[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花の記事一覧

  • 紀平梨花、メドベを抑えた貫禄224点超V 海外メディアも称賛「壮大なフリーだ」

    2019.09.14

    フィギュアスケートのオータムクラシックは13日(日本時間14日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)がフリーも1位となる145.98点をマークし、合計224.16点で今季初戦を優勝で飾った。平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に7点近い差をつけて快勝。海外メディアは冒頭の3回転アクセルを動画付きで公開し、「壮大なフリースケーティング」と称賛している。

  • 紀平梨花、演技後にまさか… キスクラでカメラ転倒のハプニングに海外も注目

    2019.09.13

    フィギュアスケートのオータムクラシックは12日にカナダ・オークビルで開幕。女子ショートプログラム(SP)では昨季のグランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平梨花(関大KFSC)が78.18点で首位発進を決めた。代名詞のトリプルアクセルを見事に決め、ノーミスの演技。2位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)を抑え、好スタートを切ったが、意外な話題を呼んだのが演技後のキス・アンド・クライでの一幕だ。カメラがまさかの転倒。ハプニングの一部始終を海外メディアが動画付きで公開している。

  • 紀平梨花、3Aは完璧 貫録演技での首位発進に米記者感嘆「それはまぁ簡単だった」

    2019.09.13

    フィギュアスケートのオータムクラシックは12日にカナダ・オークビルで開幕。女子ショートプログラム(SP)では昨季のグランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平梨花(関大KFSC)が78.18点で首位発進を決めた。代名詞のトリプルアクセルを見事に決め、ノーミスの演技。2位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に約3点差をつけての、好スタートに海外メディアも称賛を送っている。

  • 紀平梨花は「4Sを温存」 今季初戦の公式練習に五輪メディア注目「氷上を飾るスター」

    2019.09.12

    フィギュアスケートのオータム・クラシックは12日(日本時間13日)、カナダ・オークビルで開幕。11日(同12日)は女子の公式練習が行われ、昨季のグランプリファイナル覇者の紀平梨花(関大KFSC)、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)らが氷の感触を確かめた。五輪公式メディアでは「キヒラとメドベージェワが感銘を与える」と絶賛している。

  • 紀平&ザギトワの“TWICE4ショット”が1万7000件反響拡大 海外喝采「みんな美しい」

    2019.08.09

    フィギュアスケート、昨季のグランプリファイナル覇者・紀平梨花(関大KSFC)がインスタグラムを更新。アイスショー「THE ICE」で共演したアリーナ・ザギトワ(ロシア)らと、人気グループ「TWICE」のメンバーに扮した舞台裏の姿を公開。

  • 紀平&ザギトワらが「TWICE」に変身 キュートな4ショットに反響「めっちゃ可愛い」

    2019.08.08

    フィギュアスケート、昨季のグランプリファイナル覇者・紀平梨花(関大KFSC)がインスタグラムを更新。アイスショー「THE ICE」で共演したアリーナ・ザギトワ(ロシア)らと、人気グループ「TWICE」のメンバーに扮した舞台裏の姿を公開。キュートに変身した姿が「セクシー」「めっちゃ可愛い」などとファンを歓喜させている。

  • 紀平梨花、完璧4回転サルコー成功 ライバル・ロシアメディアも注目

    2019.06.29

    フィギュアスケート女子で昨季のグランプリファイナル覇者・紀平梨花(関大KFSC)は4回転サルコーを習得中。すでに練習では成功させているが、ライバル、ロシアメディアも注目。実際の動画を公開し、脚光を浴びせている。

  • 高橋大輔に気づかない!? 紀平、宮原らと…ランビエール氏の“関大集合写真”に反響

    2019.06.01

    フィギュアスケートのアイスショー出演のため来日中のトリノ五輪の銀メダリスト、ステファン・ランビエール氏(スイス)がインスタグラムを更新。関大のスケートリンクで、高橋大輔、紀平梨花、宮原知子らとの共演写真を公開。反響を呼んでいる。

  • 羽生結弦がザギトワ、メドベらと… アイスショーのハイタッチ動画に反響「王の帰還」

    2019.05.25

    フィギュアスケートで五輪連覇の羽生結弦(ANA)は現在、開催中のアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」(FaOI)に出演中。3月に埼玉で行われた世界選手権以来の演技で、4回転ジャンプを決めるなど魅了した。同ショーには海外勢もアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ、エフゲニー・プルシェンコ氏ら豪華メンバーが揃う中で、羽生が出演者たちと次々、ハイタッチを交わすシーンを五輪メディアが動画で公開。海外ファンからは「ユズルは唯一無二」「王の帰還」などと反響を呼んでいる。

  • 高難度のジャンプが勝つ道具へ 「4回転時代」到来に日本女子が持つ、それぞれの覚悟

    2019.05.21

    フィギュアスケートは2018-19年シーズンがほぼ終了した。選手たちは現在、新しいプログラムの振付を行ったり、海外で合宿したり、アイスショーに出演したりと、来季に向けて始動している。女子は現在、トリプルアクセル(3回転半)、4回転ジャンプを跳べる選手が出てきている。来季はいよいよ「4回転時代」となり、高難度のジャンプを跳べないとトップにはなれないかもしれない。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集