[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラファエル・ナダルの記事一覧

  • ナダル、客席落下後の“粋すぎる行動”に絶賛の嵐「私の所に落ちて」「レジェンドだ」

    2018.07.13

    テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンで準決勝進出を決めた世界ランク1位ラファエル・ナダル(スペイン)。準々決勝ではフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)を5時間近い死闘の末に下したが、試合中に見せた粋なシーンが話題を呼んでいる。ボールを追いかけ、勢い余って客席に落下。すると最前列の観客を気遣って握手を交わし、大喜びさせた瞬間を大会公式が動画で公開し、海外ファンから「私の所に彼が落ちてくれば良いのに」「今まで観たプレーで最高だね」と絶賛を呼んでいる。

  • ナダル、魔法の“股抜きロブ”が再生50万超の大反響「狂気の沙汰」「人間じゃない」

    2018.07.09

    連日、熱戦が繰り広げられているテニスの4大大会第3戦のウィンブルドン。多くの名手が魅惑のプレーを披露しているが、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)の一打は今大会屈指だ。背走しながら放った“股抜きロブ”でポイントを奪った瞬間を大会公式インスタグラムが「センセーショナル以外の何物でもない一打」と公開。病みつきになりそうなプレーの再生回数は50万回を突破し、世界のファンに「狂気の沙汰」「人間じゃない」「この一打が見たくて探し回ってた」と絶賛を呼んでいる。

  • 帝王の目にも涙 強すぎナダルの感動場面にファンもらい泣き「私も泣いてしまった」

    2018.06.11

    テニスの全仏オープンは10日、男子シングルス決勝が行われ、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が同7位のドミニク・ティエム(オーストリア)を6-4、6-3、6-2のストレートで破り、2連覇と11度目の優勝を果たした。同一の4大大会で11度目の優勝は史上初の快挙。表彰式で涙を流すシーンを、ATPの公式動画サイト「テニスTV」が公開し話題を呼んでいる。

  • カッコ良すぎるナダルの“スラムダンク”にファン熱狂 「なんというアーティスト」

    2018.05.22

    テニスのイタリア国際、男子シングルスはラファエル・ナダル(スペイン)の5年ぶり8度目の優勝で幕を閉じた。21日発表の最新世界ランクで1位に再浮上し、次戦の4大大会、全仏オープンへ最高の弾みをつけた“赤土の帝王”。イタリア国際の決勝戦で魅せた、“スラムダンク”をATP公式中継サイト「テニスTV」が公開。ファンからは「史上最高のスマッシュ」「なんというアーティスト」など称賛のコメントが相次いでいる。

  • ナダル撃破 ティエムの“17本の絶品ラリー”に海外絶賛「永久保存版に認定だ」

    2018.05.12

    男子テニスのマドリード・オープンは11日(日本時間12日)、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)がドミニク・ティエム(オーストリア)に5-7、3-6で敗れた。クレーコートで21連勝中だった赤土の帝王を破ったティエムは17本に及ぶ絶品ラリーを展開。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開すると、海外ファンに「何度も見てしまう。これは必見だ!」「テニスの究極的な姿だ」「永久保存版のラリーに認定だ」と喝采を沸き起こしている。

  • 水も滴るいい男、ナダルの歓喜のプールダイブに反響続々 「さぁ恒例のパーティーだ」

    2018.04.30

    男子テニスのバルセロナ・オープンは29日、シングルス決勝が行われ、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が、世界ランク44位のステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-2、6-1のストレートで下し、大会3連覇を達成。バルセロナでは11度目の優勝を飾った。セレモニーの後、恒例のプールへダイブするシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」の公式インスタグラムが公開。“赤土の帝王”のびしょ濡れシーンが話題を呼んでいる。

  • 強すぎナダルの圧巻ショー、背走スーパーボレーに拍手喝采「弱点を見出させない」

    2018.04.30

    男子テニスのバルセロナ・オープンは29日、シングルス決勝が行われ、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が、世界ランク63位のステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-2、6-1のストレートで下し、大会3連覇を達成。バルセロナでは11度目の優勝と、最強ぶりをいかんなく証明した“赤土の帝王”のスーパー背走ボレーを、ATP公式中継サイト「テニスTV」公式ツイッターなどが公開し話題を集めている。

  • 錦織、早くも“帝王”への雪辱機到来か「3回戦でナダルと再び対戦する可能性ある」

    2018.04.23

    男子テニスのモンテカルロ・マスターズは22日、シングルス決勝を行い、世界ランク22位の錦織圭(日清食品)は世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)に3-6、2-6でストレート負け。4大大会に次ぐ格付けの「マスターズ1000」初制覇はならなかったが、「赤土の帝王」へのリベンジのチャンスはすぐにやってきそうだ。ATP公式サイトが報じている。

  • 錦織、復活を“赤土の帝王”ナダルも称賛 「ケイの素晴らしい1週間を祝福したい」

    2018.04.23

    テニス男子シングルス世界ランク22位の錦織圭(日清食品)は22日のモンテカルロ・マスターズ決勝で同1位のラファエル・ナダルに3-6、2-6でストレート負けを喫した。右手首の故障により、昨季終盤戦の離脱を余儀なくされた錦織は4大大会に次ぐ「マスターズ1000」初優勝の快挙を逃したものの、その復調ぶりは「赤土の帝王」からも称賛されている。英公共放送BBCが報じている。

  • 「彼が去っていくのを見るのは…」 フェデラー、途中棄権ナダルに“粋なSMS”送信

    2018.01.26

    テニスの全豪オープンは大会終盤を迎え、男子シングルスはマリン・チリッチ(クロアチア)が同国出身選手として初の決勝進出。もう1つの椅子を懸けて、26日に世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)と同58位チョン・ヒョン(韓国)が準決勝を戦うが、36歳のレジェンドは準々決勝直後のインタビューで、負傷棄権したライバルのラファエル・ナダル(スペイン)にテキストメッセージを送ったことを明かした。ATP公式サイトが伝えている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー