[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デオンテイ・ワイルダーの記事一覧

  • 「ワイルダーに倒されなかった唯一の男だ」 フューリー陣営が怪物撃破に自信のワケ

    2020.01.19

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と2月22日に“世紀の再戦”を行う元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)。42勝41KOという圧倒的なKO率を誇る“爆撃機”に挑むことになるが、陣営は「タイソンはアイツの強烈なパンチを浴びても倒れなかった唯一の男だ」と主張し、勝利に自信を見せている。英紙「ザ・サン」が報じている。

  • 怪物ワイルダーが“暗黒のヘビー級”を変えた 米メディア絶賛「全盛期の同級No.1だ」

    2020.01.19

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は2月22日に元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)との“世紀の再戦”を迎える。43戦42勝(41KO)1分けで驚異のKO勝率98%を誇るKOモンスターは大きな注目を浴びているが、米メディアはかつて暗黒と言われたヘビー級を変えた歴史を特集。「現状では、彼こそNo.1と言える」「全盛期のヘビー級を牽引している」と絶賛している。

  • 42勝41KOの怪物ワイルダー、伝説の“一撃失神KO”を米復刻 衝撃再燃「殺し屋だ」

    2020.01.17

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は2月22日に元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)との“世紀の再戦”を迎える。43戦42勝(41KO)1分けで驚異のKO勝率98%を誇るKOモンスターの歴史的一戦へ向け、米興行大手「PBC」は16日(日本時間17日)、4年前のこの日の試合で「ワイルダー史上最高KO」の一つとされる衝撃の“失神KO”を動画付きで公開。「殺し屋だ」「今まで見た最高におっかないKOの一つだ」などと反響が相次ぎ、決戦を前にファンを盛り上げている。

  • ワイルダー、会見でド派手なKO宣言 因縁フューリーの「頭をもぎ取ってやる」

    2020.01.14

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が、13日(同14日)に米ロサンゼルスで会見。2月22日に“世紀の再戦”を行う両者はさっそく舌戦を展開し、ワイルダーは「頭をもぎ取ってやる」と挑発を繰り出している。海外メディアが報じている。

  • 「ワイルダーには対応不可能だ」 フューリー陣営が“世紀の再戦”KO勝ちを断言

    2020.01.08

    ボクシング界で2020年最初のビッグイベントとして注目を浴びるのが、2月22日に米ラスベガスで行われるWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)の再戦だ。フューリーをプロモートするフランク・ウォーレン氏はフューリーのKO勝ちを断言している。米メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

  • ワイルダー×フューリーの再戦は“GGG-カネロ戦”超え確実 PPV売り上げは200万件超か

    2020.01.06

    2020年のボクシング界のまず最初のビッグイベントとして注目を集めているのは、2月22日に米ラスベガスで行われるWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)の再戦だ。米国の2大放送局、ESPNとFOXスポーツが全面バックアップする“世紀の再戦”。フューリーをプロモートする米トップランク社のボブ・アラム氏は「200万ペイパービューを超えるイベントになる」と空前の盛り上がりを確信している。

  • 42勝41KOの怪物ワイルダー、業界半世紀超のアラム氏も絶賛「あんな人間見たことない」

    2020.01.05

    新年を迎えた世界のボクシング界でまず注目される一戦は、2月22日に米ラスベガスで行われるWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)の再戦だろう。フューリーをプロモートする米興行大手トップランクのボブ・アラム氏は驚異のKO率を誇るワイルダーについて「あんな人間見たことない」と大絶賛している。

  • 世界に衝撃が走った右ストレート V10ワイルダーが「年間最高KO賞」に堂々選出

    2019.12.25

    米ボクシング専門誌「ザ・リング」は23日(日本時間24日)、2019年の年間表彰を発表。「年間最高試合」に11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝の井上尚弥(大橋)―ノニト・ドネア(フィリピン)戦を選出する一方で、ボクシングの華でもある「年間最高KO」には11月23日にWBC世界ヘビー級タイトルマッチでデオンテイ・ワイルダー(米国)が同級3位ルイス・オルティス(キューバ)を右ストレート一発で下した一戦が選ばれた。改めて試合を振り返る。

  • 【名珍場面2019】ワイルダーV10、凶悪の“右一撃KO”に米メディア衝撃「右拳のパワー現実じゃない」

    2019.12.18

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は11月にボクシングのデオンテイ・ワイルダー(米国)が演じた戦慄の“右一撃KO”だ。WBC世界ヘビー級タイトルマッチで同級3位ルイス・オルティス(キューバ)を7回KOで破り、10度目の防衛を達成。衝撃的なKO決着の瞬間は動画が拡散され、米メディアも「右拳のパワーは現実のものとは思えない」と驚いた。

  • 【名珍場面2019】ワイルダー、戦慄の“126秒失神KO”が再生900万超 海外衝撃「彼は恐ろしい」

    2019.12.02

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は5月にボクシングのWBCヘビー級タイトルマッチでデオンテイ・ワイルダー(米国)が演じた衝撃の126秒KOだ。同級4位ドミニク・ブレアジール(米国)に初回KOで下し、9度目の防衛に成功。戦慄の右ストレートを炸裂させ、挑戦者を失神させた。衝撃シーンを米メディアが動画付きで公開すると、再生回数は900万回を突破するなど、ボクシング界を震撼させた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集