[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米オープンの記事一覧

  • セリーナ暴言、ラモス主審は「厳格だが公正」 関係者証言「選手を公平に扱っている」

    2018.09.15

    テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝戦の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの行動を見せた後、記者会見で性差別を主張した。現地のファンからはブーイングを浴びるなど批判の集まったポルトガル人審判だが、関係者は「厳格だが、公正だ」という人間性を評価。ラモス氏への擁護の声が高まっている。

  • セリーナ暴言、渦中の主審に全米協会長が謝罪 1度は女王擁護も、事実誤認で

    2018.09.14

    テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの行動を見せた後、記者会見で性差別を主張。全米テニス協会のカトリーナ・アダムス会長はセリーナの肩を持ち、主審を批判していたが、事実誤認の事態が判明。渦中の主審に手のひら返しの謝罪に出たことが発覚した。英地元紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

  • セリーナ、最新SNS投稿にコメント3万超殺到 決勝に賛否「あなたは謝る必要ある」

    2018.09.12

    テニスの全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れ、4大大会24勝目を逃したセリーナ・ウィリアムズ(米国)。試合中の審判に対する暴言などの振る舞いが大きく波紋を広げているが、セリーナが愛娘の写真を投稿した最新のSNS投稿には3万件を超えるコメントが殺到。「多くの女性がついている」「これからも応援します」「あなたは謝る必要がある」「本当に罪深かったのはあなた」などと賛否の声が届けられている。

  • セリーナ暴言の主審「心配しないで」 渦中の心境吐露「個別の判定は存在しない」

    2018.09.12

    テニスの全米オープン女子シングルス決勝は大坂なおみ(日清食品)がセリーナ・ウィリアムズ(米国)を下し、グランドスラム初優勝を達成したが、波紋を呼んだのは警告を受けたセリーナのカルロス・ラモス主審に対する暴言。「あなた、謝りなさいよ」などの発言がマイクに拾われ、会場中からブーイングが起きる事態となった。観客から厳しい目に晒されることになったラモス主審だが、「私のことは心配しないで」と渦中の心境を吐露している。母国ポルトガル紙が伝えている。

  • 大坂が完成させた「80年ぶり」の4大大会珍記録とは? 海外ファン「これは凄いこと」

    2018.09.10

    テニスの今季4大大会最終戦、全米オープン女子シングルスで日本人初制覇を達成した大坂なおみ(日清食品)。権威あるグランドスラムの歴史に新たに名前を刻んだが、これにより“80年に1度”の珍記録が生まれたという。「WTAインサイダー」公式ツイッターが報じている。

  • 全米OP表彰式でまた騒動… 女子複優勝スピーチ割愛 選手も不満「この方法は拙い」

    2018.09.10

    テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは8日(日本時間9日)の女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が元世界1位の女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)を下し、日本人史上初4大大会シングルス優勝。自身への警告を巡り、大荒れの試合展開となり、表彰式ではブーイングが吹き荒れる事態となったが、翌日の女子ダブルス決勝の表彰式でもアクシデントが発生した。英公共放送BBCが報じている。

  • 大坂なおみ、両親との“親孝行3ショット”が10万超反響 マレーも祝福「君は見事だ」

    2018.09.10

    テニスの今季4大大会最終戦の全米オープンで日本人初のグランドスラム制覇を達成した世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)がインスタグラムを更新。優勝トロフィーとともに、今大会脚光を集めた両親2人との3ショットの画像を公開すると、10万を超える大反響を呼び、男子元世界ランク1位のアンディ・マレー(英国)らも祝福。ファンからは「美しい家族だ」「偉大なファミリー」「あなたの両親は美しい」と称賛が集まっている。

  • 会場は40度超も… 暑すぎる全米OPに米メディアも提言「全豪の対策をモデル化すべき」

    2018.08.30

    テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは27日に開幕したが、選手と観客を襲う猛暑が物議を醸している。熱中症による棄権が相次ぎ、急きょ試合中に休憩を設ける大会史上初の「酷暑ルール」が採用される事態に。しかし、抜本的な問題解決に向け、米メディアも「全豪オープンの酷暑対策を全米オープンでもモデル化すべき」と提言している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー