[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ルイス・ネリの記事一覧

  • ネリの“加入”で恩恵!? “チームカネロ”の21歳超新星「いい感じだよ。いつも通りに」

    2020.01.22

    ボクシングの元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーを務めるフレディ・ローチ氏から離れ、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することになったが、新たに陣営入りしたネリらとのキャンプについて、WBC世界ライト級シルバー王者のライアン・ガルシアが語っている。海外ボクシング専門メディア「ファイトニュース.com」が報じている。

  • ネリの名前はなぜ消えた? リング誌格付け「1位→追放」は「ルール軽視の嫌悪感が…」

    2020.01.17

    昨年11月のボクシングのWBC世界バンタム級挑戦者決定戦で体重超過を犯し、試合が中止となった元WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)。指名挑戦権を失い、WBCからランキングから除外される制裁を受けたが、「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「ザ・リング」もバンタム級格付けで1位から一気にランク外となった。なぜ、悪童の名前は消えたのか。専門家は「ネリの常習的なルール軽視に対する嫌悪感」と一刀両断している。 

  • ネリ、Sバンタム級転向ならいきなりビッグマッチか WBC王者バルガスの相手候補に浮上

    2020.01.15

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は新たに、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することになった。WBCのバンタム級ランクからは外れることになったネリだが、WBCスーパーバンタム級世界王者レイ・バルガス(メキシコ)のプロモーター変更に伴い、有力対戦候補に浮上したと報じている。

  • ネリ、まさかのバンタム級残留!? 体重超過常習犯、昇級意見に米記者「118ポンド」

    2020.01.14

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーを務めるフレディ・ローチ氏から離れ、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することになった。度重なる体重超過でボクシング界の問題児となっているが、米記者はネリがバンタム級に留まると予想している。

  • ネリは“25歳部門”で世界トップ級 ESPN選出「年齢別最強ボクサー」の同い年No.1は?

    2020.01.11

    ボクシングの元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)。WBCからは世界ランク1位からランク外とする処分を下されたが、米メディア選定の年齢別格付けで25歳部門でWBA世界ライト級王者ガーボンタ・デービス(米国)に続く、「次点」に選出。本場では変わらず高い評価を受けている。

  • ネリ、“チーム・カネロ”入りの狙いとは? 米メディアが指摘する3つの理由

    2020.01.11

    ボクシングの元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーを務めるフレディ・ローチ氏から離れ、4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することになった。そのトレーナー変更の目的として3つの理由を米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

  • ネリ、1戦もせずにトレーナー変更へ 名伯楽ローチ氏と決別し“チーム・カネロ”入り

    2020.01.10

    昨年11月に予定されていたボクシングのWBCバンタム級指名挑戦者決定戦の前日計量で体重超過し、試合が中止となった元WBC世界王者ルイス・ネリ(メキシコ)。WBCからは世界ランクから外す処分を下されたネリだが、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーを務めるフレディ・ローチ氏を離れ、4階級制覇王者カネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することが明らかになった。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

  • ネリ、メキシコの地元メディアが「年間最高ボクサー」選出 “幻の第3戦”は触れず

    2020.01.07

    昨年11月に予定されていたボクシングのWBCバンタム級指名挑戦者決定戦の前日計量で体重超過し、試合が中止となった元WBC世界王者ルイス・ネリ(メキシコ)。WBCは世界ランク1位からランク外とする処分を下されたが、母国メキシコの地元メディアは「年間最高ボクサー」にまさかの選出。地元人気の高さが浮き彫りになっている。

  • 井上尚弥、ネリは敵じゃない 米選出「2020年必見の対戦」で激突期待のレジェンドは?

    2020.01.03

    ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝。パウンド・フォー・パウンドでも3傑入りするなど、2019年のボクシング界の主役の1人となったWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。海外メディアでは“2020年に見たいマッチアップ10傑”に、井上vs元五輪連覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)戦をピックアップ。寸評では「ルイス・ネリでは相手にならない」とし、メキシコの悪童ではモンスターに太刀打ちできないと分析している。

  • 【名珍場面2019】問題児ネリ、左一発でパヤノ悶絶KO 米メディア絶賛「獰猛なボディショットだ」

    2019.12.28

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は7月にボクシングのルイス・ネリ(メキシコ)が演じた鮮烈KOだ。WBCシルバータイトルがかけられた一戦で同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を9回に強烈な左ボディブローでキャンバスに沈めた。圧巻のシーンは米メディアも取り上げ、反響を呼んだ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集