[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サーシャ・バインの記事一覧

  • 大坂なおみとの絆は「デスノート」から生まれた バイン氏が築いた“信頼のカタチ”

    2018.10.24

    女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)の出場権を掴み、初陣を終えた大坂なおみ(日清食品)。コート上では迫力あるショットを炸裂させる大坂だが、一旦試合が終わると、人見知りでシャイな一面が現れてくる。他人に心を許すまでしばらく時間を要するという21歳だが、昨年12月からコーチに就任したサーシャ・バイン氏は早々に信頼関係を築き、秘める才能を開花させた。

  • 大坂なおみをいかに覚醒させたのか バイン氏がセリーナと重ねた“勝者の共通点”

    2018.10.22

    今季テニスの全米オープンで初優勝を飾り、世界ランクでも4位に躍進した大坂なおみ(日清食品)。21日に開幕したWTAファイナル(DAZN独占生中継)では、選ばれしトッププレーヤーの頂点に立ち、大きな成長を遂げた1年の締めくくりを目指す。

  • 大坂なおみ、コーチが称賛した“400万ドルを手にした後”の二十歳の行動とは

    2018.10.22

    女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナルに出場する世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が21日、初戦を翌日に控え、現地で最終調整を行った。指導するサーシャ・バインコーチが会見に応じ、全米オープン制覇後の大坂について告白。400万ドル(約4億5000万円)を獲得しても変わることがなかった20歳の振る舞いと精神力を称賛している。

  • 大坂のバインコーチ、最終戦へ慢心なし 来季契約にも言及「もちろん、延長したい」

    2018.10.21

    女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナルに出場する世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が21日、初戦を翌日に控え、現地で最終調整を行った。指導するサーシャ・バインコーチが会見に応じ、「素晴らしい一年だったが、もう一つ仕事が残っている」と慢心なしを強調。その上で大坂との契約について「もちろん、彼女と契約を延長したいと思っているし、そうなると思っている」と述べた。

  • 大坂なおみを変えた指導哲学 なぜ、バイン氏は世界1149位から名コーチになれたのか

    2018.10.21

    テニスの全豪オープンで16強進出を果たし、BNPパリバ・オープンではツアー初優勝。大坂なおみ(日清食品)は2018年シーズンを幸先良く滑り出した。そして、日本女子選手初となる全米オープン優勝の快挙達成し、21日開幕のWTAファイナル(DAZN独占生中継)を目前に控える。2016年にはWTAアワード最優秀新人賞に輝き、2017年の全米オープンでは初戦で前年覇者のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に勝利するなど、徐々に頭角を現してはいたが、今季その実力が一気に開花した印象は強いだろう。

  • 大坂なおみのバインコーチ単独インタビュー 恩師が語るWTAファイナル優勝の鍵とは

    2018.10.19

    今季著しい成長を遂げ、世界トップ5に割っていった大坂は、背中の痛みを訴えて香港オープン(10月8日開幕)を欠場した。背中の状態は回復したのか。WTAファイナルで戦えるだけの状態に戻ったのか。一躍、時の人となった21歳の様子を心配するファンも多いが、「準備は整っている」と不安を一蹴してくれた人物がいる。その人物こそ、今季からコーチとして全面サポートするサーシャ・バイン氏だ。「THE ANSWER」では運命の大一番を前に単独インタビューを実施。全4回に分け、大坂の進化の裏側からバイン氏の指導哲学まで、語り尽くした。第1回はWTAファイナルに向けた大坂の状態を語った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー