[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ノバク・ジョコビッチの記事一覧

  • ジョコビッチ、全米OPは「99%欠場」と報道 主治医「6~12週間の休養必須」

    2017.07.25

    男子テニス界は今年、ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)という2大レジェンドの復活に沸いている一方、近年、絶対王者として君臨してきたノバク・ジョコビッチ(セルビア)が苦しんでいる。かねてから痛めていた右肘について、主治医は「6~12週間の休養が必須」と診察され、スペイン紙「AS」は「全米オープンを“99%”欠場するだろう」としている。

  • 全米OPでコーチ助言解禁を検討 トップ選手も賛否、フェデラーは「完全に反対だ」

    2017.07.13

    現在、ウィンブルドンで熱戦が繰り広げられ、トップ選手の技でファンを魅了しているテニスのグランドスラム。最終戦は来月、全米オープンが開幕を迎えるが、異例の施策が導入される可能性が高まっているという。通常、公式戦では試合中にコーチをコート内に入れず、選手に対するアドバイスを禁じられているが、今大会からコーチングの解禁を検討。これを受け、「BIG4」と呼ばれるスーパースターも導入の是非を巡り、意見が真っ二つに分かれている。米テニス専門サイト「テニス.com」が報じた。

  • 新「チーム・ジョコ」結成の理由 “親友”との間を結んだ「互いのリスペクト」

    2017.07.03

    男子テニスの世界ランキング4位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)はエイゴン国際決勝でガエル・モンフェス(フランス)にストレート勝ち。今年1月以来となるATPツアー制覇を成し遂げたジョコビッチは試合後、“チーム・ジョコ”にかつての盟友を“補強”を明かした。ATP公式サイトが伝えている。

  • 元世界1位ジョコビッチ、“長期スランプ”に戸惑い「これは初めての経験」

    2017.06.27

    男子テニスのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は2009年以降、自己ワーストとなる世界ランキング4位に落ち、7月開幕のウィンブルドンが復権への正念場となる。前哨戦としてワイルドカードでエイゴン国際イーストボーンに緊急参戦する。1月のカタール・オープンで優勝後、タイトルから遠ざかっている現状について、「不振に陥っている」と語った。英公共放送「BBC」が報じている。

  • なぜ、ジョコビッチは緊急参戦したのか 英紙分析「精神的に払拭したがっている」

    2017.06.22

    男子テニスのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は2009年以降、自己ワーストとなる世界ランキング4位に落ち、7月開幕のウィンブルドンが復権への正念場となる。前哨戦としてワイルドカードでエイゴン国際イーストボーン出場を決定。緊急参戦の理由を、英紙「ガーディアン」が分析している。

  • ジョコビッチ、連覇逃して宿る「元世界1位」の矜持「より強くなるための方法学ぶ」

    2017.06.08

    テニスの全仏オープンは7日、男子シングルス準々決勝が行われ、前回大会覇者で世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が7位のドミニク・ティエム(オーストリア)相手にストレートで完敗。連覇の野望は打ち砕かれたが、ATP公式サイトによると、かつての世界NO1プレーヤーは「より強くなるための方法を学ぶ」と不振からの脱却を誓った。

  • 不振ジョコに“化学反応” アガシ氏と「世界1位」タッグで初勝利「最高の形で活かす」

    2017.05.30

    男子テニスの全仏オープンは2日目の29日、世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が1回戦でマルセル・グラノリェルス(スペイン)に6-3、6-4、6-2のストレート勝ち。さすがという技ありのネットプレーが連発した初戦を突破した。

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集