[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ノバク・ジョコビッチの記事一覧

  • ジョコビッチに痛烈皮肉 キリオスが“緊急アンケート”「オレなら何年出場停止なんだ?」

    2020.09.07

    テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は全米オープン4回戦でパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)と対戦。第1セット5-6とリードを許した直後、苛立ちから背後に打ったボールが線審の首元を直撃。まさかの失格処分となったが、これまでジョコビッチに批判的だった同40位のニック・キリオス(オーストラリア)は「オレなら何年出場停止なんだ?」と“緊急アンケート”を実施する当て付けに出ている。

  • 失格ジョコビッチ、“危険ショット”に女子レジェンドも苦言「不注意で、愚かにも…」

    2020.09.07

    テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は全米オープン4回戦でパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)と対戦。第1セット5-6とリードを許した直後、苛立ちから背後に打ったボールが線審の首元を直撃。失格処分となったが、グランドスラム優勝18回の女王マルチナ・ナブラチロワ氏(チェコ)は「不注意で愚か」とし、ジョコビッチの愚行に苦言を呈している。

  • 失格ジョコビッチ 線審直撃の“危険ショット”に海外波紋「ひどい!」「大きなミス」

    2020.09.07

    テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の行為が波紋を呼んでいる。全米オープン、男子シングルス4回戦でパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)と対戦。第1セット途中で背後の壁にボールを打った際に女性線審の首元を直撃。これが危険行為として、ジョコビッチの失格が決まった。実際の映像を米記者が投稿。海外ファンからは批判が集まっている。

  • ボールガールがあたふた ジョコビッチとの“珍やりとり”に海外笑撃「なんか笑っちゃう」

    2020.08.29

    テニスのウエスタン&サザン・オープンは28日(日本時間29日)、男子シングルス準決勝が行われ、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同12位ロベルト・バウティスタ・アグト(スペイン)に勝利。決勝進出を決めた。3時間に及ぶ激闘の中での意外なシーンが注目を集めている。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで紹介している。

  • フェデラー、ジョコビッチへの非難が“飛び火” スイス紙擁護「クラブで踊ってない」

    2020.07.13

    主催したチャリティー大会で新型コロナウイルスに感染した男子テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が非難を浴びていたが、ロジャー・フェデラー(スイス)にも火の粉が降りかかっている。スペイン人記者が町中でファンサービスする様子の画像を公開。批判が“飛び火”したが、スイス紙は「クラブで踊ってはいない」と擁護している。

  • 非難浴びるジョコビッチ 「魔女狩り」主張に米紙バッサリ「無責任と理解できてない」

    2020.07.09

    主催したチャリティー大会で新型コロナウイルスに感染して非難を浴びていた男子テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の持論に対し、米メディアが否定的な意見を示している。各国メディアや選手からも批判を浴びている現状に、ジョコビッチは母国メディアで「魔女狩りだ」と不満を吐露。これについて米紙「ニューヨーク・ポスト」が報じている。

  • 「ジョコビッチを暗に批判」 楽しそうな女子15人の“安全第一”大会にロシア注目

    2020.07.02

    男子テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、主催したチャリティー大会で自身を含めた複数の新型コロナウイルス感染者を出して非難を浴びているが、女子選手が出場した大会にロシアメディアが注目。感染者ゼロの現状に触れ「ジョコビッチを暗に批判」と報じている。

  • コロナ感染ジョコビッチを脅迫 クロアチアに記された“憎悪の落書き”に海外波紋

    2020.06.30

    男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は23日、新型コロナウイルスの陽性反応を示したことをツイッターなどで発表した。自身が主催したチャリティー大会「アドリア・ツアー」で複数の感染者を出して非難を浴びているが、開催国の1つ、クロアチアで記された恐怖のメッセージが波紋を広げている。ロシア放送局「ロシアトゥデー」が報じている。

  • ジョコビッチへ止まない批判 米CNNも「大失態」と指摘「愚行は世界の教訓に」

    2020.06.26

    男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、新型コロナウイルスの陽性反応を示したことをツイッターで公表。自身が主催したチャリティー大会に参加した選手ではビクトル・トロイツキ(セルビア)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)に続き、4人目の感染者となってしまったが、ずさんなコロナ対策とナイトクラブでのパーティーで批判を集めるジョコビッチは米メディアから「世界の反面教師」の烙印を押されている。

  • コロナ感染のジョコビッチ “夜の濃厚接触”動画にキリオスが皮肉「勲章ものだ」

    2020.06.25

    男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は23日、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことをツイッターなどで発表した。自身が主催したチャリティー大会「アドリア・ツアー」で複数の感染者を出し、多くの非難を浴びている同選手について、ニック・キリオス(オーストラリア)は自身のツイッターを更新。ジョコビッチがナイトクラブで踊る動画をリツイートし、皮肉を綴っている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集