[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の記事一覧

  • 大谷翔平、登板翌日の130m10号弾に米記者仰天「昨日の先発投手が…」「54本ペース」

    2021.05.07

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3回の第2打席で2試合ぶりの一発となるメジャートップに並ぶ10号2ランを放った。飛距離428フィート(約130メートル)の特大弾を、米記者が動画付きで速報している。

  • 大谷翔平がストライク確信も 球審の四球判定に米ファンもブーイング「ばかげている」

    2021.05.07

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。降板後に逆転され2勝目はならなかった。99マイル(約159キロ)の直球にスプリットで相手打者を圧倒する一方で、注目を集めているシーンがあった。3回にスライダーを絶妙のコースに決めるも、球審にボールとジャッジされる瞬間の動画を米国の投球分析家が公開。現地ファンからも「ばかげている」などと批判の声が上がっている。

  • 大谷翔平が打者に謝罪? にこやかな“好捕後のソーリー”に米興味「なぜ言ったの?」

    2021.05.07

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。3回には強烈なピッチャーライナーを一度はグラブではじきながらも好捕。実際の映像を米記者が公開していたが、MLBも「I'm sorryと言った」と注目。米ファンからは「常にナイスガイ」「ステキ」などとコメントが寄せられている。

  • 大谷翔平、膝元ライン上“渾身99マイル”に米喝采「凄い球だ!」「自分が打者なら…」

    2021.05.07

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点だったが、降板後に逆転されたため2勝目とはならなかった。6四球と苦しみながらも、7奪三振の力投。米投球専門家は大谷が低めいっぱいの99マイル(約159キロ)で見逃し三振を奪ったシーンを動画で公開。米ファンからは「凄いボールだ!」「自分が打者だったら…」などとコメントが書き込まれている。

  • 大谷翔平、球速差37kmでドロン“強力カーブ”に米衝撃「無理」「フェアじゃない…」

    2021.05.06

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球と苦しみながらも7奪三振の力投を見せた。米投球専門家は、大谷が投じた100マイル(約161キロ)と球速差の大きいカーブを重ね合わせた映像を公開。縦に変化量も大きな投球に、米ファンからは「フェアじゃない……」「無理」などと反響が寄せられている。

  • 大谷翔平が「一流の振る舞い」 球審と冷静“ゾーン確認”が米話題「ロー?ハイ?」

    2021.05.06

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。試合中、球審に対してストライクゾーンの確認をする場面もあった二刀流。米実況席が「ロー? ハイ? オーライ。ガッチュー」と大谷の柔らかい口ぶりを“アテレコ”した映像がSNSに公開され、話題となっている。

  • 大谷翔平の反射神経を見よ 投直好捕“笑顔のグラブさばき”に米記者「GG賞の票も?」

    2021.05.06

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。3回には、強烈なピッチャーライナーを一度はグラブではじきながらも好捕。実際の映像を米記者が公開し、「ショウヘイはゴールドグラブの票も取ろうとしているのか???」などと注目されている。

  • 大谷翔平、視界から消える“急降下スプリット”で奪三振 米記者驚愕「地面に落ちた」

    2021.05.06

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦に今季4度目の先発登板。2日(日本時間3日)のマリナーズ戦で右肘に死球を受けた影響が心配されたが、2回には鋭く落ちるスプリットで空振り三振を奪うなど力投。実際の映像を米記者が公開し「地に落ちていった」「実にえげつない」などと驚きの声を上げている。

  • 大谷翔平はバット投げも必見 米の熟練カメラマンが注目した「このバットフリップ」

    2021.05.06

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地のレイズ戦で「2番・指名打者」で先発出場。3打数無安打1四球で2試合ぶりの無安打に終わった。3日(同4日)の同戦では、飛距離427フィート(約130メートル)の特大9号弾を放った大谷。MLBが投稿したホームラン動画には19万件以上の「いいね!」が寄せられているが、米国のカメラマンは絵になるバットフリップに注目を寄せている。

  • 「投手・大谷」が「打者・大谷」に与える好影響 米解説者が指摘「常に有利だと思う」

    2021.05.05

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地のレイズ戦で「2番・指名打者」で先発出場。3打数無安打1四球で2試合ぶりの無安打に終わった。3日(同4日)の同戦では、飛距離427フィート(約130メートル)の特大9号弾を放った大谷ついて、現地の解説者は「投手・大谷」が「打者・大谷」にも良い影響を与えていると指摘している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集