[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネイサン・チェンの記事一覧

  • チェン、342.22点演技後の“珍転倒”に米ファン笑撃「人間だと知られて良かった!」

    2019.01.28

    フィギュアスケートの全米選手権は27日(日本時間28日)、男子フリーでショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェンが228.80点をマークし、合計342.22点という驚異的なスコアをマークし、2位のヴィンセント・ジョウに約60点差をつけて3連覇を飾った。圧巻のスケーティングで記録的な勝利を飾ったチェンだったが、演技後の表彰式でまさかの転倒。米記者が動画で公開すると、現地ファンに笑撃が走っている。

  • 世界王者チェン、衝撃の342.22点で3連覇達成! 参考記録も自己ベスト60点近く上回る

    2019.01.28

    フィギュアスケートの全米選手権は27日(日本時間28日)、男子フリーでショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェンが228.80点をマークし、合計342.22点という驚異的なスコアをマークし、2位のヴィンセント・ジョウに約60点差をつけて3連覇を飾った。2位は合計284.01点のジョウ、3位は273.08点でジェイソン・ブラウンが入った。

  • 「ファイナルの時がきた!」 宇野、チェンら男子6人衆“肩組ショット”の反響拡大

    2018.12.07

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。国際スケート連盟(ISU)は男子シングルの出場6選手の肩組み写真を公開し、決戦前の和気藹々とした姿が話題を呼んでいたが反響が拡大。IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」も同様の6ショットを公開し、「GPファイナルの時が来た!」と注目している。

  • 宇野は眠そう、チェンは… 男子6人の“肩組ショット”に海外反響「誰がチャンプ?」

    2018.12.06

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕する。国際スケート連盟(ISU)は男子シングルの出場6選手の肩組み写真を公開。決戦前の和気藹々とした姿が反響を集めている。

  • 宇野昌磨VSチェン、異次元の4回転バトルに情熱の国も期待「衝撃的で偉大な劇場」

    2018.12.06

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日、カナダ・バンクーバーで開幕する。イタリアメディアも今大会を特集。右足首の故障で2年連続の欠場となった羽生結弦(ANA)について「異星人の不在」と嘆く一方、宇野昌磨(トヨタ自動車)とネイサン・チェン(米国)の激突に「4回転ジャンプの連続となる衝撃的で偉大な劇場」と注目している。

  • 「僕の夢は北京五輪にある」 “二刀流”チェンが4年後の五輪を目指す3つの理由

    2018.11.27

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、男子フリーが行われ、世界選手権王者のネイサン・チェン(米国)が184.64点をマークし、合計271.58点で優勝。GPファイナル(バンクーバー・12月6日開幕)進出を確定させた。超名門エール大の学生でありながら、スケーターとしての挑戦も続けるチェンは、2022年北京五輪への出場に意欲を示している。フランスメディアのインタビューで、その理由を明かしている。

  • 逆転Vチェン、負傷の羽生結弦へ思い吐露「彼の演技を見るだけでも後押しになる」

    2018.11.25

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、男子フリーが行われ、世界選手権王者のネイサン・チェン(米国)が184.64点をマークし、合計271.58点で優勝。

  • 首位ブラウン、4歳下王者とのジュニア時代の“可愛すぎる1枚”に脚光「ほれぼれする」

    2018.11.24

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が23日に開幕。男子ショートプログラム(SP)では、ジェイソン・ブラウン(米国)がパーフェクト演技を披露し、96.41点で首位。GPシリーズ第1戦のスケートアメリカを制したネイサン・チェンは86.94点で3位、首位から約10点差と出遅れた。米国フィギュアスケート協会はジュニア時代のブラウンとチェンの2ショットを公開。「可愛いキッズ達」「ほれぼれする」などとファンを虜にしている。

  • 「チェンにフィギュアの時間がやってきた」 “文武両道”の世界王者に米メディア注目

    2018.11.22

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦のフランス杯が23日に開幕する。女子は16歳紀平梨花(関大KFSC)が注目を集める大会で、男子の大本命はGPシリーズの第1戦スケートアメリカを高得点で制したネイサン・チェン(米国)だ。今季から名門エール大に進学し、文武両道で頂点を目指す世界王者がどんな演技を見せてくれるのかに期待がかかる。米メディアも恒例のプレビューで絶対的な本命に指名している。

  • 名門エール大チェンが40点差V “文武両道”貫徹に意欲「完璧を目指して努力する」

    2018.10.21

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは20日(日本時間21日)、男子フリーでショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェン(米国)が189.99点をマークし、合計280.57点で優勝。今季から名門エール大に進学した文武両道の世界王者は「完璧を目指して努力する」と語っている。米記者が伝えている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集