[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の記事一覧

  • 井上尚弥は「解き放たれたモンスター」 WBSS正式参戦決定に米メディア大興奮

    2018.07.12

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)が、バンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に参戦することが11日、正式決定。このニュースを受けて米メディアは「WBSSには解き放たれたモンスターがいるだろう」と最強王者の参戦を大歓迎している。

  • 井上尚弥、WBSS参戦正式決定! 「もちろん優勝を目指します」

    2018.07.11

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。バンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)への参戦が正式決定した。11日、大会公式サイトが発表した。

  • 井上尚弥、K-1王者とのコラボ写真にファン歓喜 「やばい2ショット」「最強同士」

    2018.07.07

    ボクシングの3階級制覇王者の井上尚弥(大橋)がインスタグラムを更新。K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者・武尊(たける)との2ショットを公開し、ファンを歓喜させている。

  • 井上尚弥出場のWBSS、ドネアに加え元スーパー王者も 参戦決定7人中6人が王者経験者

    2018.07.07

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。バンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)への参戦を表明しているが、この世界最高の舞台に、元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)に加え、元WBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)が参戦することが明らかになった。ESPNが報じている。

  • 井上尚弥、あのリング誌PFPランクでついに5傑入り! 日本人初の快挙

    2018.06.13

    ボクシングで日本人最速の3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)がパウンド・フォー・パウンド(PFP)でついに5傑入りを果たした。伝統ある米専門誌「リング」が12日(日本時間13日)にPFPランキングを更新。前回までの6位から5位に昇格させた。同誌のランキングで日本人ボクサーがトップ5に入るのは初めて。

  • 井上尚弥、たった112秒で“バンタム級最強”に 海外メディアが最新格付け1位に選出

    2018.06.07

    ボクシングで日本人最速3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。海外メディアが公開した最新のバンタム級格付けで堂々の首位に選出された。弟の拓真(大橋)も同級5位に食い込み、元WBOライトフライ級王者の田中恒成(畑中)はフライ級で1位に選出されている。

  • 井上尚弥は練習相手も強くする!? 英ボクサー「沢山学んだ。リングで誰も怖くない」

    2018.06.06

    ボクシングで日本人最速の16戦で3階級制覇を達成した井上尚弥(大橋)。前WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英国)とのタイトルマッチでは1回1分52秒で衝撃的なTKO勝利。この裏には試合に臨むまでの万全の準備があった。井上のスパーリングパートナーを務めた英国人ボクサーのラザ・ハムザは母国メディアに対し、「たくさん学んだ。今や自分はリングで誰も怖くないよ」と収穫が大きかったと強調している。

  • 井上尚弥に敗れたマクドネル、壮絶減量の裏側告白 「5、6回バスルームで嘔吐した」

    2018.06.05

    ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチで正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ちを収め、3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。その一方で、10年間無敗を守った英国人ファイターはわずか112秒でベルトを失うことになった。悔し涙を流した敗者は決戦前日に降りかかった壮絶な減量地獄を告白している。英地元紙「ドンカスター・フリープレス」が報じている。

  • 井上尚弥に敗北、前王者の自宅が空き巣被害に… 続く悲劇に「ストレスがたまるよ」

    2018.06.05

    ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチで正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ちを収め、3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。一方、10年間無敗を守ったマクドネルはわずか112秒でベルトを失うことになったが、その裏で更なる悲劇に見舞われていたことが明らかになった。地元紙「ドンカスター・フリープレス」が報じている。

  • 井上尚弥の昇級でSF級戦線が活性化!? かつてのライバル母国紙「安堵のため息が…」

    2018.06.03

    ボクシングで日本最速16戦目で3階級制覇を達成したWBAバンタム級世界王者・井上尚弥(大橋)。5月のバンタム級転向初戦で、10年間無敗だったジェイミー・マクドネル(英国)に、わずか112秒でTKO勝ちした。「The Monster」の異名通りの強さを見せた井上が階級を上げたことで、「スーパーフライ級の王者たちはホッと胸を撫で下ろすだろう」と、タイ地元紙「バンコク・ポスト」が報じている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー