[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織の記事一覧

  • 坂本&真凜らと… 田中刑事、ジョジョ立ち2ショットに反響 まさかの珍事件も…

    2019.01.07

    フィギュアスケートの平昌五輪代表・田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)がツイッターを更新。5日に行われた「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」で「ジョジョの奇妙な冒険」を熱演し、坂本花織(シスメックス)、本田真凜(JAL)らと“ジョジョ立ち2ショット”を決めた画像を公開。

  • 坂本花織、勝利もたらした3要素 伊メディア分析「SP、フリーでトップでないが…」

    2018.12.26

    フィギュアスケートの全日本選手権、女子シングルで初優勝を飾った坂本花織(シスメックス)。欧州メディアはノーミスでまとめあげたSPとフリーの完成度の高さを称賛。逆転勝利に導いた要因として“3つの武器”を挙げている。

  • 坂本花織が紀平&宮原に勝てた理由 「跳ぶから見てろよ」で示した18歳の強心臓

    2018.12.26

    今年のフィギュアスケートの全日本選手権で女子シングルの表彰台に立った3人は、戦前の予想通り、GPファイナルに出場した顔ぶれだった。ただ、真ん中に立ったのは5連覇を狙った全日本女王の宮原知子(関大)でもなく、トリプルアクセルという最強の武器を持った新星の紀平梨花(関大KFSC)でもなかった。いわば、「本命」でも「対抗馬」でもなく、「伏兵」と言える「第3の女」と目されていた平昌五輪6位の坂本花織(シスメックス)だった。

  • 坂本花織、“紀平を止めたV”に五輪メディア脚光「人生最高の演技を繰り出した」

    2018.12.24

    フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾った。SP5位の紀平梨花(関大KFSC)は155.01点、合計223.76点で2位、SP1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位となった。五輪公式メディアでは「サカモトがキヒラの連勝を止めた」と特集している。

  • ロシア1強に待った!? 日本表彰台トリオに海外脚光「世界選手権で金メダル争う」

    2018.12.24

    フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾った。SP5位の紀平梨花(関大KFSC)は155.01点、合計223.76点で2位、SP1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位となった。五輪公式メディアでは前日のロシア選手権で表彰台を独占したジュニア勢と日本勢のせめぎ合いを「垂涎の対決」と予想している。

  • 坂本花織、鮮やか逆転Vを米名手称賛「信じられないほどのスピードでキヒラを凌駕」

    2018.12.24

    フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾った。トリプルアクセルを2発決めた155.01点で一時トップに立った2位の紀平梨花(関大KFSC)を再逆転する劇的な展開となったが、全米選手権3連覇の名手は「信じられないほど素晴らしいスピードと流れ」と絶賛している。

  • 紀平、宮原、坂本… オフモードの“なでしこ3ショット”に米誌脚光「抽選前に…」

    2018.12.06

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。注目の女子は日本から3選手が出場するが、いずれも表彰台に立つ実力は十分だ。5日(日本時間6日)は本番のリンクで公式練習を行ったが、直前の3ショットを米メディアが公開している。

  • 坂本花織、スター2人との“異業種交流2ショット”実現に興奮「良い刺激になりました」

    2018.11.28

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル初出場を決めた坂本花織(シスメックス)がスーパースターと共演を果たしていた。所属先のシスメックスが公式インスタグラムを更新。錦織圭、大坂なおみ(ともに日清食品)とそれぞれの2ショット写真を公開し、反響を集めている。

  • 坂本花織、意地の逆襲劇に海外メディア賛辞「彼女はカモメだ。我々は飛翔を眺める」

    2018.11.04

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は2日(日本時間3日)、ショートプログラム(SP)7位の坂本花織(シスメックス)が140.16点で巻き返し、合計197.42点で3位に入った。見事に表彰台に立った18歳は、演技後に優勝したアリーナ・ザギトワ(ロシア)らとおちゃめに抱擁するシーンをフィンランドスケート協会が画像付きで公開していたが、海外メディアも「前日から大きく挽回」「感情豊かな演技。彼女はカモメだ」と逆襲劇を高く評価している。

  • 坂本花織に「金メダルの可能性」 ザギトワ撃破を米期待「勝負できるのは彼女だけ」

    2018.11.02

    フィギュアスケート、グランプリ(GP)シリーズ第3戦のフィンランド大会が2日、ヘルシンキで開幕する。男子では五輪連覇の羽生結弦(ANA)が注目を集めているが、女子シングルには平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が参戦。日本からは坂本花織(シスメックス)が出場するなど見所の多い一戦を米メディアが特集。プレビューでは大本命ザギトワの対抗馬として坂本に期待をかけている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集