[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テレンス・クロフォードの記事一覧

  • クロフォード、マクレガー戦が急浮上 アラム氏明言「UFCルールでも不利にならない」

    2020.01.23

    ボクシングの米興行大手トップランクのボブ・アラムCEOはWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が、総合格闘技団体「UFC」で1年3か月ぶりの復帰を衝撃の40秒殺で飾ったコナー・マクレガー(アイルランド)と異種格闘技戦に臨む可能性を明らかにしている。

  • パッキャオとの統一戦は!? 機運上昇もクロフォード陣営は否定的「難しいだろう」

    2019.12.16

    ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチが15日、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、全勝の3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が同級1位エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)に9回TKO勝ちした。五輪2度出場の実力者を下し、3度目の防衛に成功。今後は更なるビッグマッチが期待されているが、現WBAスーパー王者マニー・パッキャオ(フィリピン)との統一戦について陣営は否定的な見解を示している。

  • V3のクロフォード、苦戦を一蹴「反撃しただろ」 次は統一戦か「誰からも逃げない」

    2019.12.15

    ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチが15日、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、全勝の3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が同級1位エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)に9回TKO勝ちした。五輪2度出場の実力者を下し、3度目の防衛に成功。スーパーライト級で主要4団体の王座を統一した32歳が強さを見せつけた。

  • クロフォード、衝撃9回TKOでV3 序盤は大苦戦も逆転、井上尚弥に次ぐPFP4位の本領発揮

    2019.12.15

    ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチが15日、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、全勝の3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が同級1位エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)に9回TKO勝ちした。五輪2度出場の実力者を下し、3度目の防衛に成功。スーパーライト級で主要4団体の王座を統一した32歳が強さを見せつけた。

  • 井上尚弥は最強の“矛”、ロマチェンコは堅牢な“盾”― データが裏付ける魅力とは

    2019.05.25

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。海外メディアではパウンド・フォー・パウンド(PFP)での井上最強説も浮上する中、米ボクシングデータ専門メディア「CompuBox」では統計における現時点の世界トップ3を発表。井上はWBOウェルター級世界王者テレンス・クロフォード(米国)を凌ぎ、2位に選出されている。

  • メイウェザー騒動に全面支持者が登場 米3階級王者「彼のやる全てのこと称賛したい」

    2019.01.16

     格闘技イベント「RIZIN.14」でキックボクシングの那須川天心(TARGET)にTKO勝ちしたボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)。139秒のエキシビジョンマッチで10億円ともいわれるファイトマネーを手にした「Money(金の亡者)」は元6階級世界王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)らかつてのライバルから批判を浴びているが、理解者が登場。米ボクシング界の3階級王者は「フロイドのやる全てのことを称賛したい」と支持している。

  • クロフォード、再生190万超の“1日遅れの右”でV1 祝福殺到「偉大なファイトマン」

    2018.10.15

    ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を12回TKOで下し、初防衛に成功した。米スポーツ専門局「ESPN」は強烈な右アッパーで顎を打ち砕いてダウンを奪い、猛烈なラッシュを繰り出して決着させた瞬間を動画付きで公開。再生190万回を突破し、大反響を呼んでいたが、本人は自身のSNSを更新すると、熱烈なファンから「偉大なファイトマン」「100点だ」と祝福が殺到している。

  • クロフォード、“1日遅れの右”に米興奮 再生80万超「こんな観客の熱狂記憶にない」

    2018.10.14

    ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を12回TKOで下し、初防衛に成功。米スポーツ専門局「ESPN」は強烈な右アッパーで顎を打ち砕いてダウンを奪い、最後は猛烈なラッシュを繰り出して勝負を決めた瞬間を動画付きで公開。瞬く間に再生80万回を突破し、米ファンも「強烈すぎる一撃」「獰猛なビースト」「こんな観客の熱狂記憶にない」と大興奮となっている。

  • 乱闘騒動クロフォードが“1日遅れの右”で初防衛 ESPN賛辞「格の違い見せつけた」

    2018.10.14

    ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を12回TKOで下し、初防衛に成功。米大手興行主「トップランク」は強烈な右アッパーで顎を打ち砕いてダウンを奪い、最後は猛烈なラッシュを繰り出して勝負を決めた瞬間を動画付きで公開し、米メディアも「格の違いを見せつけた」と速報している。

  • 試合前に一触即発、“素手フック”最強王者に厳しい声「醜い光景」「馬鹿げたパンチ」

    2018.10.13

    ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)に米ネブラスカ州オマハで行われる。3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を挑戦者に迎える一戦は、12日(同13日)に計量が行われたが、早くも一触即発。にらみ合った後にクロフォードが、素手で右フックを繰り出す場面を米放送局「ESPN」が公式ツイッターで公開。決戦を前にヒートアップしていたが、海外メディアも続々と異例の“前哨戦”に脚光を浴びせている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集