[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マニー・パッキャオの記事一覧

  • メイウェザー、パッキャオとの再戦へ前進!? 「リマッチについて話せるのは光栄だ」

    2019.08.19

    ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。周囲が待望する、WBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)との再戦へ向けて、新たな局面を迎えている。海外メディアが報じている。

  • パッキャオ、愛の“すしざんまいTシャツ姿”に日本のネット騒然「世界に宣伝最高や」

    2019.07.30

    ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)がインスタグラムを更新。突然、日本の寿司チェーン「すしざんまい」への愛を語る、驚きの動画を公開した。しかも、世界的レジェンドが着ているのは「すしざんまいTシャツ」。日本のネット上も「すしざんまいは世界に宣伝されて最高やろな」「パッキャオの着てる、すしざんまいTシャツ欲しい」と騒然となっている。

  • こんなパッキャオ見たことない!? “寿司愛”語る動画が海外話題「カワイイィィィ」

    2019.07.29

    ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオは、難敵キース・サーマン(米国)を破り、WBAのウェルター級ベルトを統一した。次戦は誰と激突するのかなど、40歳にして再び注目を集める“パックマン”だが、自身の公式インスタグラムで公開した動画で日本のすしチェーン「すしざんまい」への愛を語り、反響を集めている。

  • パッキャオ引退をトレーナーが示唆 前戦で珍しく疲労「これが最後かもしれない」

    2019.07.23

    ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われたWBA世界ウェルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)との統一戦で2-1の判定勝ちを。同級史上最年長世界王者となった40歳だったが、長年トレーナーを務めるフレディ・ローチ氏はフルラウンド死闘の被弾数などの“異変”から、サーマン戦を最後に現役引退の可能性を明かしている。

  • 井上尚弥を超えた 不惑パッキャオが英PFP3傑入り「イノウエ、ウシクら追い越した」

    2019.07.23

    ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)は20日(日本時間21日)に行われたWBA世界ウェルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)との統一戦で判定勝ち。同級史上最年長世界王者となったが、英専門誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ではWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と入れ替わり、世界3傑入りした。

  • 伝説が蘇る… パッキャオの“アリ・シャッフル”に海外脚光「アリが憑依した!」

    2019.07.21

    ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われたWBA世界ウエルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)と統一戦で、2-1の判定勝ちを収めた。40歳のレジェンドはウエルター級史上最年長世界王者となったが、いきなりのダウンを奪うなどの猛攻を見せた第1ラウンド中に披露したダンスが海外メディアで話題に。「アリが憑依した!」「リング上で本当にエンジョイ」と、40歳の軽やかなステップに称賛が集まっている。

  • パッキャオ18歳愛息、鮮烈ワンツーで2回KOデビュー ファン喝采「父譲りの左だ!!」

    2019.04.14

    ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の愛息がアマチュア戦でKOデビューを飾った。米メディアが試合を報じ、パッキャオ自身も鮮烈なワンツーで相手を沈めたシーンを自身のインスタグラムで公開すると、ファンも「父譲りの左だ!!!」「この父にしてこの子あり」と歓喜している。

  • なぜ、パッキャオはRIZINに参戦するのか? 米誌分析「メイを見習うのは賢いと言える」

    2019.04.09

    RIZINの榊原信行実行委員長が21日に行われる「RIZIN15」で、6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)の“電撃参戦”を自身のツイッターで公表した。米経済誌「フォーブス」では昨年大晦日に元5階級制覇王者フロイド・メイウェザーとエキシビションマッチを行ったキックボクシングの“神童”那須川天心との対戦実現の可能性を指摘している。

  • ガルシア戦の裏で… パッキャオ&メイウェザーの再会2ショットを米メディア“激写”

    2019.03.17

    ボクシングのIBF世界ウエルター級タイトルマッチは16日(日本時間17日)、王者エロール・スペンス(米国)が5階級制覇を狙った挑戦者のWBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米国)を3-0の判定で下し、3度目の防衛に成功。大いに盛り上がったビッグマッチの舞台裏で豪華な2人の再会が実現していた。マニー・パッキャオ(フィリピン)とフロイド・メイウェザー(米国)が顔を合わせて2ショットに納まった写真を米メディアが“激写”している。

  • 井上尚弥に新たな刺客 パッキャオ後継者に米誌注目、実現なら「最大の挑戦」

    2019.03.01

    WBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)はプロモーターとして初めてカードを主催することが決定。6階級制覇王者の愛弟子がWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)を狙う可能性が浮上している。米経済誌「フォーブス」が報じている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集