[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨の記事一覧

  • 宇野昌磨、五輪銀メダリストの貫禄 GP連勝に海外賛辞「タイトル2つをコンプリート」

    2018.11.11

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が183.96点の合計276.45点で初優勝。GPシリーズ連勝を飾り、ファイナル進出を決めた。3位に入ったマッテオ・リッツォ(イタリア)は宇野が可愛らしくオリーブ冠を被った“自撮り3ショット”を公開し、ファンの視線を集めているが、平昌五輪銀メダリストの貫禄を見せつけた20歳に対し、海外メディアも「タイトル2つをコンプリート」と賛辞を送っている。

  • 宇野昌磨を後押し 愛ある日本人ファンに海外脚光「ショウマ・アット・ホーム」

    2018.11.10

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は9日、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が92.49点で首位発進。序盤のコンビネーションジャンプで転倒しながら地力の違いを見せつけ、日本のファンの声援に応えた。海外メディアは宇野を温かく後押しした母国ファンに脚光。「愛情あふれる日本の観衆」「ショウマ・アット・ホーム」などと伝えている。

  • 宇野昌磨が上る“完璧への階段” 貫禄の首位発進を海外賛辞「後半に力強さ増した」

    2018.11.10

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は9日、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が92.49点で首位発進。序盤のコンビネーションジャンプで転倒するアクシデントを乗り越えた平昌五輪銀メダリストに対し、海外メディアは「最高のスケートではなかった。しかし、それでも十分だった」と地力の違いを評価している。

  • 宇野昌磨、逆転V後の“らしい1枚”に海外ファン歓喜「好きなようにさせてあげて」

    2018.10.28

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が188.38点をマーク。計277.25点の逆転で大会連覇を達成した。カナダスケート協会は競技後の宇野の“らしい姿”の写真を公開。ファンを喜ばせている。

  • 織田信成、歓喜の“YMCA4ショット”に3万大反響 「さっとんの腹筋すげー」の声も

    2018.10.07

    フィギュアスケートのジャパンオープンは6日、日本が2年ぶり9度目の優勝を果たした。話題を呼んだのは、プロスケーターの織田信成が現役さながらの演技で176.95点をマークし、貢献した。織田は試合後にツイッターを更新。一緒に戦った宇野昌磨(トヨタ自動車)、宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)との“YMCA4ショット”を公開し、ファンから3万を超える大反響。さらに宮原の肉体美が意外な反響を呼んでいる。

  • 羽生は「コミカル」、宇野は「リトルボーイ」 ハビの「一言表現」に反響「面白い」

    2018.09.18

    フィギュアスケートの平昌五輪銅メダリスト、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)がIOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」のインタビューに登場。選手を一言で例える企画に挑戦し、羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)についてユーモアたっぷりに評している。

  • 宇野昌磨、盟友が“可愛すぎる大あくび”を激写 海外ファン「スリーピーショウマ」

    2018.09.16

    フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア)は15日、男子フリーでショートプログラム(SP)首位の平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨(トヨタ自動車)が172.05点をマークし、合計276.20点で優勝。貫禄の3連覇を達成。試合後、2位に入ったドミトリー・アリエフ(ロシア)がインスタグラムを更新し、宇野が大あくびをする写真とともに祝福メッセージを送ると、海外ファンに「この写真、大好きだ」「なんてキュートなの」と話題を集めている。

  • 宇野昌磨、貫禄のV3を地元伊メディアも賛辞「ショウマが“定位置”の優勝」

    2018.09.16

    フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア)は15日、男子フリーでショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が172.05点をマークし、合計276.20点で優勝。貫禄の3連覇を達成した平昌五輪銀メダリストに対し、地元のイタリアメディアも「超高難度を滑り切り“定位置”の優勝」と賛辞を送っている。

  • 宇野昌磨が「試合を支配」 首位発進を伊メディア絶賛「恐ろしいほど凄まじいSP」

    2018.09.14

    フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)が13日、開幕。男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が104.15点でトップ発進を決めた。新ルールの適用で今季開幕前に得点記録がリセット。それでも自己ベスト104.87点に迫る好発進だ。現地メディアも「恐ろしいほど凄まじいSP」と称賛している。

  • 宇野昌磨が貫録トップ発進! 開幕前には現地紙で特集「一番期待されているのは…」

    2018.09.14

    フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)が13日、開幕。男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が104.15点でトップ発進を決めた。新ルールの適用で今季開幕前に得点記録がリセット。それでも自己ベスト104.87点に迫る好発進だ。友野一希(同大)は75.47点で5位。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー