[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラファエル・ナダルの記事一覧

  • ナダル大興奮 異次元の“獣ショット”に世界が驚嘆「別の世界から来た存在だ」

    2017.09.03

    テニスの全米オープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス3回戦で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が同59位のレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)に6-7、6-3、6-1、6-4の逆転勝ち。2年連続の16強入りを果たしたが、3時間を超える死闘で、これぞ王者というスーパーショットを披露。大会公式ツイッターが「全員にとって天下一品…しかし、ナダルにとっては普通のこと…」と動画付きで紹介すると、ファンから「獣のようなショットだ」「こんなショットできるのはナダルだけ」と称賛が殺到している。

  • ダニエル太郎、ナダル撃破の番狂わせならず 世界NO1を苦しめるも悔しい逆転負け

    2017.09.01

    テニスの全米オープン男子シングルス2回戦で世界ランキング121位・ダニエル太郎(エイブル)が10・13年大会王者で同1位のラファエル・ナダル(スペイン)に6-4、3-6、2-6、2-6で逆転負けを喫し、初の3回戦進出はならなかった。

  • 世界ランク1位ナダル、全米OP展望で思わず“本心”「フェデラーとの対戦は好まない」

    2017.08.28

    男子テニスのグランドスラム今季最終戦、全米オープンは28日に開幕する。トップランカーに欠場者が続出している今大会の注目はやはり、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同3位のロジャー・フェデラー(スイス)だ。組み合わせのドローが決まり、両者は準決勝で激突する可能性があるが、ナダルは思わず“本心”をこぼしている。米紙「ワシントン・ポスト」が報じた。

  • 「永遠のNO1」 3年ぶり世界1位のナダル、感謝の言葉にファン感激「誇りに思う」

    2017.08.22

    男子テニス界の「BIG4」の一角、ラファエル・ナダル(スペイン)は8月21日に発表された最新のシングルス世界ランキングで、2014年7月以来となるトップへと返り咲いた。スペインの英雄はツイッターを更新し、ファンに向けて感謝のメッセージを発信。これを受け、ファンからは「永遠のNO1」「誇りに思う」といった熱い返信が届いている。

  • スターとスーパースターの違い フェデラー&ナダルに「アイスホッケーの神様」も感服

    2017.08.09

    男子テニスのロジャーズ・カップが7日(日本時間8日)、カナダのモントリオールで開幕した。世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)と同3位のロジャー・フェデラー(スイス)も参戦するが、カナダが生んだ「アイスホッケーの神様」も2人をリスペクトしているとATPワールドツアー公式サイトが伝えている。

  • 1試合で最も稼ぐテニス選手は誰? 錦織もランクイン、1位に輝いたのは…

    2017.07.26

    テニスのトップ選手たちは1試合当たりにどのくらい稼ぐのか――。このほど海外メディアが賞金額に関する特集を組み、1試合当たりの平均賞金額ランキングを紹介した。同ランキングでは錦織圭(日清食品)も上位に登場している。

  • ナダルの“20秒の直立” 感動はサッカー界に波及 レアル司令塔「偉大な人間だ」

    2017.07.12

    男子テニスのウィンブルドン4回戦で世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)は同26位のジレ・ミュラー(ルクセンブルク)に4時間48分に及ぶフルセットの死闘の末、2-3で惜敗した。優勝候補の一角の31歳は試合後に気高い“20秒の直立”によるスポーツマンシップを披露したが、サッカー界のスーパースターも「偉大な選手! 偉大な人間だ」と称賛。他競技の名手も脱帽している。

  • ナダル、敗戦後の“20秒の直立”に称賛の嵐「本物の紳士」「断トツの品格」

    2017.07.11

    男子テニスのウィンブルドンは10日、4回戦で世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)が同26位のジレ・ミュラー(ルクセンブルク)と対戦。4時間48分に及ぶフルセットの死闘の末、3−6、4−6、6−3、6−4、13-15で惜敗した。優勝候補の一角の31歳にとって、全仏オープンに続くグランドスラム優勝は叶わなかったが、試合後に気高い“20秒の直立”によるスポーツマンシップを披露。大会公式ツイッターが「敗北の中にも品格」と動画付きで紹介し、称賛の嵐を呼んでいる。

  • ナダル「正しい方向性」に自信 3年ぶり3回戦進出「進むべき道に従うだけ」

    2017.07.06

    男子テニスのウィンブルドン2回戦で世界ランキング4位のラファエル・ナダル(スペイン)がドナルド・ヤング(米国)を3-0のストレートで下し、3年ぶりに3回戦進出。ATP公式サイトによると、ナダルは「正しい方向に進んでいる」と聖地での躍進に自信を見せている。

  • ナダルが「皆さんに伝えたい」激戦全英の難しさ 「早期敗退もあり得る大会だ」

    2017.07.03

    男子テニスの四大大会、ウィンブルドンが3日に開幕する。トッププレーヤーが勢ぞろいする中で、全仏オープンで前人未到の10度目の王者に輝いたラファエル・ナダル(スペイン)も2年ぶりとなる聖地での戦いを心待ちにしながら「皆さんに伝えたい」ことを明かしている。ATP公式サイトが伝えた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集