[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

古江彩佳の記事一覧

  • 古江彩佳、逆転東京五輪へ崖っぷち 9打差で最終日へ「自分が出来る限りのことを」

    2021.06.26

    女子ゴルフの国内ツアー、アース・モンダミンカップ3日目は26日、千葉・カメリアヒルズCC(6639ヤード、パー72)で行われた。12位から出た古江彩佳(富士通)は3バーディー、1ボギーの70をマーク。通算7アンダーとして順位は8位に上げたが、首位の菊地絵理香(フリー)との差は9打に広がった。

  • 古江彩佳は「72」で後退「パーセーブに必死」 東京五輪争う稲見萌寧は連続ボギー発進

    2021.06.25

    女子ゴルフの国内ツアー、アース・モンダミンカップは25日、千葉・カメリアヒルズCC(6639ヤード、パー72)で2日目が行われた。東京五輪代表の可能性を残す古江彩佳(富士通)は3バーディー、3ボギーの72で回り、通算5アンダーでホールアウト時点で7位と後退した。五輪代表の座を争う稲見萌寧(都築電気)は午後組でプレー。スタートから2ホール連続ボギーとしている。

  • 逆転東京五輪へ、古江彩佳が67で4位好発進「この試合だけに集中」 稲見萌寧は76位

    2021.06.24

    女子ゴルフの国内ツアー、アース・モンダミンカップは24日、千葉・カメリアヒルズCC(6639ヤード、パー72)で開幕。東京五輪代表の可能性を残す古江彩佳(富士通)は7バーディー、2ボギーの67をマーク。5アンダーで首位と2打差の4位と好発進を決めた。五輪代表を争う稲見萌寧(都築電気)は73。1オーバーで76位と出遅れ、対照的な初日となった。7アンダーの菊地絵理香(フリー)が単独首位。

  • 古江彩佳、67で6位浮上 稲見との五輪レースは「頭の片隅に。今に集中してます」

    2021.06.12

    女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは12日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で3日目が行われ、18位から出た古江彩佳(富士通)は5バーディー、ノーボギーの67で回り、通算10アンダー。ホールアウト時点で首位に5打差の6位に浮上した。

  • オーガスタ女子アマVの梶谷翼に刺激 高校の先輩・古江彩佳は「自分も頑張らないと」

    2021.04.08

    女子ゴルフの国内ツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンが9日から3日間、兵庫・花屋敷GCよかわCで開催される。8日はプロアマが行われた。今季3勝の古江彩佳(富士通)だが、2021年に入ってからはトップ10入りなし。地元で行われる大会への意気込みを口にした。

  • 20歳古江彩佳、3週連続Vへ2位浮上 首位・渋野日向子に肉薄「2イーグルはラッキー」

    2020.11.27

    女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第2日が27日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と4打差の15位で出た20歳の古江彩佳(フリー)は、2イーグル、4バーディー、2ボギーの66で回って通算7アンダー。ホールアウト時点で首位を走る渋野日向子(サントリー)に1打差の暫定2位に浮上し、ツアー通算5勝目となる3週連続優勝を視界に捉えた。

  • 20歳古江彩佳、3打差独走で2週連続V「凄く嬉しい」 4勝目到達は史上3番目の年少記録

    2020.11.22

    女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン最終日は22日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。首位で出た20歳古江彩佳(フリー)が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーで2週連続優勝。アマ時代を含め通算4勝目を挙げた。20歳179日での4勝目は宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3番目の年少記録だ。

  • 20歳古江彩佳、圧巻の「64」で単独首位 2週連続V王手も集中「試合は終わってない」

    2020.11.21

    女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン第3日は21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。1打差3位で出た20歳古江彩佳(フリー)が7バーディー、ノーボギーの64をマーク。通算13アンダーの単独首位で2週連続V、アマ時代を含めてツアー通算4勝目に王手をかけた。2位は11アンダーの笹生優花(ICTSI)。

  • “プロ初V”古江彩佳は3日間ボギーなし 20歳の安定感を裏付ける2つのトップ項目とは

    2020.09.20

    女子ゴルフの国内ツアー、デサントレディース東海クラシック最終日が20日、新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位で出たプラチナ世代の古江彩佳(フリー)は68で回り、通算15アンダー。東浩子(加賀電子)とのプレーオフを制し、プロ転向後、初優勝を成し遂げた。3日間ボギーなしで終えた20歳は「リカバリー率は少しは上がったかな」と安定感あるプレーについて語った。

  • 20歳古江彩佳、“プロ初V”を「邪魔していた」もの アマ優勝時との精神的違いとは

    2020.09.20

    女子ゴルフの国内ツアー、デサントレディース東海クラシック最終日が20日、新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位で出たプラチナ世代の古江彩佳(フリー)は68で回り、通算15アンダー。東浩子(加賀電子)とのプレーオフを制し、プロ転向後、初優勝を成し遂げた。昨年10月に史上7人目のアマチュア優勝を果たしているが、今大会は「後半少し緊張して体も動かなくなってきた」と独特の重圧を感じた1戦だったようだ。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集