[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦の記事一覧

  • 羽生結弦は自然な笑みで メッシングの自撮り3Sに歓喜の声「この投稿を待っていた!」

    2019.09.19

    フィギュアスケートのオータムクラシックは羽生結弦(ANA)が今季初戦で貫録の優勝を飾った。表彰式で日本国旗を掲げたことが話題を呼び、感動を運んだ3位のキーガン・メッシング(カナダ)がインスタグラムを更新。銀メダルのケヴィン・エイモズ(フランス)を含めた、自撮り3ショットを投稿すると、海外ファンからは「この投稿を待っていた!」「この写真大好き」などと歓喜の声があがっている。

  • 羽生結弦に計らい なぜメッシングは日の丸掲げた? 理由告白「もし彼の立場なら…」

    2019.09.18

    フィギュアスケートのオータムクラシックで優勝を飾った羽生結弦(ANA)。14日(日本時間15日)のフリー後の表彰式で国歌演奏の際、表彰台の後ろに立てられた日本国旗を3位のキーガン・メッシング(カナダ)が手持ちで掲揚。海外で動画が拡散されて大きな反響を呼んだが、なぜメッシングは日の丸を掲げたのか――。

  • 羽生結弦が笑顔で… カナダの“V舞台裏ショット”に反響「ユヅが若く見える」

    2019.09.17

    フィギュアスケートのオータムクラシック男子は羽生結弦(ANA)の優勝で幕を閉じた。会場のスケートオークビルは大会に出場した面々が会場事務所を訪れた舞台裏ショットを公式インスタグラムで公開し、国内外のファンから「可愛い」「Yuzu、若く見える」「おめでとう」などと反響を呼んでいる。

  • 羽生結弦は感謝 “日の丸手持ち掲揚”に地元局も拍手「いま日本で最も愛される…」

    2019.09.16

    フィギュアスケートのオータムクラシックで優勝を飾った羽生結弦(ANA)。14日(日本時間15日)に行われたフリー後の表彰式で心温まる一幕があった。国歌演奏の際、台の後ろに立てられた日の丸に向かって敬意を示すと、3位のキーガン・メッシング(カナダ)が旗部分を手持ちで掲揚。多くのフィギュアファンを感動させた名シーンだったが、メッシングの母国カナダでも報道。メッシングへ称賛の拍手が送られていることを受けて、「キーガンは、いま日本で最も愛されている人物かもしれない」と反響の大きさを伝えている。

  • 羽生結弦、“王者のプロ意識”に五輪メディア驚愕「まだ課題リストを残すなんて…」

    2019.09.16

    フィギュアスケートのオータムクラシックで優勝を飾った羽生結弦(ANA)。五輪連覇など数々の偉業を達成した絶対王者のプロ意識の高さに、五輪専門メディアは「まだ課題リストが存在するとは、信じられない」と驚愕している。

  • 羽生結弦に粋な計らい “日の丸手持ち掲揚”に広がる反響「皆がキーガンに惚れた瞬間」

    2019.09.16

    フィギュアスケートのオータムクラシックで優勝を飾った羽生結弦(ANA)。14日(日本時間15日)に行われたフリー後の表彰式で心温まる一幕があった。国歌演奏の際、台の後ろに立てられた日の丸に向かって敬意を示すと、3位のキーガン・メッシング(カナダ)が旗部分を手持ちで掲揚。多くのフィギュアファンに反響を呼んだシーンだったが、海外メディアも反応し、「ユヅル・ハニュウのために日本国旗を高く掲げる」と実際のシーンを画像付きで公開している。

  • 羽生結弦に敬意 3位選手の“日の丸手持ち掲揚”に海外感動「キーガンを尊敬する!」

    2019.09.15

    フィギュアスケートのオータムクラシックは14日(日本時間15日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)がフリーもトップの180.67点をマーク。合計279.05点で今季初戦を優勝で飾ったが、表彰式で心温まる一幕があった。国歌演奏の際、台の後ろに立てられた日の丸に向かって敬意を示すと、3位のキーガン・メッシング(カナダ)が旗部分を手持ちで掲揚。米記者が実際のシーンを画像付きで公開し、「この瞬間(涙)」「なんてナイスガイなんだ!」と感動が広がっている。

  • 羽生結弦、“絶対王者の船出”に2位選手の仏メディアも脱帽「ユヅルがSPを支配した」

    2019.09.14

    フィギュアスケートのオータムクラシックは13日(日本時間14日)、男子ショートプログラムで羽生結弦(ANA)が98.38点で1位。2位にケビン・エイモズ(フランス)が94.76点と躍進したが、エイモズの母国、仏メディアは「ユヅルがSPを支配した」と首位発進した絶対王者を称えている。

  • 羽生結弦、プーさんの雨なくても… “粋な祝福”に米記者驚き「ファンが愛を示した」

    2019.09.14

    フィギュアスケートのオータムクラシックは13日(日本時間14日)、男子ショートプログラムで羽生結弦(ANA)が98.38点で1位。五輪連覇王者が貫録の首位発進を決めたが、試合後は恒例の“プーさんの雨”ではなく、プーさん色の“一面バナー”で祝福。一風変わった光景を米名物記者が「熱狂的なファンが愛を示した」と画像付きでレポートし、反響を集めている。

  • 羽生結弦、盟友ハビと再会 “舞台裏の1枚”が海外に感動呼ぶ「君たちが恋しいよ!」

    2019.09.13

    フィギュアスケートのオータムクラシックは12日にカナダ・オークビルで開幕。五輪連覇王者・羽生結弦は13日(日本時間14日)の男子ショートプログラムへ向けて、12日(同13日)は公式練習に臨んだ。華麗な4回転ジャンプも話題を呼んでいたが、舞台裏では盟友との再会が実現。五輪公式メディアが実際の様子を画像で公開すると、海外ファンの感動も誘っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集