[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サウル・アルバレスの記事一覧

  • PFP最強の男、カネロはなぜ村田諒太戦を望むのか 陣営が明かすワケ「ブランドの問題」

    2020.06.03

    ボクシング界のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で最強と評価される4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)。カネロのプロモーターがWBA世界ミドル級正規王者の村田諒太(帝拳)との対戦を望み、「日本で最も認知されている個人競技のアスリートの一人」と絶賛しているという。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

  • カネロ、右ストレート一撃 大の字失神KOに戦慄再び「正直、これは最高の一撃だ」

    2020.05.09

    ボクシングの世界4階級制覇王者サウル・“カネロ”・アルバレス。リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に君臨する、世界最強の男が4年前に右ストレート一撃で相手を失神させた戦慄のKOシーンを、米スポーツチャンネル「DAZN USA」が「破壊的なKO劇」として再びスポットライトを浴びせている。

  • まだカネロ時代は続くのか 引退は「36歳」と想定「俺には規律、美学、意志がある」

    2020.04.23

    ボクシングの全階級を通じた格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で1位に君臨するカネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が、自身の引退時期などの大まかな青写真を語っている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • カネロ、サンダース戦合意せず 次戦は「9・12」GGG戦と海外報道「第3戦に直接向かう」

    2020.04.17

    ボクシングのカネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)の次戦は、WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)ではなく、GGGことIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)戦になる可能性が高まった。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

  • カネロ、次戦が決定 「5・2」サンダースとの統一戦合意と米報道「ついに決断した」

    2020.03.06

    ボクシングの4階級制覇王者、カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)の次戦がついに合意に達した。相手はWBO・スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)。5月2日に米ラスベガスのTモバイルアリーナで開催される予定だという。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

  • DAZN、「5・2」カネロの次戦配信決定 新たに200以上の国と地域でサービス開始

    2020.03.05

    スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、5月2日(日本時間3日)に行われる“カネロ”こと4階級制覇王者のサウル・アルバレス(メキシコ)の次戦(相手は未定)のライブ配信を発表した。新たに200以上の国と地域でサービスを展開することを決定し、ボクシングコンテンツをメインにサービスを開始する。

  • カネロの凄さは“神防御”? 強打をかわす、WBCが最強の理由強調「これがBOX界の顔」

    2020.02.19

    カネロことボクシングの4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)の強さはどこにあるのだろうか。現在米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に君臨し、階級を超えて世界最強の呼び声高い王者。母国を中心に絶大な人気を誇るボクサーに対し、WBCが公式インスタグラムで「芸術的なディフェンスをマスターしている」と動画付きで“神防御”を称賛すると、ファンから「カネロが最も偉大だ」「なんの疑いもないね」と称賛の声が上がっている。

  • 村田諒太と対戦浮上のカネロ 英紙は地元勢との激突を待望「彼の価値を一層高める」

    2020.01.26

    ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)はパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)とのメガマッチ実現の可能性が浮上しているが、英紙「デイリー・スター」は地元勢の対戦候補の存在も推している。

  • 村田諒太戦どうなる カネロが「日本は自分の中で最優先の場所」と語る意外な理由

    2020.01.23

    ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は昨年12月にスティーブン・バトラー(カナダ)を相手に初防衛に成功した。2020年には大物との対決を熱望していたが、パウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)との決戦へ向けて交渉に突入しているというが、カネロの意外な親日家ぶりも明らかになった。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」が報じている。

  • カネロ、5月の次戦候補に村田諒太 米メディア推薦「ムラタ戦は極上の選択肢だ」

    2020.01.07

    昨年12月23日に行われたボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチでスティーブン・バトラー(カナダ)戦で初防衛に成功した王者・村田諒太(帝拳)。2020年にメガファイト実現が期待される中、米メディアはパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)にとって「5月の次戦に向けた極上の選択肢」と分析。カネロ―村田というドリームマッチの5月実現の可能性を指摘している。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集