[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

張本智和の記事一覧

  • 「記録破りの男」張本、ツアー史上最年少V 快挙達成で掲げた14歳の次なる“野望”

    2017.08.28

    卓球のチェコオープン(オロモウツ)は27日、男子シングルス決勝で世界ランキング20位・張本智和(エリートアカデミー)が元世界ランク1位のティモ・ボル(ドイツ)を4-2で破り、ワールドツアー初優勝を飾った。14歳61日での優勝は史上最年少。日本が誇る神童の快挙に、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「センセーションだ」と伝えた。

  • なぜ、張本智和は「チョレイ」と叫ぶのか 国際卓球連盟の特集に登場、その答えは…

    2017.08.05

    8月からシーズン後半を迎える卓球界。男子シングルス世界ランキング20位の張本智和(エリートアカデミー)には、シニアのワールドツアー初優勝、男子最年少V記録更新の期待が懸かる。日本が誇る若き天才を国際卓球連盟(ITTF)も特集。インタビューコーナーに登場した動画をYoutube公式チャンネルで公開し、注目を呼びかけている。

  • 張本智和、格下の韓国選手にまさかの完敗 初戦敗退、豪州で旋風ならず

    2017.07.04

    卓球のオーストラリアオープンは4日、男子シングルス1回戦で張本智和(エリートアカデミー)が世界ランク64位のリム・ジョンフン(韓国)に0-4のストレートで完敗。初戦敗退を喫した。

  • 張本智和、14歳“初白星” 世界ランク23位に粘りの卓球披露「勝つと決めていた」

    2017.06.30

    卓球の新リーグ「T2アジア太平洋リーグ」(T2APAC)は29日に第1ラウンド2日目が行われ、6月の世界選手権で大会史上最年少で8強入りした世界ランキング39位の張本智和(エリートアカデミー)は、同23位のマティアス・カールソン(スウェーデン)と対戦し、ゲームカウント3-2で勝利を収めた。

  • 張本智和、14歳は白星発進ならず 卓球新リーグ初戦、193センチの長身選手に苦戦

    2017.06.28

    卓球の新リーグ「T2アジア太平洋リーグ」が28日に開幕。6月の世界選手権で大会史上最年少で8強入りした世界ランキング39位の張本智和(エリートアカデミー)は、同28位のアレクサンダー・シバエフ(ロシア)と対戦し、2-3で試合を終えた。

  • 張本智和、ツイッターで14歳の“誓い” 旋風再びで「世界トップ10」入り宣言

    2017.06.27

    アジア太平洋卓球リーグ開幕を前日に控えた27日、世界ランキング39位の張本智和(エリートアカデミー)がツイッターを更新した。中国オープン後は帰国せず、直接マレーシアに移動していたが、この日は張本にとって14歳の誕生日。「世界ランクトップ10に入れるように頑張ります」とつづり、“14歳の誓い”を立てた。

  • 張本智和を王者・中国はどう見ているのか 世界トップ2が語る「天才少年の肖像」

    2017.06.26

    今月行われた世界選手権(デュッセルドルフ)で歴史的なメダルラッシュを演じた卓球ニッポン。長く日本を牽引してきた水谷隼、石川佳純の男女エースに加え、13歳・張本智和、17歳・平野美宇ら、10代の若き才能が次々と芽吹いている。夜明けを感じさせる躍進に注目が集まるが、壁として立ちはだかるのが、中国である。果たして、世界NO1の卓球王国は日本をどう見ているのか――。

  • 張本、13歳ラスト試合で初Vならず 木造ペアで奮闘も準優勝 優勝は上田、吉村組

    2017.06.25

    卓球の中国オープンは25日、男子ダブルス決勝で張本智和(エリートアカデミー)、木造勇人(愛工大名電高)組が上田仁(協和発酵キリン)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)組に1-3で敗れ、準優勝。張本にとってはシングルスを通じ、ワールドツアーのシニア部門の初優勝はならず。27日に誕生日を迎える天才少年にとって、13歳のラスト試合で快挙はならなかった。上田、吉村組が見事な優勝を飾った。

  • 13歳張本智和、再び元世界1位斬りならず 36歳のドイツ名手に善戦も4強敗退

    2017.06.24

    卓球の中国オープンは24日、男子シングルス準決勝が行われ、13歳・張本智和(エリートアカデミー)が世界ランキング8位のティモ・ボル(ドイツ)に1-4で敗戦。シニアのワールドツアーで今年2月のインド・オープン以来の決勝進出を逃した。13歳の怪童が見せた快進撃は、4強で幕を閉じた。

  • 張本智和、不戦勝で8強 世界3位・許キンとの雪辱戦は幻 ダブルスでは大金星

    2017.06.23

    卓球の中国オープンは23日、男子シングルス2回戦で13歳・張本智和(エリートアカデミー)が不戦勝により、8強進出を決めた。世界ランク3位の許シン(中国)が棄権。世界選手権で敗れた宿敵との雪辱戦は実現しなかった。1回戦で元世界ランク1位のウラジミール・サムソノフ(ベラルーシ)から金星を挙げ、張本は準々決勝で丹羽孝希と激闘。また、この日は男子ダブルス準決勝では木造勇人とのペアで世界選手権金メダルの樊振東、許キン組(中国)を破る大番狂わせを演じた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集