[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロジャー・フェデラーの記事一覧

  • フェデラー、上半身の違和感も言い訳はせず 勝者を称賛「私は持てるもので戦った」

    2019.09.04

    テニスの4大大会最終戦・全米オープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス準々決勝で世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同78位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に6-3、4-6、6-3、4-6、2-6でフルセットの末に敗れた。

  • 大坂なおみVS15歳ガウフにフェデラーも興味 「明日は凄い1日になるね」と心待ち

    2019.08.31

    テニスの4大大会最終戦、全米オープンは女子シングルス3回戦で連覇を狙う第1シードの大坂なおみ(日清食品)は15歳の新星コリ・ガウフ(米国)と対戦する。今大会大注目の天才少女と前回女王のマッチアップについて、男子シングルス世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)が分析している。全米オープン公式サイトが報じている。

  • フェデラー苦笑い 勝利後に受けた“ナダル1字違い質問”に海外賛否「馬鹿げた質問」

    2019.08.27

    テニスの全米オープンは26日、男子シングルス1回戦で世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同190位のスミット・ナガル(インド)を4-6、6-1、6-2、6-4の逆転で破った。予選勝者相手に第1セットを奪われるなど、思わぬ苦戦を強いられた名手だったが、対戦相手の名前を巡り、試合後のインタビューで受けた質問に賛否が分かれている。

  • フェデラーがユニクロを選んだ理由を初告白 母国紙「年33億円のお金だけじゃない」

    2019.08.17

    テニス界の生けるレジェンド、ロジャー・フェデラー(スイス)は昨夏から日本の衣料ブランド「ユニクロ」と契約し、試合用のウェアは同社のものを着用している。当時は10年総額3億ドル(約319億円)と報じられた。26日に開幕する全米オープンの新ウェアも発表されているが、フェデラーは母国スイスでユニクロを選んだ理由について初告白している。

  • 錦織もカラフルに登場 ユニクロの“全米OP新ウェア”に海外反響「これかなり好き」

    2019.08.11

    テニスの4大大会最終戦・全米オープンへ向け、ユニクロと契約している男子世界ランク6位・錦織圭(日清食品)と同3位ロジャー・フェデラー(スイス)の新ウェアがお披露目された。同社が公式インスタグラムで公開し、海外ファンから反響の声が集まっている。

  • フェデラー、敗戦直後の“粋な一言”が再生110万超 海外反響「脱帽だよフェデラー」

    2019.07.15

    テニスの4大大会ウィンブルドンは14日、男子シングルス決勝でロジャー・フェデラー(スイス)はノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-7、6-1、6-7、6-4、12-13で決勝史上最長4時間57分の激闘の末に惜敗。9度目となる戴冠を逃した。しかし、37歳のレジェンドは敗戦直後のコート上インタビューで“粋な一言”で会場のファンを魅了。実際のシーンを大会が動画付きで公開すると再生回数は110万回を突破し、「このインタビューは、真の王者ロジャーが何者かを見せた」などと海外の喝采を集めている。

  • フェデラー、ナダル撃破の“超鋭角片手バックハンド”に大会仰天「どうやったら…」

    2019.07.13

    テニスの4大大会ウィンブルドンは12日、男子シングルス準決勝で世界ランク3位ロジャー・フェデラー(スイス)が7-6、1-6、6-3、6-4で、同2位ラファエル・ナダル(スペイン)に勝利。永遠のライバルを破り、決勝進出を決めた。第4セットで見せた超鋭角の片手バックハンドウイナーを大会公式が動画付きで公開。ファンを驚愕させている。

  • 「ニシコリの戦意を挫いた」 強すぎたフェデラー、歴史的100勝に海外メディア称賛

    2019.07.11

    テニスの4大大会ウィンブルドンは10日、男子シングルス準々決勝で世界ランク7位・錦織圭(日清食品)は同3位ロジャー・フェデラー(スイス)に6-4、1-6、4-6、4-6で逆転負け。一方、勝ったフェデラーは史上初の大会通算100勝を達成した。第4セットには不利な展開から“超鋭角バックハンド”を炸裂させ、思わず錦織も膝に手を突いてガックリとした超美技を大会が動画付きで公開し、話題を呼んでいたが、37歳の圧倒ぶりについて、海外メディアは「ニシコリの戦意を挫いた」などと称賛している。

  • 錦織もガックリ フェデラーの“超鋭角バックハンド”に海外絶賛の嵐「尋常じゃない」

    2019.07.11

    テニスの4大大会ウィンブルドンは10日、男子シングルス準々決勝で世界ランク7位・錦織圭(日清食品)は同3位ロジャー・フェデラー(スイス)に6-4、1-6、4-6、4-6で逆転負け。一方、勝ったフェデラーは芝の王者らしい戦いぶりで4強進出を決めたが、なかでも沸かせたのは、第4セットの“超鋭角バックハンド”だ。不利な展開から完璧な一撃を披露。思わず錦織も膝に手を突いてガックリと来た実際のシーンを大会が絶賛し、動画付きで公開。海外ファンも「尋常じゃない」「凄まじい技術」と驚いている。

  • スーパースター勢揃い! ナダル&フェデラーらのディナー共演に大反響「史上最高」

    2019.06.28

    テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は7月1日に開幕する。世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)がインスタグラムを更新。同3位ロジャー・フェデラー(スイス)、同4位ドミニク・ティエム(オーストリア)、同5位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)らとの豪華ディナーショットを公開。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集