[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

樋口新葉の記事一覧

  • メドベージェワと“熱烈ハグ” 樋口新葉が「私のもの」抱擁で魅了「友情の終着点」

    2017.11.06

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズの第3戦・中国杯で2位に入った樋口新葉(日本橋女学館高)がインスタグラムを更新。世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)との“熱いハグ”を交わした2ショット写真を公開し、互いに「私のもの」とコメントし合い、ファンに「友情の終着点だ」などと魅了している。

  • 樋口新葉、GP初Vならずも渾身の演技で2位 三原は4位、本田は5位でフィニッシュ

    2017.11.04

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は4日、女子フリーが行われ、樋口新葉(日本橋女学館高)は合計点212.52で2位、三原舞依(シスメックス)は206.07点で4位、本田真凜(関大高)は198.32点で5位に入った。SP4位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が213.88点で優勝を果たした。

  • 樋口が70点超えでSP2位! 真凜は6位、三原は7位 直接対決でノーミス熱演

    2017.11.03

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は3日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、日本の樋口新葉(日本橋女学館高)は70.53点で2位、本田真凜(関大高)は66.90点で6位、三原舞依(シスメックス)は66.90点で7位につけた。首位は70.65点でガブリエル・デールマン(カナダ)が立った。

  • 「あなたに会えたことは一生の宝物」 樋口新葉が練習場で受け取った“最高のエール”

    2017.10.31

    女子フィギュアスケートの樋口新葉(日本橋女学館高)は、11月3日から始まるグランプリ(GP)シリーズ第3戦の中国杯に出場する。大会に向けて調整中の16歳は、練習を行うリンクで応援の言葉をかけてもらったことをツイッターで報告し、決意を新たにしている。

  • スーツ姿の羽生結弦も… 樋口新葉、「JAPAN」5人衆掲載に反響「美しきチーム写真」

    2017.10.24

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦、ロシア大会の女子シングル3位に入った樋口新葉(日本橋女学館高)がインスタグラムを更新。男子シングル2位に入った羽生結弦(ANA)ら大会に出場した日本勢の5ショット写真を「Team Japan」と題して掲載し、反響を呼んでいる。

  • 樋口新葉、自己評価「98点」も足りない「2点」は? ロンバル杯2位一問一答

    2017.09.16

    フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は15日(日本時間16日)、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の樋口新葉(日本橋女学館高)は143.37点をマークし、自己ベストの合計217.63点で2位に入った。演技前の練習で転倒するアクシデントがあったが「どうなってもいいやくらいの気持ちでやった」と切り替えたことが奏功。自己評価は「98点」をつけたが、足りない「2点」の中身とは?

  • 樋口新葉「タイツがビショビショに…」 ハプニング動じず、「心」に成長の跡

    2017.09.16

    フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は15日(日本時間16日)、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の樋口新葉(日本橋女学館高)は143.37点をマークし、自己ベストの合計217.63点で2位に入った。演技直前の練習で転倒し、衣装が濡れてしまうというハプニングがありながら動じず。「どうなってもいいやくらいの気持ちで。打たれ強かった」と「心」の成長の跡を語った。

  • 樋口新葉「どんどんレベルアップできそう」 自己ベスト2位にSNSで手応え

    2017.09.16

    フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は15日(日本時間16日)、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の樋口新葉(日本橋女学館高)は143.37点をマークし、自己ベストの合計217.63点で2位に入った。今季初の国際大会を終えた樋口は「まだまだ課題はたくさんあってどんどんレベルアップできそう」とインスタグラムで手応えを語っている。

  • 日本旋風が欧州上陸 宇野、樋口の躍動を伊メディアも特集「頂点に立つにふさわしい」

    2017.09.15

    フィギュアスケートのロンバルディア・トロフィー(イタリア)が14日(日本時間15日)に開幕した。男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストの104.87点でトップに立てば、女子SPでも樋口新葉(日本橋女学館高)が自己最高74.26点で1位となった。開催地のイタリアメディアも、日本人コンビの演技を絶賛している。

  • SP自己新で「新しい課題が見つかった」樋口新葉 フリーの鍵は「3-3」 初日一問一答

    2017.09.15

    フィギュアスケートのロンバルディア・トロフィー(イタリア)が14日(日本時間15日)に開幕。樋口新葉(日本橋女学館高)は、今季初となる国際試合のショートプログラム(SP)で、自己ベストを2.85点更新する74.26点で首位に立った。演技後には、ジャンプやの出来を振り返りつつ、ステップについて「自由に滑れるようにしたい」と語っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集