[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

池江璃花子の記事一覧

  • 池江璃花子を五輪サイト特集 「傑出したシーズンは続く」「2020年に大きな期待」

    2018.11.12

    短水路で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は11日、女子100メートルバタフライで池江璃花子(ルネサンス亀戸)が55秒31の日本新記録をマークし、リオ五輪金メダリストのサラ・ショーストロム(スウェーデン)を破って優勝した。レース後に池江はインスタグラムを更新。直接対決で破ったライバルらと交流する1枚を公開すると、「凄い3ショットだ!」などと反響を呼んでいたが、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は池江の女王撃破を称賛している。

  • 池江璃花子が小柄に!? ライバルとの豪華な1枚に反響続々 「凄い3ショットだ!」

    2018.11.12

    短水路で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は11日、女子100メートルバタフライで池江璃花子(ルネサンス亀戸)が55秒31の日本新記録をマークし、リオ五輪金メダリストのサラ・ショーストロム(スウェーデン)を破って優勝した。レース後に池江はインスタグラムを更新。ライバルらと交流する1枚を公開し、話題を呼んでいる。

  • 池江璃花子、岡崎慎司と“ロンドン異色2ショット”が話題「二人ともとっても素敵」

    2018.10.24

    競泳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)がインスタグラムを更新し、遠征中のイングランドでサッカー日本代表FW岡崎慎司(レスター)と対面したことを報告。競泳界とサッカー界のトップ選手による“ロンドン異色2ショット”を画像付きで公開し、ファンに「二人ともとっても素敵」「素敵すぎる」と話題を呼んでいる。

  • 池江璃花子、海外人気が急上昇? MVPショットにコメ殺到「Kawaii」「中国にも来て」

    2018.09.03

    アジア大会(ジャカルタ)で大会6冠を達成した競泳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)がインスタグラムを更新。2日に行われた閉会式で旗手を務めた模様とともに、女子選手として初めて獲得した大会MVPのトロフィーとの“2ショット”を画像付きで公開し、日本のファンの祝福が相次いでいたが、かつてないほどに海外ファンからコメントが殺到。「またインドネシアに帰ってきて」「中国にも来て」「Kimi wa bijin desu(君は美人です)」など人気が一躍、急浮上している。

  • 池江璃花子、MVPトロフィーとの“夏の勲章2ショット”に祝福殺到「日本の誇りです」

    2018.09.03

    アジア大会(ジャカルタ)で大会6冠を達成した競泳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)がインスタグラムを更新。2日に行われた閉会式で旗手を務めた模様とともに、女子選手として初めて獲得した大会MVPのトロフィーとの“夏の勲章2ショット”を画像付きで公開し、ファンから「日本の誇りです」「名実ともにアジアのナンバーワンスイマー!!」などと祝福が殺到している。

  • 6冠池江璃花子は「前人未到のオンナ」 樋口新葉も親友祝福「燃えた!おめでとう!」

    2018.08.27

    フィギュアスケートの世界選手権銀メダルの樋口新葉(開智日本橋学園高)がインスタグラムを更新。アジア大会(ジャカルタ)の競泳で日本人初となる大会6冠を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)を祝福している。

  • 池江璃花子は「アジアの星」へ 報道続々、インド紙も称賛「日本のスイムクイーン」

    2018.08.26

    アジア大会(ジャカルタ)は24日、競泳の女子50メートル自由形決勝で池江璃花子(ルネサンス亀戸)が優勝。日本人初となる大会6冠を達成した。レース後に銀2つを含む、8つのメダルすべてを首にかけた壮観な1枚をインスタグラムで公開し、話題を呼んでいたが、日本の天才スイマーをアジア各国メディアが「日本のスイムクイーン」などと特集している。

  • 池江璃花子、“首にメダル8個”写真に3万超反響 米新星も祝福「君はとてつもない!」

    2018.08.25

    アジア大会(ジャカルタ)の競泳で日本人選手初の大会6冠を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)がインスタグラムを更新。今大会で獲得した8つのメダルを首にかけた壮観な1枚を披露し、「もは金ベルト状態」などと話題を呼んでいたが、反響はさらに拡大。3万件の「いいね!」が殺到し、米国が誇る19歳の新星も「君はとてつもないな!」と祝福している。

  • 池江璃花子の6冠に海外メディア絶賛「信じられない1週間」「東京五輪に期待膨らむ」

    2018.08.25

    アジア大会(ジャカルタ)は24日、競泳の女子50メートル自由形決勝で池江璃花子(ルネサンス亀戸)が優勝。日本人初となる大会6冠を達成した。レース後に銀2つを含む、8つのメダルすべてを首にかけた壮観な1枚をインスタグラムで公開し、話題を呼んでいたが、日本の天才スイマーに海外メディアも脚光。「信じられない1週間を締めくくった」など絶賛の的となっている。

  • 池江璃花子、獲りすぎた“首にメダル8個”の1枚に大反響「もはや金ベルト状態」

    2018.08.25

    アジア大会(ジャカルタ)の競泳で日本人選手初の大会6冠を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)がインスタグラムを更新。今大会で獲得した8つのメダルを首にかけた壮観な1枚を公開し、ファンは「もはや金ベルト状態」「幸せの重み」「首や肩が凝るのでは?」と仰天しながら祝福の嵐となっている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー