[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゲイリー・サンチェスの記事一覧

  • 田中を救った! 女房役の鬼肩レーザー盗塁阻止を米絶賛「キャノン」「美しいプレー」

    2019.04.26

    米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が25日(日本時間26日)の敵地エンゼルス戦に先発。5回2/3、6安打6失点で降板し、今季3勝目はお預けとなった。脚光を浴びているのは女房役を務めるゲイリー・サンチェスの鬼肩だ。レーザービームで一塁走者の盗塁を阻止するシーンを、MLBが動画付きで速報。「美しいプレー」とファンの絶賛を浴びている。

  • “160キロ暴投の奇跡”が再生80万回 “立役者”も仰天「あんなもの準備できない」

    2018.05.31

    米大リーグで起きた“奇跡の暴投”の反響が拡大している。ヤンキースのアロルディス・チャプマン投手が投じた100マイル(約161キロ)の投球が大きく浮いてバックネットを直撃したが、跳ね返ったボールがそのままゲイリー・サンチェス捕手のもとへ。三塁を狙った二塁走者を刺すという珍場面となった。MLBは一連のシーンを公開すると「ぜんぜん見たことない!」と興奮の声が上がったが、1日で再生回数はおよそ80万回に到達。米メディアによると、立役者となった捕手も「考えられないよ」と仰天している。

  • “100マイル暴投”がバックネット直撃 しかし三塁狙った二塁走者はアウトに、なぜ?

    2018.05.30

    米大リーグで、ヤンキースのゲーリー・サンチェス捕手が魅せた、衝撃の三塁補殺シーンが話題を呼んでいる。バックネットをノーバウンドで直撃した“暴投”が跳ね返ったボールをキャッチ。三塁を狙った二塁走者を見事に刺したのだ。このシーンをMLBが公式ツイッターで公開すると、「バズーカの肩」「トリックプレー!」などと驚愕の声が上がっている。

  • もはや寸劇!? 捕手を襲った「魔のファウルチップ」に相棒がナイスリアクション

    2017.10.05

    米大リーグで打者の打ったボールが捕手の股間に直撃するという“チン事”が発生。投手の“ナイスリアクション”も含めて着目したMLBの動画紹介サイト「Cut4」がその一部始終を拡散すると、ファンから「まさにブレイキングボール」と反響を呼んでいる。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集