[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小平奈緒の記事一覧

  • 「怒れる猫はオランダで学んだ」― 小平奈緒、“第二の母国”も続々特集

    2018.02.20

    平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)。36秒94の五輪新記録で果たした快挙に対し、14年ソチ五輪後に2年間、武者修行したスピードスケートの“王国”オランダメディアも次々に小平を特集。「怒れる猫」という異名で愛された日本人を紹介している。

  • 小平奈緒のサングラスが話題に 冬の五輪に欠かせない“目元”の秘密に迫る

    2018.02.20

    平昌五輪、大会11日目終了時点で日本は金メダル2個、銀メダル5個に、銅メダルが3個。合計10個は1998年の長野五輪に並ぶ、冬季五輪最多の数字だ。冬季競技に欠かせないのが、ゴーグル、サングラスなどの「アイウェア」。メダルラッシュの一端を確かに担っているのはスポーツブランドの「オークリー」だ。今大会ではオレンジとイエロー、左右色違いのド派手なカラーのアイウェアを装着した選手の活躍が目立つことにお気づきだろうか。

  • 小平奈緒は“つよかわカッコいい” 金メダル直後のオランダ語にファン興奮

    2018.02.19

    平昌五輪は18日、女子スピードスケート500メートルで小平奈緒(相沢病院)が36秒94の五輪新記録で優勝。スピードスケート女子史上初の金メダルの快挙を成し遂げた。2014年ソチ五輪後には2年間オランダに滞在し、スピードスケート王国で武者修行した新女王は金メダル獲得後、オランダテレビ局のインタビューに笑顔で対応。早口言葉も操る、流暢なオランダ語も話題となっている。

  • 小平奈緒、あの“美しき抱擁”に相次ぐ称賛 オランダの英雄は「素晴らしい光景」

    2018.02.19

    平昌五輪スピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)は36秒94という五輪新記録でスピードスケート日本女子初となる金メダルを獲得。銀メダルに終わり、リンク上で号泣するイ・サンファ(韓国)を抱きしめながら慰める一幕があった。

  • 小平奈緒、韓国メディアも“涙の抱擁”を絶賛「大会最高の場面」「世界注目の一枚」

    2018.02.19

    平昌五輪は18日、スピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)は36秒94の五輪新記録で日本スピードスケート女子初の金メダルを獲得した。“氷速女帝”イ・サンファ(韓国)は37秒33の銀メダルに終わり、母国で3連覇ならずリンクで号泣。小平に抱きしめられたシーンは、韓国のファンの間で「とても感動した」「同僚として美しい」と話題を呼んでいたが、母国メディアも「熱い友情」「今大会最高の場面」「世界が注目した写真の一枚」とこぞって取り上げ、称賛の的になっている。

  • 驚異の最高視聴率65.3%! 小平奈緒VSイ・サンファの名勝負に韓国国民熱狂

    2018.02.19

    平昌五輪のスピードスケート女子500メートルでは小平奈緒(相沢病院)が36秒94の五輪新記録での金メダル獲得。日本では悲願達成に沸いたが、韓国では英雄で“氷速女帝”の異名を取る、五輪3連覇がかかったイ・サンファへの注目度の高さから、地上波3社が同時に中継した瞬間最高視聴率の合計が65.3%を記録していた。

  • 小平奈緒、サングラスがいつものド派手「橙×黄」じゃなかった理由とは?

    2018.02.19

    平昌五輪は18日、女子スピードスケート500メートルで小平奈緒(相沢病院)が36秒94の五輪新記録で優勝。スピードスケート女子史上初の金メダルの快挙を成し遂げた。

  • 小平奈緒、“美しき抱擁”に韓国ファンも称賛「本当の姉のよう」「同僚として美しい」

    2018.02.19

    平昌五輪は18日、スピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)は36秒94の五輪新記録で日本スピードスケート女子初の金メダルを獲得した。“氷速女帝”の異名を取るバンクーバー、ソチ大会金メダルのイ・サンファ(韓国)は37秒33の銀メダルで、母国での3連覇ならず、リンクで号泣。小平に抱きしめられ、慰められたシーンが感動を呼んだが、韓国のファンも「とても感動した」「同僚として美しい」「小平選手みたいなお姉さんがいたらいいのに」と声を上げている。

  • 小平奈緒、五輪連覇の“氷速女帝”撃破に世界が称賛「ホームの観衆を動揺させた」

    2018.02.19

    平昌五輪スピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が五輪新記録となる36秒94でスピードスケート日本女子初の金メダルを獲得した。開催地のファンの声援に後押しされ、“氷速女帝”の異名を持つ五輪連覇のイ・サンファ(韓国)は銀メダルとなり、海外メディアは「コダイラがホームの観衆を動揺させた」「観衆の前で地元のスケーターを降参させた」などと報じている。

  • 号泣するライバルを慰めた小平奈緒、“あの瞬間”にかわした言葉とは?

    2018.02.19

    ソチ五輪金メダルのイ・サンファ(韓国)は37秒33で銀メダルに終わり、母国での3連覇はならずリンクで号泣。小平に抱きしめられ、慰められた。そこには一体どんな会話が存在したのか? イ・サンファが新女王・小平との、会話の中身を明かしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集