[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の記事一覧

  • 大谷翔平が童心に!? サインゲットではしゃぐ姿に反響「オオタニが少年になってる」

    2019.06.07

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦で、2戦連発となる5号特大弾を含む4打数2安打4打点。圧巻の活躍で現地に興奮を巻き起こしていたが、今度はチャーミングな姿が話題を呼んでいる。24日から米国野球殿堂博物館の館長に就任するエンゼルスのティム・ミード副社長からサインをもらいはしゃぐ姿に、ファンからは「オオタニがファンの少年になってる」などと反響の声が上がっている。

  • 大谷翔平、敵将も顔こわばる“逆転400ft弾”に米興奮「この子はちょっと別格だ」

    2019.06.06

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦で2戦連発となる5号逆転3ランを放った。一時は6点差あったビハインドをひっくり返し、敵将の表情をこわばらせた400フィート(約122メートル)弾をMLBは動画付きで速報。「この子はちょっと別格だ」などと興奮を巻き起こしている。

  • 大谷翔平、らしさ炸裂 驚異の“逆方向弾”に米熱狂「神にとっては珍しくない」

    2019.06.05

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・指名打者」で出場し、6回に豪快な4号2ランを放った。3試合ぶりの一発を「オオタニが反対方向にこのパワー」と驚きをもって動画付きで公開し、米ファンは「神にとっては珍しいことではない」と酔いしれている。

  • ハムファン歓喜!? 大谷翔平の“日本一コンビ復活”を元同僚が公開「最も偉大な選手」

    2019.06.03

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が1日(日本時間2日)の敵地マリナーズ戦の試合前、かつての同僚との再会が実現した。相手は2016年に日本ハムに在籍し、チームのリーグ制覇、日本一に貢献したマリナーズのアンソニー・バース投手。当時は先発、中継ぎを務めた右腕は、大谷との“日本一コンビ復活”の2ショットを自身のツイッターに投稿し「私が見てきた中で最も偉大な選手」と敬意を示している。

  • 大谷翔平、超低空15mの“トラウタニ競演弾”に米熱狂「とんでもないコンビだ」

    2019.06.01

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が31日(日本時間1日)、敵地マリナーズ戦に「3番・指名打者」で先発し、6回の第3打席で第3号ソロをマーク。最高到達点52フィート(約15.8メートル)という超低弾道で左翼席に叩き込んだ。主砲トラウトとの2者連発で放った驚弾の実際の瞬間をMLBが動画付きで公開し、米ファンを「とんでもないコンビだ」などと熱狂に巻き込んでいる。

  • 大谷翔平も驚いた!? 相手一塁手の“送球スルー”に米笑撃「笑い過ぎて息できない」

    2019.05.16

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が放った打球から笑撃の珍プレーが発生した。ゴロを捕球した投手からの送球を一塁手が“よそ見”して捕球できず。一気に二塁まで進塁を許した。まさかの瞬間をMLBが動画付きで公開。「私の娘でも捕れる」「笑い過ぎて息ができない」「こんなの見たことない」と米ファンに笑撃が広がっている。

  • 大谷翔平激走も本塁憤死… “微妙判定”に米ファン賛否「監督はチャレンジすべき」

    2019.05.15

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地ツインズ戦で今季初の猛打賞をマーク。前日の今季1号に続き、復活をアピールした。8回には二塁から快足を飛ばして果敢に本塁を狙ったが、クロスプレーの末に中堅手の好返球に阻まれた。米記者は98.6マイル(約158.7キロ)を記録した驚異の強肩を動画とともにレポートしているが、微妙な判定となったことについて「彼はセーフだ」「監督はチャレンジすべき」「判定が覆る可能性はゼロだ」などと米ファンから声が上がっている。

  • 大谷翔平の激走生還阻んだ 相手中堅手の“鮮烈ノーバンレーザー”は158キロ記録

    2019.05.15

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地ツインズ戦で今季初の猛打賞をマーク。前日の今季1号に続き、復活をアピールした。8回には二塁から快足を飛ばして果敢に本塁を狙ったが、クロスプレーの末に中堅手の好返球に阻まれた。

  • 大谷翔平のパワーは「信じられない」 特大弾に実況唖然「あそこに飛ばせる打者は…」

    2019.05.15

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)の敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発。3回の第2打席で待望の今季1号が飛び出した。右肘靭帯再建手術から復帰6戦目での一発は429フィート(約131メートル)の特大弾。3打数2安打2打点2四球と結果を残し、チームの勝利に貢献した。

  • 大谷翔平、驚愕飛距離の1号弾 米メディア賛辞連発「とんでもない豪快さ」「爆発的」

    2019.05.14

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦でメジャー復帰後6戦目で初の本塁打を放った。大谷らしい逆方向への特大弾に現地は騒然。米メディアは「とんでもない豪快な2ラン」「爆発的な長打」など続々と賛辞を並べている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集