[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ソフィア・サモドゥロワの記事一覧

  • 紀平梨花を宿敵ロシアはどう見る? 名指導者は白旗「ミスがなければ勝てない」

    2019.03.17

    フィギュアスケートの世界選手権(埼玉)が20日に開幕する。女子で注目の一人が紀平梨花(関大KFSC)。シニアデビューの今季、国際大会6連勝と無類の強さを発揮しているが、有力選手を擁し、最大のライバルとなるロシアの名コーチは「キヒラがミスをしなければ、彼女が勝つ」と口を揃え、“白旗”を掲げている。

  • 16歳サモドゥロワ、母国紙が「本物のショー」と謳う魅力「目立たない少女に見えるが…」

    2019.03.06

    フィギュアスケートの世界選手権は埼玉を舞台にして、18日から行われる。女子で日本の最大のライバルとなるのが、ロシア勢だ。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ、同銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ、欧州選手権女王のソフィア・サモドゥロワが出場する。大会を展望しているロシアメディアは16歳サモドゥロワについて「ダークホース」と表現し、魅力について迫っている。

  • 16歳サモドゥロワ、涙の欧州女王戴冠に海外メディア賛辞「ザギトワに衝撃を与える」

    2019.01.26

    フィギュアスケートの欧州選手権(ミンスク)は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の16歳ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)が合計213.84点で初優勝。SP首位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)はミスが相次いで198.34点で2位に終わり、連覇を逃した。海外メディアも「アリーナ・ザギトワに衝撃を与える」と驚いている。

  • 打倒・紀平― 露16歳サモドゥロワが3A習得へ「どうやって戦う? それは3Aです」

    2018.12.28

    フィギュアスケートのロシア選手権で6位に入り、欧州選手権(1月・ベラルーシ)の代表メンバーに選出されたソフィア・サモドゥロワ。グランプリ(GP)ファイナルにも出場した16歳は、ロシア選手権後に現地スポーツ紙「ソビエツキー・スポルト」のインタビューに答え、GPファイナルで優勝した紀平梨花(関大KFSC)に対抗するためにトリプルアクセルの習得を目指すことを明かしている。

  • 16歳サモドゥロワ、“隠れていた逸材”に母国ロシアも注目「メドベの場所を占めた」

    2018.11.30

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは全6戦が終了し、12月6日開幕のGPファイナル(カナダ・バンクーバー)の出場者が出揃った。日本とロシアが3人ずつ出場する女子は“日露決戦”の様相を呈しているが、大国ロシアの3番手で出場を決めたソフィア・サモドゥロワだ。紀平梨花(関大KFSC)、アリーナ・ザギトワ(ロシア)と同じ16歳に母国ロシアメディアも「トゥトベリーゼ一門の神童たちの陰に隠れていた」と注目。本人は憧れの選手の一人に五輪2連覇・羽生結弦(ANA)を挙げている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集