[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラファエル・ナダルの記事一覧

  • 「彼が去っていくのを見るのは…」 フェデラー、途中棄権ナダルに“粋なSMS”送信

    2018.01.26

    テニスの全豪オープンは大会終盤を迎え、男子シングルスはマリン・チリッチ(クロアチア)が同国出身選手として初の決勝進出。もう1つの椅子を懸けて、26日に世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)と同58位チョン・ヒョン(韓国)が準決勝を戦うが、36歳のレジェンドは準々決勝直後のインタビューで、負傷棄権したライバルのラファエル・ナダル(スペイン)にテキストメッセージを送ったことを明かした。ATP公式サイトが伝えている。

  • 途中棄権で悔しさ爆発ナダル 対戦相手から届いたエールとは?

    2018.01.24

    テニスの全豪オープン男子シングルスの準々決勝で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)は同6位のマリン・チリッチ(クロアチア)に敗戦。フルセットの大激戦の末、最後はナダルが右太もものアクシデントに襲われて途中棄権した。対戦相手のチリッチは、試合直後に自身のツイッターで、悔しさを爆発させたナダルを気遣うコメントを発信。“美しきライバル関係”が話題を集めている。

  • 男子テニス界を彩ったのは? 17年をATP公式が数字で総括…キーワードは「世代間」

    2017.12.26

    2017年の男子テニス界は、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同2位のロジャー・フェデラー(スイス)の復活が大きく脚光を浴びるシーズンとなった。ATP公式サイトはツアーに関するデータをまとめ、今年飛躍を遂げた杉田祐一(三菱電機)の名も挙げられている。

  • 地球何周分? 世界NO1ナダル、大会参加予定「18」の総移動距離にスペイン紙注目

    2017.12.20

    男子テニスの世界ランク1位ラファエル・ナダル(スペイン)は、2017年シーズンに全仏オープン、全米オープンとグランドスラムで2度優勝するなど、近年の故障から見事に復活を果たした。「赤土の帝王」の異名を取るクレーコートの名手は、来たる新シーズンはトーナメント参加数を制限する予定だが、それでも総移動距離は10万キロを超える過酷な1年に挑むことになるという。スペイン紙「マルカ」が報じている。

  • ナダル、衰えない闘争心 シーズン初戦からの出場を明言「再スタートする必要がある」

    2017.12.06

    男子テニスのラファエル・ナダル(スペイン)は、2017年シーズンを世界ランク1位で終えた。最終戦となったATPツアーファイナルズを膝の負傷で棄権したが、来たる新シーズンに向けて順調に回復しているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が伝えた。

  • 【名珍場面2017】ナダル、敗戦後の“20秒の直立”に称賛の嵐「本物の紳士」「断トツの品格」

    2017.12.04

    2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は7月にテニスのウィンブルドンでラファエル・ナダル(スペイン)が演じた「敗戦後の20秒の直立」だ。

  • ウッズ、復活劇を“もう一人のレジェンド”観戦が米話題「偉人が別の偉人を観戦」

    2017.12.04

    米男子ゴルフのヒーローワールドチャレンジ最終日は3日(日本時間4日)、元世界ランク1位タイガー・ウッズ(米国)は4アンダーの「68」で回り、通算8アンダーの9位タイでフィニッシュした。英雄の復帰戦は大きな注目を集めていたが、最終日にはテニスの世界ランク1位ラファエル・ナダル(スペイン)が観戦。ウッズのプレーに拍手を送る姿をPGAツアー公式ツイッターが動画付きで紹介し、話題を呼んでいる。

  • テニス界が変わる? “25秒ルール”に二大巨頭が難色「有益とは思えない」

    2017.11.22

    男子テニスの新シーズンは、12月31日から始まるブリスベン国際で幕を開ける。そんな中、来年1月に行われる全豪オープンから「ショットクロック制度」の正式導入が決定。プレーヤーは25秒以内にサービスを打たなければ、ペナルティーが課されることになるが、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同2位のロジャー・フェデラー(スイス)はこの決定に異議を唱えている。英公共放送「BBC」が報じた。

  • 「奇跡だったよ」 ナダル、最終戦は「棄権」も前向き「今回、良かったことは…」

    2017.11.15

    男子テニスのシーズン最終戦、ATPツアーファイナルズに出場していた世界ランク1位、ラファエル・ナダル(スペイン)は13日(日本時間14日)に行われたラウンドロビン初戦、ダビド・ゴフィン(ベルギー)に敗れ、試合後に大会棄権を発表。よもやの形でシーズンを終えたナダルだが、会見では来季開幕までに万全にすると誓った。英公共放送「BBC」が伝えている。

  • ナダル、膝は「残り数日で100%」は困難 今季集大成へ「準備できると信じて…」

    2017.11.12

    今季の男子テニスを締めくくるATPツアーファイナルズが12日(日本時間13日)にイギリス・ロンドンで開幕する。今大会の主役候補は、今年のグランドスラムを2人で分け合ったラファエル・ナダル(スペイン)とロジャー・フェデラー(スイス)であることは間違いない。ただ、試合前の会見に臨んだナダルは「膝の調子は完璧ではない」と語ったという。英公共放送「BBC」が報じた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー