[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の記事一覧

  • 大谷翔平は「球界のメッシ」 “強豪”メキシコも興味津々「太陽系外の怪物か?」

    2018.04.22

    米大リーグに挑戦したエンゼルス・大谷翔平投手は打っては3戦連発、投げては2勝と大車輪の活躍を演じ、米国でも話題となっている。その注目ぶりは米国を飛び越え、各国に飛び火しているが、野球、サッカーともに強豪のメキシコのメディアでは「ショウヘイ・オオタニは球界のメッシ」とサッカー界のスーパースターになぞらえて紹介している。

  • 大谷翔平、“シフト”にかかり遊ゴロ 「なんであんなところに人が…」 ファンも驚き

    2018.04.20

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)の本拠地レッドソックス戦に「6番・DH」でスタメン出場。2回の第1打席は大胆な“大谷シフト”に引っ掛かり中前へ抜けそうな当たりが遊ゴロに。安打を1本損した格好となったシーンが話題になっている。

  • 大谷翔平撃ちにRソックス党は誇らしげ「感じているかい? メジャーの恐ろしさを」

    2018.04.18

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地レッドソックス戦に先発したが、先頭打者アーチを浴びるなど2回3失点、66球で降板し、開幕3連勝はならなかった。MLB、レッドソックスはベッツが放った先頭打者弾を動画付きで公開。全米の注目を浴びる二刀流右腕を打ち崩し、レッドソックス党からは「ここからが我々の“ショー・タイム”だ」「オオタニ、感じているかい? メジャーの恐ろしさを」と誇らしげな声が上がっている。

  • 大谷翔平、“着用済みユニホーム”に113万円! MLBオークションで破格の値付け

    2018.04.17

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)のレッドソックス戦で自身3度目の先発マウンドに上がる。投打に快進撃を続ける“二刀流の怪物”。MLBはチャリティーオークションを実施しているが、大谷がスプリングトレーニングで使用していた練習用ユニホームには17日の午後2時現在で1万592ドル(約113万円)の値がついている。

  • 大谷翔平の衝撃は他競技にも 闘莉王も感銘「あんな選手見たことがない」

    2018.04.17

     日本を飛び出し、メジャーでも二刀流で旋風を巻き起こしているエンゼルスの大谷翔平。投手として2戦2勝、野手としても3試合連続本塁打に満塁走者一掃の三塁打、走塁でも驚異的なスピードを見せるなど圧巻のパフォーマンスを見せている。日本人アスリートの代表として世界のトップで輝く大谷の活躍と不動の精神力は他競技の名選手も感銘するところだ。

  • 大谷翔平は“打者にとって恐怖”の6人 最強左腕、サイ・ヤング右腕らと並びMLB選出

    2018.04.16

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)のロイヤルズ戦に先発予定だったが、悪天候で中止となった。MLBは公式インスタグラムで15日に登板予定だった、米球界を代表する6投手の画像を公開。サイ・ヤング賞右腕や、メジャー最強左腕ら、そうそうたるメンバーの中に大谷も含まれていた。

  • 大谷翔平、米ファンも“ショー・タイム”を待ちきれない 「戻ってきてーーーーー」

    2018.04.15

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)のロイヤルズ戦に中6日で自身3度目の先発。ロイヤルズの本拠地、カンザスシティーのカウフマンスタジアムは14日の試合で雪が舞うなど、最低気温2度とも予想される極寒が心配される。

  • 大谷翔平、敵は最低2度の極寒か 「彼の人生で最も寒い環境での投球」と米も不安視

    2018.04.15

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)のロイヤルズ戦に中6日で先発する。ロイヤルズの本拠地、カンザスシティーのカウフマンスタジアムは14日の試合で雪が舞うなど、極寒が予想される。米メディアは試合当日の予想気温が3度を下回ると報道。寒さという敵を乗り越え、投手として3連勝を飾れるか注目が集まっている。

  • 大谷翔平はパワーだけじゃない 「OHTANIシフト」関係なしで魅せた“天性のワザ”

    2018.04.14

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦に「7番・DH」でスタメン。4打数2安打で今季3度目のマルチ安打をマークした。「打者・大谷」としては鮮烈な3戦連発でインパクトを残したパワーに注目が集まっていたが、この試合で示したのは巧みなワザ。「大谷シフト」が敷かれるなか、内角球を逆方向への二塁打を放つなど、芸術的なバットコントロールを見せつけた。

  • “安打製造機”大谷翔平、内角球を逆方向へ 芸術的ダブルに敵地ファンも拍手

    2018.04.14

    米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦で「7番・DH」でスタメン。2回の第1打席でメジャー初の二塁打を放った。内角の厳しいコースを右手一本で振り抜き、逆方向の左翼線に飛ばすという芸術的なバットコントロールを披露。米スポーツ専門局「FOX Sports West」が動画付きで紹介し、敵地のファンも思わず拍手を送っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集