末になった」と喜びの胸中をつづり、羽生らとの輝かしい表彰式の写真を投稿している。

  • 羽生結弦、まさかの「つまずき」を海外はどう見たのか 「次の舞台」に注目も

    2017.09.25

    フィギュアスケートの男子シングル羽生結弦(ANA)は今季初戦となったオータムクラシック(カナダ・モントリオール)で2位だった。ショートプログラム(SP)で自身が持つ世界歴代最高得点を更新しながら、フリーはミスが続いてハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許した。

  • 羽生結弦、まさかの失速に海外も驚き「日本のマエストロが全く本調子でなかった」

    2017.09.24

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリール)は23日(日本時間24日)、SPで世界歴代最高得点を更新し、首位に立った羽生結弦(ANA)がフリーでミスが続き、155.52点と得点を伸ばせず。合計268.24点で2位に終わった。前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許し、米メディアは「全く本調子でないことは明らかだった」と驚きをもって報じている。

  • 羽生結弦、まさかのフリー失速で2位 ミス続いて悔しさあらわ、大会3連覇ならず

    2017.09.24

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリール)は23日(日本時間24日)、SPで世界歴代最高得点を更新し、首位に立った羽生結弦がフリーで155.52点をマーク。ジャンプにミスが続くなど、思うように得点を伸ばせず、合計268.24点で2位に終わった。優勝は前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が飾った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集