[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ノニト・ドネアの記事一覧

  • 米メディア異論のドネア挑戦権獲得 リング誌記者が「真の正義だ」と支持するワケ

    2019.12.13

    ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチの前日計量で体重超過を犯し、試合を中止に追い込んだ前WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)。WBCは宙に浮いた指名挑戦権を元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に与えることを決定したが、米メディアから11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で井上尚弥(大橋)に敗れた直後の選出に異論も噴出。そんな中、米専門誌「リング」のトム・グレイ記者はドネアこそ相応しいと主張しているが、その理由とは――。

  • なぜ井上尚弥の右目を狙わなかったのか ドネアが決勝を回想「古いかもしれないが…」

    2019.12.11

    ボクシングの元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝で井上尚弥(大橋)に敗れ、準優勝に終わった。戦前の井上の圧倒的有利予想を覆し、判定までもつれる死闘を演じた“フィリピンの閃光”。権威ある米専門誌「リング」のインタビューで、改めて頂上決戦を振り返り、井上のパンチを絶賛。一方で自身が傷口を狙わなかったことには「正々堂々戦いたかった」と武士道精神を語っている。

  • なぜドネアに? 指名挑戦権獲得に米メディア異論「WBCの決定はあまりに理解困難」

    2019.12.11

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)をオーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。WBCは宙に浮いていた指名挑戦権をワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝で敗れた元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に与えることを「満場一致」で決定したが、米メディアでは「WBCの決定はあまりに理解困難」「イノウエ相手に負けていたのに」と疑問視している。

  • ネリ騒動余波で WBCはドネアを指名挑戦者に決定、井上尚弥はWBO王者との統一戦に前進

    2019.12.10

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)をオーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。WBCは宙に浮いていた指名挑戦権をワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝で敗れた元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に与えることを「満場一致」で決定した。

  • ネリ騒動で王座返り咲きへ ドネア、WBCのベルトへ意欲「そこに行けることを願う」

    2019.11.26

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。同日の興行が行われた米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナには、元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)も登場。米メディアのインタビューに応じ、バンタム級への残留とWBC王座へ意欲を示している。

  • 井上尚弥がドネア戦で見せた対応力 米記者が高く評価したメイウェザーとの共通点

    2019.11.16

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。互いに譲らず第12ラウンドまで戦い抜いた死闘は、英メディアから「ドラマ・イン・サイタマ」と称される名勝負となった。世界的な評価を一層高めた井上だが、実際に海外の記者はどう見たのか。「THE ANSWER」では、米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者を直撃インタ。「生中継を見るために朝4時に起きた」というヘルナンデス記者は「ここ何年かで一番面白い試合だった」と高く評価した。

  • ドネア、井上尚弥との雪辱戦に前向き「是非やろうじゃないか」「また凄い試合になる」

    2019.11.14

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。年間最優秀試合の呼び声高い死闘を演じ、敗れた5階級制覇王者のドネアは「是非やろうじゃないか」と雪辱戦に前向きな姿勢を示している。フィリピン放送局「ABS・CBNニュース」が報じている。

  • 井上尚弥、米放送局PFPで世界3傑入り快挙 「ドネア戦の試練が評価高めた」と称賛

    2019.11.13

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー・IBF王者の井上尚弥(大橋)。米放送局「CBSスポーツ」はボクシング界最強を意味するパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新版格付けを発表。バンタム級の頂点に立った井上は堂々の世界3傑に昇格している。

  • 井上尚弥、早くも昇級後の相手に注目 リング誌編集長が「極上」と評した強打者とは?

    2019.11.13

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めた、WBAスーパー・IBF王者の井上尚弥(大橋)。米興行大手トップランク社と契約し、来年のメガマッチ実現に期待が集まる中、米専門誌「ザ・リング」の編集長は井上の上限階級を「スーパーバンタムかフェザー級」と分析。そして、スーパーバンタム級ではWBO王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)とのタイトルマッチを「極上のマッチアップ」と評価している。

  • 井上とドネアの死闘にリング誌編集長も大興奮 「年間最優秀試合」を確信した理由とは

    2019.11.13

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝でWBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)は、ノニト・ドネア(フィリピン)との死闘を制した。権威ある米誌「ザ・リング」の編集長は世紀の名勝負を「考えれば考えるほど、2019年のファイト・オブ・ザ・イヤーを確信」と称賛。「深海で溺れていた」という苦しみの中盤戦から最後の3ラウンドで示した底力を年間最優秀ファイト選考の理由に挙げている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集