[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花の記事一覧

  • 【名珍場面特別編】「センター・羽生」 シニアデビュー前の15歳紀平も…「豪華すぎる」集合写真に大反響

    2020.06.14

    新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケートの超豪華な集合写真だ。2018年5月のアイスショーでの一コマだが、羽生結弦(ANA)を中心に紀平梨花らショーの出演者が一堂に会した1枚を、織田信成さんがツイッターで公開。壮観な7ショットはファンを歓喜させた。

  • 【名珍場面特別編】羽生結弦&紀平梨花 フォーマルなドレスアップ姿に大反響「これが見たかった」

    2020.06.03

    新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケートで話題を呼んだ超豪華な1枚だ。昨年11月のGPシリーズNHK杯で準Vの紀平梨花がSNSで、男子シングルで優勝した羽生結弦(ANA)とのバンケットでの2ショットを公開すると、「これが見たかった」などと反響が集まった。

  • 【名珍場面特別編】 紀平梨花、ザギトワ超え世界一を海外メディア続々絶賛「日本の奇才、リカ・キヒラ」

    2020.05.14

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケート、2018年グランプリ(GP)ファイナルだ。シニアデビューイヤーだった当時16歳の紀平梨花が合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えた戴冠を海外メディアも「日本の奇才、リカ・キヒラ」と評し、続々と伝えた。

  • 【名珍場面特別編】紀平&ザギトワらが「TWICE」に変身 キュートな4ショットに反響「めっちゃ可愛い」

    2020.05.12

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は昨年8月、フィギュアスケートの紀平梨花がSNSに投稿した1枚だ。アイスショーで共演したアリーナ・ザギトワ(ロシア)らと、人気グループ「TWICE」のメンバーに扮した舞台裏の姿を公開。「凄く綺麗で最高に素敵」「めっちゃ可愛い」などとファンを歓喜させた。

  • 羽生結弦が首位返り咲き、チェンは4位 女子は紀平が1位…フィギュア最新世界ランク

    2020.04.20

    世界スケート連盟は20日、フィギュアスケート男女の最新世界ランキングを発表。男子は羽生結弦(ANA)が1位に返り咲いた。

  • 「えっ?羽生さん4A!?」「寝落ちてしまった」 SNSで「#エア世界フィギュア」が流行中

    2020.03.17

    カナダ・モントリオールで18日に開幕予定だったフィギュアスケートの世界選手権は新型コロナウィルス感染拡大の影響により、中止となった。羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)、紀平梨花(関大KFSC)らが世界の強豪と戦う頂上決戦は幻となったが、日本のネット上では「#エア世界フィギュア」が流行し、話題となっている。

  • 紀平梨花、世界前哨戦貫禄のV2を海外メディア称賛「ロシア3人娘との戦いに自信得た」

    2020.02.24

    フィギュアスケートのチャレンジカップは23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が156.38点、合計230.65点で連覇を飾った。3月の世界選手権(モントリオール)へ向け、弾みをつけたノーミス演技について、海外メディアは「ロシアの“3A”との戦いに向け、今大会から自信を得た」と称賛している。

  • 紀平梨花、“世界前哨戦”首位発進に海外メディア評価「3週間後も変わらずV候補だ」

    2020.02.23

    フィギュアスケートのチャレンジカップは22日、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が74.27点で首位発進を決めた。海外メディアは「冴えわたるような3回転アクセル」「世界選手権も変わらず優勝候補だ」と評価している。

  • 紀平梨花V2、米国の3回転アクセル名手が「なんてことなの!」と驚いたジャンプとは

    2020.02.09

    フィギュアスケートの4大陸選手権は8日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が151.16点、合計232.34点をマークし、男女通じて初の大会連覇を達成した。前半で3回転アクセルが抜けるミスがありながら、後半に怒涛のリカバリーを発揮。紀平と同じ3回転アクセルを跳ぶ米名手は「なんてことなの!」と驚いている。

  • 紀平梨花V2、圧巻の“怒涛リカバリー”に海外絶賛「金メダルの滑りとはこのこと」

    2020.02.08

    フィギュアスケートの4大陸選手権は8日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が151.16点、合計232.34点をマークし、男女通じて初の大会連覇を達成した。前半で3回転アクセルが抜けるミスがありながら、後半に怒涛のリカバリーを発揮。海外メディアも「ミス以降は全てが圧巻だった」「金メダルの滑りとはこのこと」などと絶賛している。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集