[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の記事一覧

  • 大谷翔平、水原通訳との“最強コンビ”の1枚に米脚光 「通訳・オブ・ザ・イヤー」

    2018.11.14

    メジャーリーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。

  • 大谷翔平の新人王は「100年以上受け継がれる」 二刀流での受賞に米記者最大級賛辞

    2018.11.13

    メジャーリーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。チームメートやファンから続々祝福を浴びていた大谷だが、米記者も「100年以上受け継がれるものだ」と伝説的な二刀流での活躍を改めて称えている。

  • 新人王・大谷翔平、トラウトが粋な日本語祝福「大谷選手おめでとうございます!!」

    2018.11.13

    米大リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。球団、米ファンから続々と祝福が届いていたが、チームメートの大物2人も怪物の新人王受賞に祝福のメッセージを送っている。

  • 大谷翔平、新人王受賞に米ファンからも祝福殺到「この賞に相応しい」「来年は40発」

    2018.11.13

    米大リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙となった。エンゼルスは公式ツイッターで速報。日本語で「大谷翔平選手 アメリカン・リーグ新人王受賞 おめでとうございます!」とつづると、現地ファンからも祝福が殺到している。

  • 大谷翔平、権威ある米専門誌の表紙に登場 「稀に見る激戦の新人王レースを制する」

    2018.10.12

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手はシーズン終了後に右ひじのトミー・ジョン手術を受け、2020年の二刀流復帰を目指しリハビリを行っている。米国の権威ある野球専門誌「ベースボール・アメリカ」は最新号で大谷を特集。雑誌の表紙を飾ることが明らかになった。公式ツイッターが実際の表紙の写真を公開している。

  • 何度見ても凄い 大谷の全アーチ動画に米感動「日本と日本の人々に大きな感謝を」

    2018.10.04

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は激動のルーキーイヤーを終えた。二刀流で大きなインパクトを残したが、右肘を痛め後半戦は打者に専念。日本人ルーキー最多となる22本塁打を放ち、打者としても米国を熱狂させた。新人王争いでも本命と目されている怪物のホームランショーをMLBが公式YouTubeで公開。全22発のハイライト動画には、現地ファンから改めて称賛の声が上がっている。

  • 大谷翔平が「この賞を勝ち取るだろう」 米メディアの新人王オッズは大本命「2.0倍」

    2018.10.03

    米大リーグエンゼルスの大谷翔平投手は激動のルーキーイヤーを終えた。1日(日本時間2日)にはトミー・ジョン手術を受け成功。二刀流復活へ一歩前進したが、今季の残す関心事は日本人4人目の新人王の獲得なるかだ。米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」はMVPなども含めた各部門の受賞者を予想しているが、ア・リーグ新人王は大谷を本命視している。

  • 大谷翔平は「素晴らしい仕事をした」 CY賞右腕が絶賛「彼に投げるのはタフだった」

    2018.10.02

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、成功した。球団が発表した。二刀流復活へ向けて、まずは第一歩を踏み出した。今季対戦したサイ・ヤング賞右腕はその打撃センスを絶賛している。

  • 大谷翔平が「ムードを良くした」 激動の1年目を指揮官が回想「素晴らしい対話力」

    2018.10.02

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、成功した。球団が発表した。二刀流復活へ向けて、まずは第一歩を踏み出した怪物だが、今季限りで退任するソーシア監督はその人間性を絶賛している。米メディアが伝えている。

  • 大谷翔平は「球界最高の二刀流選手」 投打に渡る活躍に地元メディア最敬礼

    2018.10.01

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間10月1日)の今季最終戦の本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」でスタメン出場し、4打数1安打。5-4のサヨナラ勝利に貢献し、シーズンを締めくくった。1年目で打率.285、22本塁打、61打点。投手としても右ひじを痛めながらも、4勝2敗、防御率3.31と投打に衝撃を残した二刀流ぶりを、地元紙は高く評価。「球界最高の二刀流選手としての立場を確立した」と報じている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー