[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ・ウィリアムズの記事一覧

  • 激闘のセリーナを労い 姉ビーナスの“愛ある146文字”投稿に海外反響「素敵ね」

    2019.09.09

    テニスの4大大会最終戦・全米オープンは7日(日本時間8日)、女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)がビアンカ・アンドレースク(カナダ)に3-6、5-7で敗れ、2年連続準優勝となった。英国のメーガン妃らとともにファミリーボックスから声援を送った姉のビーナスは「永遠に私のヒーローで私の好きな妹です」と労いのメッセージを発信した。

  • セリーナに声援 メーガン妃の“ファミリー席観戦写真”に海外賛否「彼女が来ると…」

    2019.09.08

    テニスの4大大会最終戦・全米オープンは7日(日本時間8日)、女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)がビアンカ・アンドレースク(カナダ)に3-6、5-7で敗れ、2年連続準優勝となった。この試合には英国のメーガン妃も観戦。親交のあるセリーナのファミリーボックスから声援を送る姿が撮られ、大会側が実際のシーンを公開したが、海外ファンからは「彼女が来るといつもセリーナが負けるのよ」「こんな写真を待ってた!」と様々な声が上がっている。

  • セリーナ、表彰式の「ビーナス以外なら」発言に会場笑う 海外反響「去年よりいい」

    2019.09.08

    テニスの4大大会最終戦・全米オープンは7日(日本時間8日)、女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)がビアンカ・アンドレースク(カナダ)に3-6、5-7で敗れ、2年連続準優勝となった。しかし、試合後のオンコートインタビューでは勝者を素直に称賛し、会場の笑いを呼ぶジョークも炸裂。実際のシーンを大会公式インスタグラムが実際のシーンを動画付きで公開し、大荒れとなった昨年の大坂なおみ(日清食品)と一変した雰囲気に「去年よりはいいね」との声も上がっている。

  • 圧勝セリーナと完敗シャラポワ、明暗の元女王対決に海外辛辣「ライバル関係じゃない」

    2019.08.27

    テニスの全米オープンは26日、女子シングルス1回戦で世界ランク8位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)がマリア・シャラポワ(ロシア)を6-1、6-1で圧倒。1回戦大注目となった新旧女王対決を制したが、大会が結果を速報すると、海外ファンは「彼女はセリーナにとって物足りない」「さよなら、シャラポワ」「ライバル関係じゃない」と思い思いに声を上げている。

  • セリーナの涙と19歳の“労いの抱擁” 米紙称賛「スポーツマンシップの偉大なショー」

    2019.08.13

    女子テニスのロジャーズ・カップは11日(日本時間12日)、シングルス決勝で復帰後初Vを狙った元世界ランク1位セリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界27位ビアンカ・アンドレースク(カナダ)と対戦。第1セット途中に背中の痛みにより途中棄権したが、感動的なシーンが生まれた。

  • 号泣セリーナ、19歳の“労いの抱擁”に感謝「彼女のおかげで気が楽になったの」

    2019.08.12

    女子テニスのロジャーズ・カップは11日(日本時間12日)、シングルス決勝で復帰後初Vを狙った元世界ランク1位セリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界27位ビアンカ・アンドレースク(カナダ)と対戦。第1セット途中に背中の痛みにより途中棄権したが、感動的なシーンが生まれた。

  • セリーナが号泣、棄権後に… 19歳の“労いの抱擁”に海外感動「本当に一流の行いだ」

    2019.08.12

    女子テニスのロジャーズ・カップは11日(日本時間12日)、シングルス決勝で復帰後初Vを狙った元世界ランク1位セリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界27位ビアンカ・アンドレースク(カナダ)と対戦したが、第1セット途中に背中の痛みにより途中棄権したが、感動的なシーンが生まれた。

  • 大坂なおみ破ったセリーナが逆転で決勝進出 海外興奮「我らのクイーンが復活!!!」

    2019.08.11

    女子テニスのロジャーズ・カップは10日、女子シングルス準決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)がマリエ・ボウズコバ(チェコ)を1-6、6-3、6-3で下し、決勝進出。準々決勝で大坂なおみ(日清食品)を圧倒した勢いそのままにファイナル切符を掴んだ。WTAは圧巻の鋭角ウィナーで試合を決めた瞬間を動画付きで公開。海外ファンも「我らのクイーン、セリーナが復活!!!」「セリーナ、凄かった!!!」などと興奮している。

  • セリーナがポール激突 大坂なおみ“絶妙ロブショット”に海外反響「ああ、危ない!」

    2019.08.10

    女子テニスのロジャーズ・カップは9日(日本時間10日)、シングルス準々決勝で世界ランク2位の大坂なおみ(日清食品)がセリーナ・ウィリアムズ(米国)に3-6、4-6で敗れ、8強敗退。昨年の全米オープン以来の再戦で返り討ちを許したが、試合中にファンを沸かせるシーンがあった。意表を突くロブショットを炸裂。ネット際に絶妙に落とし、追いかけたセリーナが思わずポールに激突したほど。実際のシーンをWTAが称賛とともに動画付きで公開し、「ああ、危ない!」と反響を呼んでいる。

  • 大坂なおみ、セリーナと336日ぶり再戦完敗も前向き「凄いことをたくさん学べたわ」

    2019.08.10

    女子テニスのロジャーズ・カップは9日(日本時間10日)、シングルス準々決勝で世界ランク2位の大坂なおみ(日清食品)がセリーナ・ウィリアムズ(米国)に3-6、4-6で敗れ、8強敗退。昨年の全米オープン決勝の336日ぶり再戦で返り討ちを許した。WTAはセリーナがマッチポイントで決めた弾丸エースを動画付きで紹介し、新旧女王対決をレポートしたが、大坂がこの投稿に反応。試合について「本当に凄いことをたくさん学べたわ」と前向きにつづっている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集