[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ライアン・バーネットの記事一覧

  • 井上尚弥、WBSS準決勝にドネア来場も!? 前日のバーネット再起戦の観戦が決定

    2019.05.14

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で決勝進出を決めたWBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)。そのドネアに1回戦で敗れた元WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)は17日に英ベルファストで再起するが、この試合をドネアが観戦に訪れるという。英誌が伝えている。

  • 棄権バーネット、悲劇招いた驚きの理由とは? WBSS代表が激白「1日も早い回復を」

    2018.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦は全てのカードを消化し、WBA王者・井上尚弥(大橋)ら4選手の準決勝進出が決定した。11月3日に英グラスゴーで行なわれた1回戦最後の試合ではWBAスーパー王者のライアン・バーネット(英国)が元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と激突。4回に自ら腰を抑えてダウンし、棄権となる衝撃の幕切れを迎えていた。WBSSプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、バーネットに起きた悲劇の原因を「腰椎すべり症」と説明。生まれ故郷で入院していることを明らかにした。

  • 棄権敗退バーネットにWBSS再参戦の可能性浮上 主催者「リザーブで登録できるなら」

    2018.11.07

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦でショッキングな敗退となった元WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)。グラスゴーで行われた5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)戦の4ラウンドの途中に腰付近を痛めて自ら膝を突き、この回の終了後に棄権。TKO負けとなったが、リザーブ選手としてWBSSに再参戦を果たす可能性が浮上している。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • バーネット陥落 自ら膝突く“故障棄権”に大会実況も絶叫「なんて劇的な結末だ!」

    2018.11.04

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦、最後の一戦は衝撃的な結末を迎えた。WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)は3日、グラスゴーで行われた5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)戦で4回の途中に腰付近を痛めて自ら膝をつき、4回終了後に棄権した。まさかの幕切れの瞬間を米専門誌「リング」の記者が動画付きでレポート。地元・英国の中継で実況アナウンサーは「なんてドラマチックな結末だ!」と絶叫している。

  • 井上尚弥と「対戦したい」 初戦目前バーネットが意欲「対戦すれば叩きのめすよ」

    2018.11.01

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。優勝候補の大本命と評価される「The Monster」に対して、WBAで上位王者に位置するスーパー王者のライアン・バーネット(英国)が「イノウエと対戦したい」と決勝での対決を熱望する一方、「僕の方が2倍でかい」と体格差で優位性を強調している。英ボクシング専門誌「ボクシング・マンスリー」が報じている。

  • 井上尚弥のライバル名乗り!? 初戦に臨む元5階級王者自信「もちろん優勝できる」

    2018.10.31

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。もう一方のブロックではWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が初戦を突破。そして3日にはWBAスーパー王者のライアン・バーネット(英国)と元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)が対戦。4強が出そろう。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集