[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

池江璃花子の記事一覧

  • 【パンパシ水泳】池江璃花子、母が貼った“洗面所の紙”を目指して 「東京五輪で爆発を」

    2018.07.19

    競泳のパンパシフィック選手権が8月9日に開幕する。今大会は初めて国別対抗戦となり、盛り上がり必至の「パンパシ水泳」に向け、「THE ANSWER」ではカウントダウン連載を開始。開幕まであと21日の第1回は自由形、バタフライの池江璃花子(ルネサンス亀戸)。東京五輪へあと2年、メダル獲得が期待されるヒロインが思いを明かした。

  • 池江璃花子、驚異の日本新4連発に海外驚愕「もう一つ歴史的なパフォーマンス加えた」

    2018.04.08

    競泳の日本選手権女子100メートルバタフライで日本新記録を叩き出し、3連覇を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)。8月のパンパシ水泳(東京)とアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)の代表に内定しているが、7日の100メートル自由形準決勝でも53秒46で泳ぎ、自身が持つ日本記録を更新した。今大会で4つ目の日本記録を叩き出した池江に海外メディアも注目。「歴史的なパフォーマンスを加えた」と称賛している。

  • 池江璃花子、“17歳ライバル超え”の日本新V3に海外メディア称賛「度肝を抜く泳ぎ」

    2018.04.06

    競泳の日本選手権女子100メートルバタフライで2日連続の日本新記録を叩き出し、3連覇を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)。今季世界最高の56秒38をマークし、8月のパンパシ水泳(東京)とアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)の代表に内定したが、海外メディアは「度肝を抜く泳ぎ」と称賛。カナダの同い年17歳の逸材との今後の争いについて注目している。

  • 池江璃花子、メダルなしの裏に“体の変化”? 伊藤華英氏「腕が短く見えた」

    2017.07.30

    水泳の世界選手権(ブダペスト)は28日(日本時間29日)、50メートル自由形準決勝で池江璃花子(ルネサンス亀戸)は24秒84の全体16位で決勝進出を逃し、これで今大会の個人種目を終了。7種目に出場したが、期待されたメダル獲得がならなかった要因について、元北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英氏は「トレーニングの変化で体が重くなったのか、体の変化に対して泳ぎの感覚が追いついていない印象です」と挙げた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー