[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹の記事一覧

  • 松山、130yの“超絶スピンイーグル”に米ファン熱狂「これはタイガーじゃないの?」

    2018.08.03

    米男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待第1日は2日、前回覇者の松山英樹(レクサス)は1イーグル、3バーディー、2ボギーの「68」で回り、21位タイ発進。圧巻だったのは16番パー5。残り約130ヤードから見事なバックスピンでチップインイーグルを炸裂させた。松山本人も驚いたスーパーショットの瞬間をPGAツアーが公開。米ファンは「ヒデキが戻ってきた」「なんてショットだ」「これはタイガーなんじゃないの?」と大興奮となっている。

  • 松山連覇へ、甦る“衝撃の日曜日” 欧州ツアー公開「マツヤマの『61』を振り返る」

    2018.08.01

    男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待(アクロン・ファイアストーンCC)が2日に開幕する。大会連覇のかかる松山英樹(レクサス)は昨年、最終日に大会レコードタイ「61」をマークして優勝。欧州ツアーは1年前の“衝撃の日曜日”をプレーバック。「マツヤマの61を振り返る」と題してスーパーショット動画をまとめ、興奮を甦らせている。

  • 松山、怒涛の4連続バーディー 大会公式も称賛「ヒデキは嫌ほど分かってる」

    2018.06.18

    米男子ゴルフのメジャー第2戦・全米オープン最終日は17日、54位から出た松山英樹(レクサス)が6バーディー、2ボギーの「66」でスコアを4つ伸ばし、通算10オーバーの16位で終了。悲願のメジャー制覇は持ち越しとなったが、3番から怒涛の4連続バーディーを炸裂。大会公式ツイッターは「日曜日はバーディーの日。ヒデキ・マツヤマは嫌というほど分かっている」と称賛とともに動画付きで紹介している。

  • 松山、キレキレショット披露もグリーン上で苦戦 82位から巻き返した昨年の再現狙う

    2018.06.15

    米男子ゴルフの4大メジャー第2戦、全米オープンが14日に開幕。世界ランク10位の松山英樹(レクサス)は1バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの75で、5オーバーの46位と出遅れた。それでも強風により、トップも1アンダーとスコアは伸びておらず、首位とは6打差。2日目以降の巻き返しを目指す。首位は世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)ら4人が並んでいる。

  • 松山、終盤の圧巻快進撃を海外メディアが続々賛辞「終盤にまばゆいバースト生んだ」

    2018.06.01

    米男子ゴルフのメモリアル・トーナメント(ミュアフィールドビレッジGC)は31日、第1ラウンドを行い、世界ランク10位の松山英樹(レクサス)が1イーグル、7バーディー、2ボギーの65をマーク。首位タイ発進を決めた。17番ホールではセカンドをバックスピンでねじ込むスーパーショットを披露した松山に、PGA、海外メディアは続々と賛辞を送っている。

  • 松山、キレキレバックスピンのスーパーイーグルに米喝采 「見事」「才能ありすぎ」

    2018.06.01

    米男子ゴルフのメモリアル・トーナメント(ミュアフィールドビレッジGC)は31日、第1ラウンドを行い、世界ランク10位の松山英樹(レクサス)が1イーグル、7バーディー、2ボギーの65をマーク。首位タイ発進を決めた。17番ホールではセカンドをバックスピンでねじ込むスーパーショットを披露。イーグル奪取で喜びを爆発させるシーンをPGAが公開し、米ファンの称賛を浴びている。

  • 松山、10秒の“S字パット”に米実況も興奮↑「いいぞ…」「おお…」「イエス!!」

    2018.05.19

    米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(トリニティ・フォレストGC、パー71)第2日は18日、120位から出た松山英樹(レクサス)が8バーディー、ノーボギーの「63」で回り、通算7アンダーで20位タイと急浮上。17番パー3では難解なラインを読み切った絶品の“スネークパット”が炸裂。PGAツアーは「なんてパットなんだ!」と動画付きで公開し、反響を呼んでいたが、現地実況も「いいぞ……おお……イエス!」「やったぞ、完璧な読みだ!!」と尻上がりの興奮で伝えている。

  • 松山、絶品の“スネークパット”に米絶賛の嵐「ボールが生きているかのようだ」

    2018.05.19

    米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(トリニティ・フォレストGC、パー71)第2日は18日、120位から出た松山英樹(レクサス)が8バーディー、ノーボギーの「63」で回り、通算7アンダーでフィニッシュ。17番パー3では難解なスネークラインを読み切った絶品の“S字パット”が炸裂。PGAツアーは「なんてパットなんだ!」と動画付きで公開し、米ファンは「偉大なるパットとはこのことだ」「ボールが生きているかのようだ」と絶賛の嵐となっている。

  • 松山、1mピタリの好アプローチに現地実況も唸る 「うん、美しいショットだ」

    2018.05.18

    米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(トリニティ・フォレストGC、パー71)第1日は17日、松山英樹(レクサス)が2バーディー、3ボギーの「72」で回り、通算1オーバーの120位と出遅れた。しかし、15番パー4ではピンそば1メートルにピタリとつける好アプローチを披露し、バーディーを奪取。現地実況を「うん、美しいショットだ」と唸らせた。

  • 松山、名物“小島グリーン”で池ポチャ2発 米も落胆「素敵な時間を過ごせなかった」

    2018.05.11

    男子ゴルフのザ・プレーヤーズ選手権(TPCソーグラス)の初日が10日(日本時間11日)行われ、世界ランク9位の松山英樹(レクサス)が17番ホールで魔物につかまった。2度池ポチャするなど、パー3のところでなんと「8」。7オーバーの139位と大きく出遅れてしまった。PGAツアー公式ツイッターが動画を公開している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集