[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デオンテイ・ワイルダーの記事一覧

  • ワイルダーはヘビー級No.2 フューリー評価「ジョシュアら1回以内に失神させる」

    2020.06.26

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)は今年2月、デオンテイ・ワイルダー(米国)との再戦で7回TKO勝利し、王者返り咲きを果たした。フューリーはワイルダーについて「ジョシュアらを1億%ノックアウトするだろう」と、WBA&IBF&WBO世界3団体同級王者アンソニー・ジョシュア(英国)らよりも実力が上だと語っているようだ。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 「全盛期タイソンを1Rで倒せる」 フューリーを激怒させた、ワイルダーの“無礼発言”

    2020.06.15

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)は今年2月、デオンテイ・ワイルダー(米国)との再戦で7回TKO勝利し、王者に返り咲きを果たした。年内にも第3戦が予定される因縁の両者だが、ワイルダーの過去のある発言がフューリーに火をつけたのだという。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • フューリーVSワイルダー第3戦、アラム氏注目発言 「11月か12月に米英以外で開催」

    2020.06.01

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)と、前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)の第3戦が今年11月か12月に、米国と英国以外で開催される可能性が浮上している。米興行大手「トップランク」のボブ・アラムCEOが語っている。

  • フューリーVSワイルダー第3戦、年内開催は絶望的 アラム氏「今は続ける必要がない」

    2020.04.30

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)と、前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)の第3戦は、2021年まで延期される可能性があるようだ。米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOが「おそらく、来年まで試合はできないだろう」と語ったと、米メディアが伝えている。

  • 「最強のパンチャー」「恐るべきパワー」 ワイルダー、戦慄の右ストレート一閃に再脚光

    2020.04.28

    ボクシングのWBCは連日、過去のノックアウト・オブ・ザ・イヤーに再フォーカスしている。今回は2019年のWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、当時の王者デオンテイ・ワイルダー(米国)がルイス・オルティス(キューバ)を右ストレート一発で下した一戦だ。公式インスタグラムで動画を公開すると、ファンからは「このパワー、どうかしている!」などと再び驚きの声が上がっている。

  • 【名珍場面特別編】ワイルダー、“126秒失神KO”に甦る衝撃 戦慄の右ストレートで相手は大の字

    2020.04.10

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回はボクシングの元WBC世界ヘビー級王者、デオンテイ・ワイルダー(米国)。V9を懸けた2019年5月の同級タイトルマッチで、衝撃の126秒KO勝ちを収めた試合だ。同級4位ドミニク・ブレアジール(米国)を右ストレート一発で失神させたシーンは、ボクシング界を震撼させた。

  • タイソンが陥落ワイルダーを叱咤激励 「熱意をもって戦い続けろ」「大人になれ」

    2020.04.03

    ボクシングの元WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は、2月22日(日本時間23日)に行われたWBC同級タイトルマッチで、現王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫して王座陥落。“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。圧倒的な強さで人気を博したマイク・タイソン氏(米国)は、敗者のワイルダーへ叱咤激励を送っているという。

  • フューリーVSワイルダー、第3戦は「10・3」予定と米報道 正真正銘の最終決戦か

    2020.03.26

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)と、前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)の第3戦が、10月3日に開催される予定となったという。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」の名物コラムニスト、マイク・コッピンガー記者がツイッターで伝えている。

  • ワイルダー、フューリー戦の「第3戦権利行使」とアラム氏明言 7月中旬に最終決戦へ

    2020.03.01

    ボクシングの元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に敗れ、王座陥落した前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。“世紀の再戦”でプロ初黒星を喫したが、正式に契約オプションを行使し、7月にフューリーとの第3戦に挑むことになったという。米メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

  • ワイルダー、陥落後SNS初投稿 不気味に「戦争開始」を宣言「数か月後にまた会おう」

    2020.02.29

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した。再戦に敗れてプロ44戦目で初黒星となったが、敗戦から6日が経って初めてSNSを更新。インスタグラムで動画を公開し「戦争は始まったばかりだ」と不気味にメッセージを残している。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集