[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹の記事一覧

  • 松山は「新たな血脈」 全英V候補に英紙選出「次のステップ踏む準備できている」

    2017.07.19

    海外男子ゴルフの四大メジャー第3戦、全英オープン(ロイヤルバークデールGC)は20日(日本時間21日)に開幕するが、地元の英メディアでは優勝候補12選手を紹介。本命不在とされる「The Open」でグランドスラム初制覇を狙う松山英樹(レクサス)も「新たな血脈」として登場した。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。

  • 「マツヤマを見てはいけない」 松山のストイックすぎる“ショット後”に米紙注目

    2017.07.18

    海外男子ゴルフのメジャー大会、全英オープン(英国サウスポート)で四大メジャー初制覇を狙う松山英樹(レクサス)の“ストイックぶり”がアメリカで話題になっている。米紙「ニューヨーク・タイムズ」電子版は、「グッドショット? 彼のリアクションからは分からない」というタイトルで報じている。

  • 松山、メジャー初Vの期待大 全英OPは5番人気、英オッズで前年覇者と同率ランク

    2017.06.22

    男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープンで歴代日本人最高の2位タイに入った松山英樹(レクサス)。日本人史上初のメジャー制覇に期待が高まる中、英国の大手ブックメーカーがメジャー第3戦、全英オープン(7月20日開幕)の優勝オッズを公開。日本人男子初の世界ランキング2位に飛躍した25歳は、ディフェンディングチャンピオンと同率の高評価を受けている。

  • 松山は「偉大な主人公」― 「NO2の衝撃」にやまない世界の称賛「日本人は歴史作った」

    2017.06.20

    男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープンは松山英樹(レクサス)が通算12アンダーでメジャー自己最高の2位タイに入った。大会史上、日本人最高位の快挙を果たした25歳は日本人男子史上初の世界ランキング2位に飛躍した。“NO2の衝撃”について「偉大な主人公」「日本人は歴史を作った」と世界各国メディアから称賛されている。

  • 松山、“爆発力”に絶賛の声 猛追撃を米メディア総括「ヒデキ・マツヤマはボス」

    2017.06.20

    男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープンは最終日の18日(日本時間19日)、松山英樹(レクサス)が8バーディー2ボギーの「66」で回り、通算12アンダーでメジャー自己最高の2位タイ。大会史上、日本人最高位となる快挙を果たした25歳はいったい、世界で何が評価されたのか。米メディアは、驚異的な猛追劇に触れ、「ヒデキ・マツヤマはボス」と絶賛している。

  • 松山、猛追で輝いた“熱狂美技” 50cmピタリに米絶賛「クレイジーなアプローチ」

    2017.06.19

    男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープンは最終日の18日(日本時間19日)、6アンダーの14位でスタートした松山英樹(レクサス)が8バーディー2ボギーの「66」で回り、通算276の12アンダーでメジャー自己最高となる2位タイ。米メディアは最終日の14番で披露した“50cmピタリ”の芸術的プレーを絶賛。「クレイジーなアプローチで観衆を沸かせた」と高く評価している。

  • 松山の全米OP2位 日本人大リーガーも反応 上原浩治が感嘆「すげぇ~松山くん」

    2017.06.19

    男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープンは最終日の18日(日本時間19日)、松山英樹(レクサス)が8バーディー2ボギーの「66」で回り、通算276の12アンダーでメジャー自己最高の2位タイでフィニッシュした。大会史上日本人最高位となる快挙に、同じく米国で活躍する日本人メジャーリーガーも反応。カブスの上原浩治投手が「すげぇ~」とツイッター上で感嘆の声を上げている。

  • 松山、世界ランク2位浮上 日本最高位更新 米誌は奮闘称賛「風の中、美しく戦った」

    2017.06.19

    男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープンは最終日の18日(日本時間19日)、松山英樹(レクサス)が8バーディー2ボギーの「66」で回り、通算276の12アンダーでメジャー自己最高の2位タイでフィニッシュした。米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」は、風が吹くコンディションの中で美しく戦った」と称賛。試合後に発表された最新の世界ランキングでは自己最高となる2位に浮上した。

  • 松山、惜しくも2位! 「66」猛追も4打差、メジャー自己最高位も日本勢初Vならず

    2017.06.19

    男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープンは最終日の18日(日本時間19日)、6アンダーの14位でスタートした松山英樹(レクサス)が8バーディー2ボギーの「66」で回り、通算276の12アンダーでメジャー自己最高となる2位タイ。首位と4打差で日本人初のメジャー制覇はならなかった。通算16アンダーのB.ケプカ(米国)が初優勝を飾った。

  • ハルマン単独首位、トーマス大会新「63」2位猛追、松山14位後退…全米OP3日目結果

    2017.06.18

    男子ゴルフの全米オープンは3日目の17日(日本時間18日)、1位タイで出たブライアン・ハルマン(米国)が「67」でスコアを5つ伸ばして通算12アンダーで単独首位に立った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集