[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の記事一覧

  • 大谷翔平、左腕から初Hは先制適時打 エンゼルスは控えめ?称賛“ボチボチでんな”

    2018.04.12

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、敵地レンジャーズ戦に「8番・DH」で3試合ぶりにスタメン出場。第1打席では鮮やかな流し打ちで、左翼へ先制適時打を放った。大谷が左腕投手から安打するのはメジャー初。一つ苦手をクリアした。

  • 大谷翔平が一人でタ軍超え!? 米メディアの比較に驚愕「さすが日本のルース」

    2018.04.11

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は本拠地デビュー戦から3試合連続アーチをマーク。大きなインパクトを残した。米メディアは大谷の本塁打数と、貧打に苦しむタイガースの本塁打数を比較する画像を公開。二刀流の怪物が一人でタイガースの本塁打数を上回っていることを紹介している。

  • 大谷翔平、「エースの投球」&「4番の強打」 二刀流ムービー公開でMLB絶賛

    2018.04.11

    米大リーグ、エンゼルス・大谷翔平投手がMLBを席捲している。投げては圧巻の投球を含む2戦2勝。打撃では本拠地デビュー戦からの3試合連続本塁打を放つなど、二刀流の怪物ぶりを発揮している。MLB公式ツイッターは「けん引するショーヘイ・オオタニ」と称賛。圧巻の活躍を動画で振り返っている。

  • 大谷翔平、世界的ブックメーカーが早くもMVP大本命に 「早すぎる?だから何だ?」

    2018.04.11

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手はデビューから快進撃を続けている。投げては2戦2勝。特に2勝目は7回1安打無失点の圧巻投球だった。打撃では3試合連発。ア・リーグの週間MVPを、日本人では史上最年少、最速で受賞した。開幕前の懐疑的な見方を完全に覆した二刀流の怪物。ブックメーカーは早くもリーグMVPの本命にあげている。米メディアが報じている。

  • “大谷尽くしの1週間” MLB選出「お気に入りの瞬間」トップは「圧倒的にオオタニだ」

    2018.04.10

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手はデビューするや数々の衝撃を残している。投げては初登板から2連勝。打っては3試合連続ホームラン。懐疑的な見方が多かった前評判を裏切り、二刀流の怪物ぶりをまざまざと見せつけている。9日(日本時間10日)には日本人メジャー最速&最年少でア・リーグ週間MVPに選出された。

  • 大谷翔平、終わりが見えない米メディア絶賛の輪「野球史上最高の選手になり得る」

    2018.04.10

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発し、毎回の12三振をすべて空振りで奪い、7回1安打無失点で2勝目。7回先頭まで完全投球という衝撃の内容で本拠地初白星となった。3戦連発を放った「打者・大谷」に続く躍動に対し、当初は手厳しかった米メディアも「オオタニは野球史上最高の選手になり得る」「皆の脳を混乱させるには十分なほどの衝撃だ」とすっかり恒例となった絶賛を展開している。

  • 大谷翔平は異星人なのか… 米メディアから「この惑星で生まれた存在じゃない」の声

    2018.04.09

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発し、毎回の12三振をすべて空振りで奪い、7回1安打無失点で2勝目。7回先頭まで完全投球という衝撃の内容で本拠地初白星となった。3戦連発を放った「打者・大谷」に続く躍動に対し、米メディアは「この惑星の生まれた存在ではないことが明確になった」「異なる惑星で新しいリーグに参戦しない限り、壁は立ちはだかるチャンスすらない」など、らしい表現で“異星人ぶり”に驚嘆している。

  • 大谷翔平、“否定派”一掃の衝撃 米ファン敬服「活躍しないと言った輩はどこへ?」

    2018.04.09

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発し、毎回の12三振をすべて空振りで奪い、7回1安打無失点で2勝目。7回先頭まで完全投球という衝撃の内容で本拠地初白星となった。MLB公式ツイッターは「驚愕させられるパフォーマンス」と題し、動画付きで奪三振すべてを公開。「ぜひ、将来ヤンキースに!」「カーショウを超える逸材だ」「彼は活躍しないだろうと言っていた輩はどこへ行った?」と“アンチ”を一層する活躍に米ファンは敬服している。

  • 大谷翔平がメジャーに洗礼 「衝撃の91球」にMLB公式「驚愕のパフォーマンス」

    2018.04.09

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発し、12三振を奪い、7回1安打無失点で2勝目。7回先頭まで完全投球という衝撃の内容で本拠地初白星となった。特に毎回奪った12三振はすべて空振り。160キロに迫る直球とキレキレのスプリットで三振の山を築いた。打者・大谷で3戦連発に続く躍動。大谷がメジャーの洗礼を浴びるどころか、メジャーが大谷の洗礼を浴びる奪三振ショーを、MLB公式ツイッターが動画付きで速報している。

  • 大谷翔平、韓国紙が衝撃の3戦連発を続々報道「漫画のような挑戦」「人間なのか」

    2018.04.08

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は6日(日本時間7日)の本拠地アスレチックス戦で3試合連続ホームランを放った。日本のファンを喜ばせ、全米に衝撃を与えているが、お隣、韓国メディアも「“Sho Time”が続いている」と続々報道している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集