[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロジャー・フェデラーの記事一覧

  • 「パニックに陥らなかった」フェデラー、決勝のチリッチ警戒「信じられないプレーをする」

    2017.07.15

    男子テニスシングルス世界ランク5位のロジャー・フェデラー(スイス)は、2年ぶり11度目のウィンブルドン決勝進出を果たした。準決勝で同15位のトーマシュ・ベルディヒ(チェコ)にストレート勝ち。ATPワールドツアー公式サイトによると、フェデラーは試合後「パニックに陥らなかった」と振り返ったという。

  • フェデラー、35歳でなお貫く「王者の矜持」 「キャリア終盤でも常に強くありたい」

    2017.07.14

    男子テニスのウィンブルドンで4年連続の4強進出を果たしたロジャー・フェデラー(スイス)。今大会はフェデラー以外のいわゆる「BIG4」が敗退しており、35歳の健在ぶりが再びスポットライトを浴びている。ATP公式サイトによると、本人は「キャリア終盤でも常に強くありたいと思っている」と王者の矜持を明かしたという。

  • 故障続きの「BIG4」は休養すべきか 復活フェデラーは「個人的には効果的だった」

    2017.07.13

    テニス男子シングルス世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)はウィンブルドン準々決勝で同7位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に6−4、6−2、7−4でストレート勝ちを収め、4強進出した。一方、同1位のアンディ・マレー(英国)と同4位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は故障の影響で敗退。かつての強さを取り戻しているフェデラーは、自身の“休養論”を明かした。米ESPNが報じた。

  • 全米OPでコーチ助言解禁を検討 トップ選手も賛否、フェデラーは「完全に反対だ」

    2017.07.13

    現在、ウィンブルドンで熱戦が繰り広げられ、トップ選手の技でファンを魅了しているテニスのグランドスラム。最終戦は来月、全米オープンが開幕を迎えるが、異例の施策が導入される可能性が高まっているという。通常、公式戦では試合中にコーチをコート内に入れず、選手に対するアドバイスを禁じられているが、今大会からコーチングの解禁を検討。これを受け、「BIG4」と呼ばれるスーパースターも導入の是非を巡り、意見が真っ二つに分かれている。米テニス専門サイト「テニス.com」が報じた。

  • ウィンブルドン決勝に進む2人は誰? 元全英王者が展望「彼らの決勝を見たい」

    2017.07.12

    男子テニスのウィンブルドンはベスト8が出そろった。前年王者のアンディ・マレー(英国)、今年に入って好調をキープするロジャー・フェデラー(スイス)、不調からの復活を期すノバク・ジョコビッチ(セルビア)らが名を連ねているが、英衛星放送局「スカイ・スポーツ」では、かつてのウィンブルドン王者が決勝カードを予測した。

  • 「グランドスラム常勝」のフェデラー、8強進出で打ち立てた「2つの金字塔」

    2017.07.11

    男子テニスのウィンブルドンは10日、4回戦で世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)が同11位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に、6−4、6−2、6−4のストレートで準々決勝進出。ATPワールドツアー公式サイトによると、史上単独トップの8度目の優勝を目指す芝の王者は、2つの金字塔を打ち立てたという。

  • 選手として父として― フェデラーが捧げる“愛妻”への感謝「彼女なしでは…」

    2017.07.09

    男子テニスのウィンブルドンは8日に3回戦が行われ、16強が出揃った。第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)はミーシャ・ズベレフ(ドイツ)をストレートで下し、4年連続となる3回戦突破。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」は、試合後の会見で愛妻のサポートに感謝を述べたと伝えている。

  • 「ナーバスさ」を振り払ったフェデラー、3回戦展望「リターンに慣れておくことが必要」

    2017.07.07

    テニス男子シングルス世界ランク5位のロジャー・フェデラー(スイス)が、ウィンブルドン2回戦で同79位のドゥシャン・ラヨビッチ(セルビア)に3-0で勝利し、3回戦に駒を進めた。しかし、ストレート勝ちの結果とは裏腹に、フェデラーは試合後の会見で「ナーバスになった」と振り返っている。ATP公式サイトが報じている。

  • 勝つたびに歴史を変えるフェデラー、初戦突破の裏で達成した“2つの偉業”とは

    2017.07.06

    テニス男子シングルス世界ランク5位のロジャー・フェデラー(スイス)が、ウィンブルドン1回戦で同84位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦。1-0で迎えた第2セットの3-0の時点でドルゴポロフが右足首の故障で棄権し、15年連続で初戦突破。この白星の裏では、ある“2つの偉業”を達成した。ATP公式サイトは「フェデラーがウィンブルドンで節目の1日を享受する」と報じている。

  • 通算92勝目に集約されたフェデラーの強さ 「芝の支配者」が誇る驚異の数字とは

    2017.06.26

    男子テニスシングルス世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)は25日、ゲリー・ウェバー・オープン決勝で同12位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-1、6-3で下し、自身大会9度目の優勝を果たした。自身の持つ最多優勝記録を92に伸ばしたレジェンドに対し、海外メディアは「人生最高のフォーム」「歴史上で最も偉大な芝の支配者」と圧巻の強さを絶賛している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集