[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ローマン・ゴンサレスの記事一覧

  • ロマゴンがバンタム級挑戦に意欲 「私の夢」5階級制覇の野望へ「不可能はない」

    2020.03.11

    ボクシングの4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)はWBAスーパーフライ級タイトルマッチで王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座に返り咲いた。復権に成功したロマゴンは「夢はバンタム級でチャンピオンになること」と新たな野望を口にしている。ニカラグア地元紙「ラ・プレンサ」が報じている。

  • ロマゴン、次戦相手に井岡一翔を熱望 「本当に検討しているのはイオカとの統一戦だ」

    2020.03.03

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は2月29日(日本時間3月1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。再び頂点に輝いたロマゴンは次戦の相手を指名。日本で7月に、WBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)と対戦する意向を明らかにしたという。ニカラグア地元紙「ラ・プレンサ」が「エストラーダでも、ナオヤ・イノウエでもない」と特集している。

  • 復活ロマゴンの次戦 米記者が井岡一翔よりも「最も魅力的」と待望する選手とは?

    2020.03.02

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は29日(日本時間1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。3年ぶりにベルトを手にしたゴンサレス。次戦はWBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)ら、統一戦に打って出る構えだというが、米記者は「最も魅力的なファイト」としてWBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の名前を挙げている。

  • 王座奪取ロマゴン、復活の“右一撃KO”を米メディア称賛「これは間違いなく芸術だ」

    2020.03.01

    ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は29日(日本時間1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。3年ぶりの世界タイトル奪取となり、復活を遂げた32歳について本場・米メディア、記者も「これは間違いなくチョコラティートの芸術だ」などと称賛している。

  • 「井上尚弥らを避けてきたのは賢明」 ロマゴンと激突ヤファイに米メディアが皮肉

    2020.01.18

    ボクシングの元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が2月29日に米テキサス州フリスコでWBA世界スーパーフライ級王者カリド・ヤファイ(英国)と対戦することが決まった。かつてパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強と呼ばれたロマゴンの世界挑戦に注目が集まる一方、米メディアはこれまで強敵相手のマッチメークのなかった王者ヤファイについて「ナオヤ・イノウエらから避けてきたのは賢明だった」と皮肉っている。

  • ロマゴン、「2.29」世界挑戦が正式決定 26戦全勝のWBA・Sフライ級王者とビッグマッチ

    2020.01.17

    ボクシングの元4階級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が2月29日、米テキサス州フリスコでWBA世界スーパーフライ級王者カリド・ヤファイ(英国)と対戦することが発表された。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • ロマゴン、2月に世界挑戦浮上 ターゲットは26戦全勝、5度防衛中のWBA・Sフライ級王者

    2020.01.07

    ボクシングの元4階級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は昨年12月23日、1年3か月ぶりの復帰戦で圧巻の2回TKO勝利。かつてのパウンド・フォー・パウンドで1位にまで上り詰めた男が再びの世界挑戦へ向けて、再スタートを切った。次戦の相手としてWBA世界スーパーフライ級王者カリド・ヤファイ(英国)と交渉を進めていることが明らかになった。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集