[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の記事一覧

  • 井上尚弥と激突ドネアが“3連続2R未満KO劇”に豪語「私はあんな楽勝の相手じゃない」

    2019.06.05

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。決勝で対峙する5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は圧巻のKO劇を続けるモンスターに対して「彼にできることは私にもできる。自分はもっとうまくやれる」と断言。

  • 井上尚弥が見せる“モンスター流の敬意”に海外脚光「ドネアを少しも過小評価しない」

    2019.06.05

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。決勝では5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦する井上は優勝の大本命と目される中、フィリピンのレジェンドへの敬意と警戒を忘れない一言に海外メディアは注目している。

  • 井上尚弥がついにPFP3傑! 英専門メディア、クロフォード超えの“モンスター旋風”

    2019.06.04

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で、WBA王者・井上尚弥(大橋)がIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下した。満員のグラスゴーのSSEハイドロで見せつけた鮮烈KO劇で英国内で一気にファン層を拡大したが、英メディアでは最新のパウンド・フォー・パウンドを公開し、モンスターは世界3傑に堂々の選出を果たしている。

  • 井上尚弥のV予想に待った アンカハスは互角主張「ドネアのフック決まれば勝負あり」

    2019.06.04

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦する決勝について、ドネアの同胞でIBF世界スーパーフライ級王者のジェルウィン・アンカハス(フィリピン)は「フィフティ・フィフティ」と互角予想。

  • 井上尚弥、WBSSで沸騰した評価 主催者「当初は“良いパンチャー”の認識だったが…」

    2019.06.03

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。欧州初上陸戦で圧倒的な強さを示したが、WBSSのプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は「今や良いパンチャーから、パウンド・フォー・パウンドの1位に名前を挙がる存在になった」と称賛。

  • 井上尚弥、決勝は米西海岸の聖地or京セラD? 米報道「球場の4万5000人余裕で埋める」

    2019.06.02

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との決勝の舞台はドネア側が要求する米西海岸の「ザ・フォーラム」か、京セラドームが有力候補地に浮上していると、米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 井上尚弥、海外メディアのロドリゲスKO直撃質問に気遣い「実力あんなものじゃない」

    2019.06.01

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。30日にマカオで行われたIBF総会に出席したモンスターはキャリア初の黒星を喫したロドリゲスの実力を「あんなものじゃない」と改めて評価。米メディア「ファイトニュース.com」が報じている。

  • 井上尚弥、因縁アンカハスとマカオで対面 比メディアは待望「夢の対戦求めている」

    2019.06.01

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。5月30日にマカオで行われたIBF総会に出席したが、同席したIBFスーパーフライ級世界王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との対決にフィリピンメディアは注目している。

  • 井上尚弥に新たな名誉 IBF総会で「アジアで最も支配的なボクサー賞」受賞

    2019.06.01

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)が30日にマカオで行われたIBF総会に出席し、「アジアで最も支配的なボクサー賞」を受賞した。米メディア「ファイトニュース.com」が報じている。

  • 井上尚弥を“怒らせた事件”に海外メディア再注目「“モンスター”イノウエは…」

    2019.05.31

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。事実上の決勝と呼ばれた試合前の公開練習では、ロドリゲス陣営を視察した父・真吾トレーナーが突き飛ばされる騒動も話題となったが、海外メディアでは試合後の王者のセリフを改めて紹介。脚光を浴びせている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集