[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太の記事一覧

  • 村田諒太「普通の王者では許されない」 108秒の“代打スピーチ”に込めた王者の責任

    2020.02.08

    ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が殊勲賞とKO賞の2冠に輝いた。WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞(MVP)と最高試合賞を受賞。毎年、MVPの選手が代表して謝辞を述べるが、井上が発熱による体調不良で欠席し、村田が務めることになった。急遽任された“代打スピーチ”。壇上で耳にした他の日本人世界王者たちは何を思い、2020年を戦い抜くのだろうか。日本ボクシング界を背負う男たちの言葉を紐解く。

  • 村田諒太の次戦はどうなる カネロ&ゴロフキン戦熱望「どちらでもいいからやりたい」

    2020.02.07

    ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞に輝いた。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が殊勲賞とKO賞、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)が技能賞を受賞した。

  • 村田諒太“代役”スピーチで笑い 欠席の井上尚弥には「あとで文句を言おうと」

    2020.02.07

    ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞に輝いた。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が殊勲賞、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)が技能賞を受賞した。

  • 井上尚弥が2年連続年間MVP 最高試合賞と2冠、技能賞に井岡一翔、殊勲賞に村田諒太

    2020.02.07

    ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞に輝いた。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちした激闘が年間最高試合(世界戦)に選出。井上はKO賞を獲得した18年度に続く2冠となった。

  • 村田諒太を米フォーブス誌が特集 カネロ相手候補で紹介「高度のIQを示してきた」

    2020.01.31

    ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)はパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)とのビッグマッチ実現の可能性がある。そんな中、米経済誌「フォーブス」が世界的スーパースターと対峙する日本人チャンプに対して「リョウタ・ムラタとは何者か」と特集している。

  • 村田諒太と対戦浮上のカネロ 英紙は地元勢との激突を待望「彼の価値を一層高める」

    2020.01.26

    ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)はパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)とのメガマッチ実現の可能性が浮上しているが、英紙「デイリー・スター」は地元勢の対戦候補の存在も推している。

  • カネロ、5月の次戦候補に村田諒太 米メディア推薦「ムラタ戦は極上の選択肢だ」

    2020.01.07

    昨年12月23日に行われたボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチでスティーブン・バトラー(カナダ)戦で初防衛に成功した王者・村田諒太(帝拳)。2020年にメガファイト実現が期待される中、米メディアはパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)にとって「5月の次戦に向けた極上の選択肢」と分析。カネロ―村田というドリームマッチの5月実現の可能性を指摘している。

  • 村田諒太の「リアル」な生き方 亡き友に“捧がない”初防衛「安らかに。それだけ」

    2019.12.24

    ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ち。亡き友に“捧ぐことのない”初防衛を果たした。リアルを地で行く男は、弱さをさらけ出す人間臭さを漂わせながら真の頂きを目指す。

  • 村田諒太、楽しみは長女と“休日デート” 「パパ、パン買いに行こうよ」が至福の時間

    2019.12.24

    ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が24日、初防衛成功から一夜明けて都内で会見した。前夜は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ち。試合後に起きた家族との微笑ましいエピソードを明かし、今後の至福の時間を楽しみにした。

  • 村田諒太に完敗 無言のバトラー、深夜のSNSで胸中吐露「私はこの試合で多くを学ぶ」

    2019.12.24

    ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。敗れた挑戦者バトラーは試合後、精神的ショックを理由に会見に姿を見せなかったが、深夜に自身のツイッターを更新し、胸中をつづった。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集