[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ローマン・ゴンサレスの記事一覧

  • 敗戦ロマゴン陣営、エストラーダと3度目対戦希望 米報道「次戦で再戦を望んでいる」

    2021.03.15

    ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が対戦。エストラーダが2-1(115-113、117-111、114-115)の判定で勝利し、2団体のベルトを統一した。ジャッジの採点も割れる大接戦でベルトを失ったロマゴン陣営はダイレクトリマッチを望んでいるという。米記者が伝えている。

  • ロマゴン、PFP最強だったフライ級時代を地元紙回顧「イノウエ相手でも本命に見えた」

    2021.03.06

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳)とWBC同級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の王座統一戦が、13日(日本時間14日)に米カリフォルニア州カーソンで開催される。ニカラグア地元紙は、ロマゴンがパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強と称されたフライ級時代と、スーパーフライ級昇格後の苦しみに注目。「イノウエ相手でも本命に見えた」と振り返っている。

  • もし井上尚弥戦が実現していれば…ロマゴン母国紙が言及「ファイトマネー1億円だった」

    2021.02.12

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳)とWBC同級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の王座統一戦が、3月13日に米カリフォルニア州カーソンで開催される。ニカラグア地元紙は、ゴンサレスが過去10戦で勝ち取ったファイトマネーに注目。仮にWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との対戦が実現していた場合の金額にも言及している。

  • ロマゴンvsエストラーダがついに実現 来年3月統一戦を陣営示唆「ビッグな計画ある」

    2020.12.18

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳)とWBC同級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)による統一戦が来年3月に開催される見込みとなった。海外メディアが報じている。

  • 井上尚弥戦には消極的 ロマゴンの胸中を地元紙分析「彼はリスクを冒したくない」

    2020.08.31

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。2020年初戦が待たれる中、WBA世界スーパーフライ級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がモンスターとのドリームマッチ実現の可能性について言及。地元メディアは「彼はリスクを冒したくない」「キャリアの終盤に冷たいキャンバスにもう触れたくない」とロマゴンの心情を分析している。

  • ロマゴンがバンタム級挑戦に意欲 「私の夢」5階級制覇の野望へ「不可能はない」

    2020.03.11

    ボクシングの4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)はWBAスーパーフライ級タイトルマッチで王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座に返り咲いた。復権に成功したロマゴンは「夢はバンタム級でチャンピオンになること」と新たな野望を口にしている。ニカラグア地元紙「ラ・プレンサ」が報じている。

  • ロマゴン、次戦相手に井岡一翔を熱望 「本当に検討しているのはイオカとの統一戦だ」

    2020.03.03

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は2月29日(日本時間3月1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。再び頂点に輝いたロマゴンは次戦の相手を指名。日本で7月に、WBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)と対戦する意向を明らかにしたという。ニカラグア地元紙「ラ・プレンサ」が「エストラーダでも、ナオヤ・イノウエでもない」と特集している。

  • 復活ロマゴンの次戦 米記者が井岡一翔よりも「最も魅力的」と待望する選手とは?

    2020.03.02

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は29日(日本時間1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。3年ぶりにベルトを手にしたゴンサレス。次戦はWBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)ら、統一戦に打って出る構えだというが、米記者は「最も魅力的なファイト」としてWBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の名前を挙げている。

  • 王座奪取ロマゴン、復活の“右一撃KO”を米メディア称賛「これは間違いなく芸術だ」

    2020.03.01

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は29日(日本時間1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。3年ぶりの世界タイトル奪取となり、復活を遂げた32歳について本場・米メディア、記者も「これは間違いなくチョコラティートの芸術だ」などと称賛している。

  • 「井上尚弥らを避けてきたのは賢明」 ロマゴンと激突ヤファイに米メディアが皮肉

    2020.01.18

    ボクシングの元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が2月29日に米テキサス州フリスコでWBA世界スーパーフライ級王者カリド・ヤファイ(英国)と対戦することが決まった。かつてパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強と呼ばれたロマゴンの世界挑戦に注目が集まる一方、米メディアはこれまで強敵相手のマッチメークのなかった王者ヤファイについて「ナオヤ・イノウエらから避けてきたのは賢明だった」と皮肉っている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集