[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャスティン・トーマスの記事一覧

  • ウッズ親子と貴重4ショット公開 同組トーマスが感激「生涯忘れることない思い出だ」

    2020.12.20

    米男子ゴルフのツアー外大会「PNC選手権」が19日(日本時間20日)、米フロリダ州のリッツカールトンGCで開幕し、大注目のタイガー・ウッズ(米国)の11歳愛息チャーリー君が圧巻のプレーを見せつけた。豪快なドライバーショットにベタピンのアプローチも披露。大会最年少で初出場ながら父とともに好発進に貢献し、話題を呼んだ。同組で自身の父と回った世界ランク3位ジャスティン・トーマスはラウンド後にウッズ親子との4ショットをインスタグラムで公開。感激の胸中をつづった。

  • これが世界のドローボール! 米名手の一撃にファン騒然「信じがたい」「凄すぎる」

    2018.08.06

    米男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待は5日(日本時間6日)最終日が行われ、世界ランク3位のジャスティン・トーマス(米国)が通算15アンダーで2位に4打差をつけて優勝した。危なげなくリードを守り切ったトーマスの最終日のハイライトとなったのはスタートホールの1番だ。グリーン方向に林があるバンカーショットだったが、大きく鋭いフックをかけてピンチを脱出したシーンをPGAツアーが公式インスタグラムで公開。ファンを騒然とさせている。

  • 奇跡?珍事? トーマスの“7秒後の生還”に海外メディアも仰天「類まれなる棚ぼた」

    2018.05.13

    米男子ゴルフで珍ショットによる“奇跡の生還”が発生し、海外メディアに反響が広がっている。コースを外れたボールがカート道で弾み、一度はテント屋根に乗ったが、転がり落ちてくると再び、カート道で弾んでフェアウェーに舞い戻った。7秒後に起きたミラクルショットの瞬間をPGAツアーが動画付きで公開し、ファンに驚きが広がっていたが、海外メディアも「今週、最も愉快なショット」「類まれなる棚ぼた」などと取り上げている。

  • これぞ奇跡の脱出!? 名手トーマスの“7秒後の生還”に騒然「誰かが投げ返したの?」

    2018.05.13

    米男子ゴルフで珍ショットによる“奇跡の生還”が発生した。コースを外れたボールがカート道で弾み、一度はテント屋根に乗っかったが、転がり落ちてくると再び、カート道で弾んでギャラリーを飛び越え、フェアウェーに舞い戻った。7秒後に起きたミラクルショットの瞬間をPGAツアーが動画付きで公開すると、ファンは「JT(ジャスティン・トーマス)にとってただフェアウェイへ落とすことは簡単すぎるよ」「テントの誰かがカート道に投げ返したの?」などと目を丸くしている。

  • なぜ、こんなに粋なのか 世界2位名手の“プロポーズどっきり大作戦”に米ファン感動

    2018.05.03

    米男子ゴルフのウェルズ・ファーゴ選手権(クェイルホローC)が3日に幕を開ける。熱戦の開幕に先立ち、2日に行われたプロアマ戦では、世界ランク2位ジャスティン・トーマス(米国)がギャラリーのカップルの求婚を手助けする“プロポーズどっきり大作戦”を施し、大きな話題を呼んでいる。PGAツアー公式ツイッターは感動の一部始終を公開。米ファンは「ゴルファーとしても人間としても素晴らしい人」「良くやった、ジャスティン・トーマス」と歓喜の声を上げている。

  • なぜ、こんなにボールを戻せるのか バックスピンだらけの“今週の美技5傑”がスゴイ

    2018.03.06

    米男子ゴルフのメキシコ選手権はフィル・ミケルソン(米国)の復活Vで幕を閉じたが、名手たちのスーパーショットの競演は大会を大いに盛り上げた。とりわけ、目立ったのはバックスピンによるチップイン。PGAツアーは今週のベストショット5本を選出したが、実に4本がバックスピンによるチップインとなり、卓越した技術でファンに興奮を甦らせている。

  • 「この男、やはり規格外」 世界3位の名手が魅せた劇的イーグルに米ファン驚嘆

    2018.03.05

    米男子ゴルフ、WGCメキシコ選手権(チャプルテペクGC)は4日(日本時間5日)、最終日が行われた。米ツアー屈指の人気選手、フィル・ミケルソン(米国)の5年ぶりの優勝に沸いたが、その復活劇をより劇的にしたのが、世界ランク3位のジャスティン・トーマスの最終ホールでのイーグルだった。PGA公式ツイッターが動画を公開。ファンは「反則レベルで勝負強い」「やはり規格外」と驚嘆の声を上げている。

  • ゴルフコースにワニ乱入!! 米ゴルファーの“2種類の反応”に反響「なんて恐怖」

    2017.12.18

    ゴルフ場は自然豊かな環境に作られていることが多く、バンカーや池の他にも、丘や小川などがコースを彩る。海を渡ればそのスケールはいっそう大きくなり、米ツアーではコース上にワニが登場。手で触って追い払う者、びっくりして迂回する者、PGAツアー公式ツイッターが反応を動画付きで紹介し、「世の中には2種類の人間がいる」と思わず笑ってしまうほどの反響がファンに広がっている。

  • 【名珍場面2017】90度の衝撃!? 魔法の「そっぽ向きパット」に絶賛の嵐「パットオブザイヤー」

    2017.12.10

    2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は6月にゴルフの全米オープンで決まった「ファン唖然の“そっぽ向きパット”」だ。傾斜の上段からカップに対し、真横に打ち出したボールが急速にスライスしてカップイン。仰天シーンを大会公式ツイッターが動画付きで紹介すると、ファンから「魔法のようだ」「パットオブザイヤー」と絶賛の嵐となった。

  • 【名珍場面2017】松山を逆転V 奇跡の「12秒遅れのカップイン」に全米騒然「待って…もう少し…!」

    2017.12.03

    2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は男子ゴルフのメジャー最終戦、8月の全米プロゴルフ選手権最終日に起きた「奇跡の“12秒遅れのカップイン”」――。

  • 世界的名手が空振りのなぜ? まさかの「コンッ!」が話題「君そのものがロックだ」

    2017.12.02

    米男子ゴルフのヒーローワールドチャレンジ第2日は1日(日本時間2日)、世界ランク3位の名手ジャスティン・トーマス(米国)が、空振りする珍シーンが発生。まさかの瞬間をPGAツアー公式ツイッターが動画付きで紹介すると、本人は「たまには、ついてない日もあるよね」と反応し、ファンから「君そのものがロックな存在さ」と粋なエールが上がっている。

  • ウッズは「史上最も支配的」 若き天才が明かす天才への憧れ「彼のようになりたい」

    2017.11.28

    男子ゴルフの元世界ランク1位、タイガー・ウッズ(米国)が30日から始まる「ヒーローワールドチャレンジ」で復帰する。ゴルフ界のレジェンドの9か月ぶりツアー参戦はファンに熱狂を呼んでいるが、選手にとっても同様のようだ。大会に出場するジャスティン・トーマス(米国)は「みんな、彼のように支配的になりたいと思っている」と米メディアに語っている。

  • 「マツヤマの電撃参戦が決まるまでの話だ」 松山、宿敵の3連覇「確約」の評価一変

    2017.10.07

    男子ゴルフ世界ランク3位の松山英樹(レクサス)は12日開幕のCIMBクラシック(マレーシア)でシーズン初戦を迎える。今大会はジャスティン・トーマス(米国)との激突がいきなり実現。日本のエースの参戦は開催地マレーシアのみならず、東南アジア諸国でも脚光を浴び、現地メディアは特集を組んで報じている。

  • 「ヒデキは真のワールドクラス」 松山、マレーシア参戦に現地熱狂「興奮の爆発」

    2017.10.03

    海外男子ゴルフのプレジデンツカップ最終日で宿敵ジャスティン・トーマス(米国)とのマッチプレーを制し、シーズンラストを飾った松山英樹(レクサス)。大会では木をすり抜ける“神アプローチ”で話題を呼んだが、新シーズン初戦となる12日開幕のCIMBクラシック(マレーシア)の参戦は、現地メディアも大注目。「ゴルフファンに興奮の爆発をもたらしている」と報じている。

  • 「バッドボーイのために…」 トーマス、全米プロVの夜に受けた“粋な計らい”とは

    2017.08.15

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権でメジャー初制覇したジャスティン・トーマス(米国)。最終日に日本の松山英樹(レクサス)を逆転して優勝を果たした夜、搭乗した飛行機で粋な計らいを受けたことを明かし、ファンから「素晴らしいの一言に尽きる」と話題を呼んでいる。

  • 松山を逆転V 奇跡の「12秒遅れのカップイン」に全米騒然「待って…もう少し…!」

    2017.08.14

    男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)最終日は13日(日本時間14日)、4位から出たジャスティン・トーマス(米国)が6バーディー、3ボギーの「68」で通算8アンダー。前半を終えて首位に立っていた松山英樹(レクサス)を後半で抜き、逆転でメジャー初Vを飾った。原動力となったのは10番。バーディーパットがカップの縁に止まるも、12秒後にカップイン。奇跡のバーディーを演じ、「これぞ究極の待機だ」「カップ際で粘るボールを忘れない」と動画付きで速報され、全米で話題となっている。

  • ファン唖然… 全米OPで魔法の「そっぽ向きパット」に絶賛の嵐「パットオブザイヤー」

    2017.06.18

    連日、熱戦が繰り広げられている男子ゴルフの全米オープン。17日(日本時間18日)に行われた3日目、ファンも唖然とした「そっぽ向きパット」からバーディーが生まれ、熱狂を呼んでいる。傾斜の上段からカップに対して真横に打ち出したボールが急速にスライスしてカップに吸い込まれた仰天シーンを大会公式ツイッターが動画付きで紹介。ファンから「魔法のようだ」「パットオブザイヤー」と絶賛の嵐となった。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集